« 「日本改造法案大綱」各論考その12、日本文明論、徴兵制考 | トップページ | 大国主の命論その1、皇国史観に代わる新国体論の必要性考 »

2011年7月 7日 (木)

「政治用和法押し込め煎じ薬」考

 2011.2.17日、小沢系議員16人が会派離脱し「菅政権退陣秒読み」が云われたものの、かの時から既に5か月近くになろうとしている。その後3.11三陸巨大震災が発生する。その対応もデタラメで、被災民は無論のこと瓦礫の後始末も原発事故も処方が進んでいる様子がない。原発路線を継続するのか撤退するのかの姿勢さえ定まらない。党内不一致は政権発足の時からであるが今では閣内不一致も甚だしく、代議士会での辞任騒動では「云った云わない」なる珍論で居直り続けている。

 議会制民主主義、憲政の常道からすればオワっており、今頃は小沢政権下で新たな政治が始まっている筈なのだが、「誰が何と云っても辞めない、俺は首相で在り続けたい」なる一徹居士で首相職に居座り続ける現象が起っている。まさに首相餓鬼道を地で行っているが、日本国憲法は、こういう首相の発生を予定しておらず、法的には如何ともし難い。まさに憲法の想定外の首相権力なるものが発生していることになる。

 しかしながら、日本経済はこの間、地滑り的な失速を起しつつある。大企業はいざ知らず、中小零細企業レベルではもう猶予がない。一刻も早く政治転換し、日本再生へ向かわなければ収拾つかない経営破綻連鎖の恐れを強めつつある。経済は生き物だから政治が変われば風向きが代わり、苦しいながらも清新溌剌とし始め、設備投資も含めた新たな槌音が聞こえ始めるだろう。このままでは決定的に危ない。

 政財官学報司警軍の権力中枢の上層部にはこの危機感がない。粗脳ばかりを意図的故意に登用した結果であり、如何ともし難い。この手合いに説教しても、聞き届ける知能が元々不足しているので意味がない。政変で人材を代える以外にない。普通、これを革命と云う。維新とも云う。名前はどうでも良い、中身を替えることが肝要である。この主体が生まれてないところに日本人民大衆の不幸がある。

 この状況に効くと思われる処方箋を呈示する。処方名を「政治用和法押し込め煎じ薬」と名付ける。まず為すべきことは、現在の官邸にそっくりな模型官邸を作ることである。菅夫婦をそこへ強制移動させる。その理由は、菅夫婦が官邸を殊のほか気に入っている様子なので、ソフトランディングの為に同じものをプレゼントする。

 次に、菅が首相職を殊のほか気に入っている様子なので、同じように国会模型を作り、そこへ出勤して貰う。俳優の卵を出入りさせ、現在の国会と同じようなやり取りをして貰う。吉本の芸人も送り込めば良かろう。お迎えは志村けんが良かろう。バカ殿風の髪結い姿で登場し、「殿、お移りください」と述べ、カゴの中に上手に引き入れて貰えば良い。後はお猿の駕籠屋でひたすら走り込めば良い。場所は福島原発の正門辺りが良かろう。怖いと云うのなら、東電の敷地内が良かろう。それも嫌と云うのなら、どこかの無人島が良かろう。

 この間、並行してシャドーキャビネットを造る。民主党は、政権前までは用意していたが2009衆院選で政権を取って以来消失させている。しかし、鳩山、菅と二代続けて2009衆院選マニュフェスト詐欺に耽っている以上、これを監視するシャドーキャビネットが必要である。菅政権から徹底的に干されている小沢派が主体となり人選すれば良い。

 いつでも政権移譲可であることを知らしめれば良い。国民は、その顔ぶれの方が頼もしいと思えば安心して菅辞めろの合唱に列なることができよう。岡田が乗り出して、そういうものは造らせないとするだろうが、構わない造ればよい。そもそも岡田代表の民主党時代、それは小泉政権下であるが、何か一つでも良いことがあったか。選挙作戦まで外資系PR会社に依頼していたではないか。あんな者が出張ると世の中が暗くなる。民主党は早急にシャドーキャビネットを立ち上げよ。

 菅派は、総員で模擬国会の方へ移ればよい。所詮お遊びの政治をしているのだから、俳優の卵と吉本芸人と一緒にお笑いした方が似合いだろう。注目されぬと寂しいと云うのであれば、テレビ中継してやれば良い。ニュースで、今日はこんなお笑いを演じましたと報道すれば良かろう。ここへ自公の遊び人グループも一緒すれば良い。仲間内の気安さで盛り上がり、二次会、三次会にも向かえば良い。韓国クラブが好きらしいのでネオンをチカチカつけてやれば良い。社民党も共産党も加われば良い。やぁやぁこんにちわと本当は仲良しグループであることを自然に見せれば良かろう。

 これが、れんだいこ処方箋「和法押し込め煎じ薬」である。妙薬と思う。戦を好まず事なかれ主義を得手とする日本人用にマイルドにしてある。これを、れんだいこ掲示板№3移転記念投稿とする。

 2011.7.7日 れんだいこ拝

|

« 「日本改造法案大綱」各論考その12、日本文明論、徴兵制考 | トップページ | 大国主の命論その1、皇国史観に代わる新国体論の必要性考 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

れんだいこ先生、暑中ますますのご清栄心よりお慶び申し上げます。

とおりがけ奴は菅は無免許暴走政治そのものをとがめられて日本では今後収監されるのは必定と見ております。彼にはもうどんな法律も免責できません。救いがあるとすれば法然上人が唱えた悪人正機説、阿弥陀様の蜘蛛の糸しか無い、と。

「蜘蛛の糸」

>菅さんの想い:国民のため、そしてご本人のために、一刻も早くやめた方がいい。(2011.07.09)
>>http://ihara-k.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-1a65.html

それよりもなによりも世界平和のために、辞める前に日米地位協定を破棄してからスパッと辞めれば、史上最低どん底評価から一発大逆転ノーベル平和賞もらえるけどね。

投稿: 通りがけ | 2011年7月10日 (日) 20時47分

続きです。よろしくお願いいたします。とおりがけ拝

地位協定破棄3題(アメリカ下っ端MGにいいようにあしらわれる小泉以来の日本アホ総理官邸)

「地位協定破棄その1」

週刊朝日劇場に「石川、上杉、山口、各氏」
石川氏曰く「捏造ビデオだけは絶対許し難い」と激怒
>ttp://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/01/post_1937.html#25403

小沢氏はただちにNHKはじめ全マスゴミを刑事告発し総額国家予算の25%程度の損害賠償を請求し、日本復興につぎこめばよいね。
この期に及んではもうくさったアメポチ国会政治など捨てて政府の干渉もアメリカの干渉も跳ね返して、民間人の国民の総力を小沢氏の人間力のもとに集中するだけで復興ができる。

復興の真のリーダーにアメリカが下賜する首相の「地位」など必要ない。
日本は地位も人種も平等な平和憲法の国である。
アメリカ地位協定のキョンシー菅もろとも国会も霞ヶ関も最高裁もマスゴミも石棺化してしまえばよろすい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦後のすべてのアメリカGHQ検察警察奇形司法の手による冤罪被害者も在日米軍基地被害者もみな小沢氏とともに集結して地位協定擁護政府を叩き潰し、平和憲法を護持する真の自由平等な国民主権民主主義を確立するために力を出して欲しい。
=================================================================
「地位協定破棄その2」

「勤労父母代表する教育理念を」 ・競争原理破産し蘇る生産原理 2011年7月6日付
>ttp://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/kinrouhubodaihyousurukyouikurinenwo.html
(抜粋)
「生活からかけ離れた教科書」
「テスト拒否する学年も 「子供の為にならぬ」」
「「学力向上」の内実 テスト上手増やすだけで子に力つかず」
「どんな力をつけさすか 重要な教師の立場」
「震災後激変する子供達 親の意識を反映」
「教育の様相一変へ 学校の枠にこもれば見えず 社会発展の側で」
「編集部まとめ」 実際に世の中の勤労人民は生産原理で協同して労働し、生活している。その生産活動をやるために自然に対する態度、科学的な理解も必要となる。そこを取っ払った競争主義や「興味・関心」だけで突っ走れば破産するしかない。文科省が今進めているテストの点数第一の競争主義徹底では、もっと深刻な学校崩壊は避けられないのではないか。
 教科書だけに縛られたり、学校の枠内にこもったら教育は見えるわけがない。子どもたちは勤労人民の子どもであり、社会の子だ。社会の矛盾を鋭く反映しながら生きているのだから、教師が勤労父母とともにこの社会をよりよい社会にどうするかという立場に立たなければ教育が見えるわけがないと思う。対米従属下の資本主義には展望が見えないが、生産を担う親たちの労働と生活のなかに新しい社会をつくる力があるんだという立場に立ったら、子どもたちの持つ本来のパワーが発揚されるのではないか。教育運動の典型ができていけば一気に影響を広げて、日本の教育の様相を変えていけると思う。(後略。転載終わり)

戦後地位協定のもとにアメリカの支配下に入った文部省の教育理念が、66年経って東大卒官僚・学者・政治家のぶざまな無能となって今の日本対米軍事政権隷属植民地政治に結実しました。
教育改革を進めるにもなによりもまず地位協定破棄が絶対に必要であることが証明されたということです。

平和憲法国家日本は直ちに日米地位協定破棄を全世界に向けて発信すべきなのです。

(社会正義、公共善、生活の質・・・ ~これらこそが議論にならなくはイケナイ
>>ttp://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/01/post_1938.html
へのコメント)
================================================================
「地位協定破棄その3」

>「国民を食い物にし、調子に乗るのはいい加減に止めとけ」と、前原くんには警告しておこう。
(CSISと安保 ~いつもの連中でジャパン・ハンドラーズ会議 2011年7月11日
>ttp://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/07/csis.html)

彼らジャパンハンドラーズすべてを合法的に無力化できる。
地位協定を破棄するだけで即全員を国内法で刑事有罪にできるのである。

参照(1):「蜘蛛の糸」 (悪人正機説)

>菅さんの想い:国民のため、そしてご本人のために、一刻も早くやめた方がいい。(2011.07.09)
>ttp://ihara-k.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-1a65.html

それよりもなによりも世界平和のために、辞める前に日米地位協定を破棄してからスパッと辞めれば、史上最低どん底評価から一発大逆転ノーベル平和賞もらえるけどね。(最悪収監中でもノーベル平和賞はもらえるよw)

参照(2)>アレバには菅総理がもみ手で歓迎したものだから、足元を見られ処理費1トン2億円?をふっかけられた。
>ttp://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/07/post_2136.html

地位協定の治外法権をたてに官邸に入り込んで居座っている米軍事顧問の目的は原発事故の放射能漏れの実際のデータ収集だけだから、日本の高い技術でさっさと汚染除去されてはデータが取れなくなって困るんで、技術の低いアレバ社を菅総理に押し付けただけでしょ。

地位協定破棄すれば国内法で不法入国不法滞在の米軍事顧問はただちに現行犯逮捕して本国へ強制送還、今後10年間来日禁止できますがw
地位協定破棄しても安保条約はそのままだから米国は日本に対していかなる軍事報復もできずわが国は「安全」です。

投稿: 通りがけ | 2011年7月11日 (月) 12時26分

長文続きですみません。よろしくお願い致します。とおりがけ拝

「地位協定破棄その4」

>2011年7月11日 (月) 21世紀初頭・米国による日本再占領:ライジング・サン(甦る日本)さま
>>http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-9348.html

日本再占領が意味するもの。

1945年占領直後から中国侵略に失敗した米軍は日本国内で赤狩りレッドパージを行なった。多くの国士が汚名をかぶせられあるいはGHQ手先スパイ合法組織警察検察の手で投獄あるいはCIA手先スパイ非合法組織の暴力により暗殺され、国内政治はアメリカの思うつぼにはまって混乱を極めた。

いま震災と人災で第二の戦後と言われている日本をアメリカが再び占領支配し直そうとしているというなら、アメリカがふたたび戦後の治安紊乱状態を日本国内に演出してくるであろうことを予見することはたやすい。地位協定が温存されている間は日本国内で米軍特殊部隊やCIAが政治工作をしようと思えば思いのままに破壊工作できるからである。

菅首相は今年の年初からずうっと死に体内閣であるのになぜアメリカは総理に据えているのか?
この第二の戦後にあたってとっくに政治的に死んでいる菅総理を、アメリカはどのように使っていかなる破壊工作で日本を混乱させ再占領を成功させようと目論んでいるのか?

私は戦争の狂犬アメリカは建国以来テロしか政治手法を知らないので、やはり政治家テロ事件を起こし日本国内を治安混乱させ、そこへ地位協定治外法権で乗り込んできて軍事力で混乱を押さえ込み、日本再占領を全世界に宣言するという悪辣非道の一つ覚えをやるだろうと見ている。

舞台は大きいほどインパクトがあるので世界が注目するイベントでテロ作戦が決行される危険が最大となる。

そう、8月6日である。

菅総理は脱原発演説をするだろうか?解散して大勝しても新内閣で公約を反故にすることは見えているので解散すれば菅首相は総理の椅子を失うことは必定。アメリカだって先刻お見通しであるから、総理官邸に入り込んでいるマイケルグリーン某は絶対に菅総理に8月6日「脱原発」解散をさせない。アメリカの手駒総理として使えなくなるからね。総理官邸からも出ていかなければならなくなるし。

ではMG某はどうするか。アメリカが後ろについているからなんにも心配ない、8月6日には堂々と原発推進演説をしろ、と菅総理の耳へしつこく何度も何度も囁くのである。

そして8月6日当日それを信じた憐れな菅総理が、世界が固唾を呑んで見守る壇上で「私は原子力平和利用のために今後も原発を推進します」と宣言し終えた直後に菅総理に対するCIA工作員のテロ攻撃が炸裂し、大混乱のどさくさ紛れに今の政治状況から脱原発派の犯行とされて、米軍の協力を得た警察の手によってふたたび日本にレッドパージの嵐が吹き荒れることになり、それが終わったときアメリカの日本再占領が達成されるのである。

アメリカが菅総理をその椅子に座らせておくのは8月6日までであろう。史上初の暗殺された現職総理という歴史的事績だけを遺して。
建国以来殺人だけで権力を手に入れてきたアメリカは日本に躊躇なく原爆を落としたごとく日本国総理を国内で暗殺することくらいたやすくやって退けるであろう。北米先住民も自国大統領も平気で殺戮してきたテロ至上国家だから。

菅総理、このアメリカのテロ攻撃から自分自身のひとつしかない命を守るには、直ちに地位協定を破棄するしか方法はない。

地位協定さえ破棄しておけば8月6日に「脱原発」演説をしようが「原発促進」演説をしようがひとつしかない命を失うCIAテロ攻撃にさらされることは決してないであろう。日本人はアメリカ人とは違う、「窮鳥懐に入らば猟師も之を射ず」、情け深い和の国の長い歴史ある国民だから。

これを転ばぬ先の杖といい、地位協定破棄の絶大なる効用の一つである。

投稿: 通りがけ | 2011年7月12日 (火) 13時20分

続きです。よろしくお願いいたします。とおりがけ拝

以下の記事を拡散します。
>子供たちを放射能汚染から守れ…野呂さんの話(つぶやきいわぢろうさま)
>>http://blog.iwajilow.com/?eid=1071023
>確かに僕も福島に通っていたときはものすごく疲れやすかったです。福島に住んでいる人たちはもっと疲れやすいんだろうと思うと胸が痛みます。<

65年前日本列島を核の牧場におとしめた核武装アメリカ軍事覇権への奴隷隷従契約「日米地位協定」を破棄して新しく救国内閣を組織してただちに国家非常事態を宣言し、米軍への思いやり予算も基地敷地もすべて日本人の手に取り戻し全部独立国平和憲法立国日本復興のためにつぎ込みましょう。

「地位協定破棄その5」

核と地位協定はともに同じ現在地球上最悪の破廉恥きわまる人権侵害暴力テロである。
>目で見る地位協定参照>>http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51424388.html
この写真の車に轢かれて倒れた瀕死の幼女を助けようともせず腰に手を当てて傲岸不遜に見下ろしている米兵たちは、日本以外のどこの国でも現行犯逮捕され法のもとに処罰される筈の犯罪者となったが、地位協定下の日本国内では逮捕もできず訴追しても無罪放免され、米軍属というだけで日本国内で外交官特権の治外法権を傍若無人に振り回していかなる刑事民事犯罪を犯そうとまったく責任を問われないのである。そればかりかこの証拠写真を撮った女性写真家を冤罪で投獄することさえ思いのままであった。日本の拝金冤罪製造人質司法悪逆非道検察のルーツが地位協定であることが証明された。

この轢かれて倒れている瀕死の幼女はまさに戦後日本の米軍植民地統治の被害者であり日米地位協定の冷酷非道な人権侵害性を全世界に明らかにした。いま地位協定堅持米国植民地統治政府によって瀕死亡国の瀬戸際まで追い込まれている震災+原発放射能人災の二重被災日本国民は、まさにこの倒れた幼女なのである。我々日本人は悪徳アメリカ手先地位協定奴隷政府がいかなる妨害を仕掛けてこようとも全てはねのけて、この傷つけられて倒れた瀕死の幼女の命を日本民衆の伝統の叡智と力を合わせて何としても救わねばならないのである。

投稿: 通りがけ | 2011年7月13日 (水) 19時04分

まいど貼る一方で申し訳ございません。「地位協定破棄その6」です。とおりがけ拝

>似非l弁護士・枝野幸男の「恫喝発言」を笑え (>>http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20110713「毒蛇山荘日記」さま)

弱い犬ほどよく吠える。相手が弱いと見ればすぐに噛み付くのは、臆病で自分に自信が無い小心者の性根が腐ったゆえのヒステリーである。強き(アメリカさま)にへつらい弱き(国民ひとりひとり)を挫く枝野官房長官さまか。

「弱きを扶け強きを挫く」由緒正しい日本人にとってもっとも生理的に嫌われる恥知らずである。

ところで、あの拝金カルトテロ組織オウムにも上佑某とかいう口先八丁詐欺師が居たけどな。青山某とかいう東大卒弁護士もw


>小泉純一郎政権の頃で、政治家が次々と逮捕され、政治家たちが萎縮していた頃である。

小泉に権力を持たせたのはオウム真理教に政権をとらせたようなものだった。日本人はテレビコマーシャリズム放送で総白痴化したのである。

この際節電のために全テレビ放送を禁止せよ。NHKテレビ局解体、放送法廃止、ラジオ放送だけおこなえ。

>政治の現場で、「告訴」だの「裁判」だのと騒いだり、権力闘争でおわるべきところに「警察権力」を導入したりする風潮
永田ガセメール事件で前途有望な正義感ある党員政治家が、小泉劇場政治の詐欺性を国会で追及しようとした途端に、自党党首前原誠司の人間として不誠実きわまる詐欺的裏切りに遭って追及の梯子をはずされ、人間失格詐欺師前原(実は小泉チルドレン)の根拠無き党首権力乱用によって、国会議員という党首じゃない主権者国民が与えた身分まで辞職させられるまで叩き落とされたことは、まざまざと覚えている。

そういえば、こないだ時効は無くなったな。アメポチ民主党ウソつき菅政権下で。


ところで今日の新聞トップの、うそ菅の「脱原発再稼動容認」宣言ちゅううそ公約には笑った。ウソと膏薬はどこにでもつけるからね。

後からうそにできないのは「地位協定破棄国会決議」だけである。国際政治条項だからね。
うそつきの脱原発国内公約など無視してよろしい。どんなに嘘を累ねてもどっちみち臨界核分裂放射能テロ犯罪の国内刑事責任が消えるわけがないのだから。

投稿: 通りがけ | 2011年7月14日 (木) 11時08分

ちょっと前のコメントを稗史倭人伝さまのブログ記事「ドイツでは原発は倫理問題」を参考に、戦争の狂犬拝金米軍の無倫理を加えて手直ししました。
ご吟味よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「地位協定破棄その7」

詐欺師は言う「人間には騙す者と騙される者の二種類しか居ない」と。
これが詐欺師の免罪符となっているが、これもまた詐欺師特有の真っ赤な嘘である。

真実は「人間には騙す者と騙さない者の二種類しか居ない」であり、騙される者と騙す者はじつは同じ「騙す者」の集合に属しているのである。

詐欺師のように「騙す者」は自分の嘘で相手と自分を同時に騙し騙されている「騙される者」となる。

日本で民間の伝統的躾が「嘘つきは泥棒の始まり」と教えているのは、倫理を保って美徳を生きる「騙さない者」に育てる徳育そのものであり、悪徳に溺れる倫理無き「騙す者=騙される者」に育てないための最上の知育でもある。

これが日本人を世界史上常に同時代最高の品格ある知性を具えた尊敬すべき「騙さない」倫理的な人々としてきた根源のチカラ、「躾」である。

応用問題:

「地位協定」は言う「日本には占領軍(支配者)と無条件降伏Jap(奴隷)しか居ない」と。

正しい答え:

人倫も知性も教養も無い下卑た拝金真理教戦争詐欺師米軍を、高い倫理と品格を具えた美しい日本国から一掃するために、ただちに国民投票で地位協定破棄しよう。

投稿: 通りがけ | 2011年7月14日 (木) 23時51分

続きです。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「地位協定破棄その8」

原発は必ず事故を起こす不完全技術である。核分裂臨界反応のエネルギーは戦争中に無差別大量殺戮兵器としてのみ使われる原爆の爆発と同一であり、平和(非戦)時に人間が商業的にコントロールできうるものではない。すなわち、エネルギー政策問題ではない「戦争か平和か」究極の二者択一の人類の根本的生命倫理の問題である。
エネルギー問題として原発推進を唱える者はまず倫理を自らに厳しく問い直すことを怠ってはならない。

そしてドイツのように(文末参照)原発を日本国民の倫理問題として論じるためには、わが日本国が拝金米占領軍植民地統治下非独立国ではなく、ドイツのような独立国でなければ、倫理問題が議論の俎上にも上らないことは自明の理である。

よって倫理を重んじ万国共通の基本的人権を重んじる日本国民は、直ちに国民投票で地位協定を破棄し対米独立しなければならない。

参考:電力不足という東電の脅しと”大停電”の正体(政治の季節【稗史(はいし)倭人伝】さま)
>>http://yamame30.blog103.fc2.com/blog-entry-125.html
>驚きは、「倫理委員会」というその名称である。
>”倫理”という言葉は、多分正確な訳語なのだろう。
>ドイツは原発問題を倫理の問題ととらえたのである。

投稿: 通りがけ | 2011年7月15日 (金) 06時10分

毎度すみません。とおりがけ拝

「地位協定破棄その9」

再審の扉は開けさせない? ~捜査権のない者に「立証せよ」は不公平(Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま)
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/07/lm767.html
>(安田好弘弁護士)無罪推定の原則からすると当然のことなのだが、日本では無罪推定の原則が守られているとは言えない・・・
>つまり、裁判の迅速化のため行われることになった公判前整理手続は、弁護側にとって不利な仕組みになっている。

日本の裁判は公平公正の絶対原則をまったく守らない不正の塊の制度であるということだ。

まー裁判員制度というバカ制度と検察審査会機能強化というバカ制度を同時に施行させたときからこういうふうに悪用するつもりだったのは安田弁護士に限らず最初からわかっていたがね。

これも対米隷従スパイの巣窟霞ヶ関法務省法匪官僚が、小泉劇場型アメポチ官憲詐欺政権下であることを渡りに舟と自省の権益を拡大するためだけの目的で、地位協定の親玉GHQのやりかたを見様見真似で愚劣な自家撞着作文して条文化した違憲立法そのものである。

やはりくさい匂いは元から断たねばダメだから、アメリカスパイ霞ヶ関の暴力の源、地位協定を破棄することが霞ヶ関法匪全部をを叩き潰す正義の喧嘩必勝法となる。

直ちに憲法に定められた国民投票で日米地位協定だけを即日破棄しよう。

投稿: 通りがけ | 2011年7月15日 (金) 19時20分

しつこくてすみません。とおりがけ拝

「知らなければ変わらない」~前阿久根市長・竹原信一(憲法と教育基本法を守り続けよう。さま
>>http://blogs.yahoo.co.jp/y2001317/43146120.html)
><四権連立の大蛇>身分制度が・・・。立法・司法・行政に第四の権力、記者クラブ報道が結びついた四権連立で国民の自由と財産を蹂躙しています。・・・私はこの様子を大蛇に例えました。・・・ 極悪官僚と票バカ政治家たちがこの国の住民を奈落の底に落としています。「知る事からはじめよう」。これは私が会社と家庭を捨て、死ぬ覚悟で配り始めたチラシの最初のタイトルです。<
「地位協定破棄その10」
66年前からこの大蛇の頭は日本人ではない。地位協定という大蛇の体の隅々にまで張り巡らせた脊髄神経の根源である冷血の脳髄、米軍および米軍産複合体である。この冷血の脳髄が地位協定という脊髄神経に命令を出して大蛇をうごめかせているのである。
ゆえに大蛇を不動化するには脊髄神経を切断すればよい。すなわち地位協定を破棄すれば大蛇の体はピクとも動けなくなり、尾の先まで切り裂いて解体し草薙の剣を取り出すことも自在にできるようになる。
直ちに憲法に遵い国民投票を行い主権者国民自身の手で直接に日米地位協定を破棄しよう。

投稿: 通りがけ | 2011年7月16日 (土) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/40717234

この記事へのトラックバック一覧です: 「政治用和法押し込め煎じ薬」考:

« 「日本改造法案大綱」各論考その12、日本文明論、徴兵制考 | トップページ | 大国主の命論その1、皇国史観に代わる新国体論の必要性考 »