« 野田政権に対するれんだいこ書簡その3、どじょう政治考 | トップページ | 野田政権に対するれんだいこ書簡その4、角栄の反民営化論、反増税論を傾聴せよ »

2011年9月10日 (土)

マスコミによる閣僚発言の政治主義的歪曲記事報道考

 2011.9.8日、野田政権発足間もないこの日、マスコミが、鉢呂経産相発言を政治主義的に歪曲報道し辞任の流れを作ると云う不埒な事件が発生した。これを確認しておく。鉢呂経産相がする必要もない辞任を強要されている様子なので緊急投稿しておく。以下のサイトに書きつけておく。

 記事姿勢、論調論、事件考

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/ronpyo/

mascomiron/kijishiseico/kijishiseico.htm)

マスコミの発言歪曲記事報道考

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/ronpyo/

mascomiron/kijishiseico/hatugenwaikyokukijico.html)

 この日、鉢呂経産相は、野田佳彦首相に同行して福島第1原発や原発から半径20キロの警戒区域を視察した。福島第1原発などを視察した際の印象について記者団に次のように語った。「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死の街という形でした」。

 この問題で大騒ぎするのは悪質なフレームアップであろう。鉢呂経産相の「死の街発言」が問題なら、これまで左派圏で語り継がれている「死の灰発言」も問題にされるべきであろう。他にも「死の海」、「死の商人」等の表現もある。今後はこういう表現はできないのか、マスコミ諸君返答せよ。

 鉢呂経産相が、立ち退き命令でゴーストタウン化した福島原発近辺の「人っ子一人いない」情景に対し「死の街」と表現したとして、これが何で問題になるのか。れんだいこが現地へ行っても、そういう印象を持つだろう。マスコミは住民の怒りの声を次々報道することにより不適切発言であるかの如く誘導しているが、その魂胆こそ臭い。度が過ぎると言葉狩りになろう。マスコミは、鉢呂経産相の個性的表現を確認し、「で、大臣、この街は今後どうなるのでせう」と聞くのが仕事であるところ、「死の街発言」に飛びつき大騒ぎすると云う粗脳ぶりを丸出ししている。

 次にマスコミが飛びついたのが「放射能をつけたぞ」発言である。これにつき、当事者の毎日新聞記者が正確に報道する義務があるが今のところしていない。れんだいこに寄せられた情報によれば次のようなものである。「死の街発言」後の8日午後11時過ぎ、東京・赤坂の議員宿舎での取材で、10人程度の記者が鉢呂氏を取り囲み次のようなやり取りをしている。鉢呂経産相は防災服を着替えないまま議員宿舎に戻り、報道陣の取材に応じていた。

 記者「大臣(作業服)、着替えてないんですか」。大臣「今福島から戻ったばかりだ、そんな暇ないよ」。記者「じゃ福島の放射能ついたままですか」。大臣やや怒って、毎日新聞記者に近寄り、防災服をすりつける仕草をした。この時、「それがどうした? 放射能つけてやろうか?」と述べたと報道されている。

 末尾の「放射能つけてやろうか?」発言につき、鉢呂氏は、「(記者に)近づいて行って触れることもあったかもしれない。そういうこと(放射能をつけたぞ)は言っていないと思う」と釈明している。鉢呂氏は9日午後、「被災地に誤解を与える表現だった。軽率だった。被災をされている皆さんが戻れるように、除染対策などを強力に進めるということを申し上げたかった」と釈明している。

 この問題で責められるべきは果たして鉢呂経産相だろうか。どこの記者の発言か定かでないが恐らく毎日新聞記者として、この記者の「大臣(作業服)、着替えてないんですか」、「じゃ福島の放射能ついたままですか」発言の方が問題ではないのか。この記者は何が云いたいのか。防災服のままの姿を咎めたのではないらしい。「じゃ福島の放射能ついたままですか」の方に真意があり、その質問意図こそ詮索されねばなるまい。どういう意味の質問であったのか説明せよ。事と次第によっては、福島の原発被災地民の怒りは、この質問者の方に向かうべきではないのか。

 次に、「放射能つけてやろうか?」発言が為されていたとして、これを吟味したい。普通に読めば、放射能汚染を恐れる記者の様子を面白がって、近づくことにより「付くぞ、付けたろか」とからかった感じである。これが本当なら不謹慎であるが、誘導誘発した記者の質問の仕方にも問題があるのではなかろうか。手前は云いたい放題、相手の返答は逐一問題にすると云うのはヤクザの云いがかり論法である。大臣が放射能がついたままの防災服を着たままでいることは問題と思うが、そのようには問うていない。鉢呂大臣は、そのことに気が回らないほど被災地及び汚染問題を真剣に考えていた、その結果としての防災服着用姿だったと受け取れば美談になるような話ではなかろうか。

 毎日新聞記者の証言を要するところ記事がないのも釈然としない。仕草だけだったとも云われている。だとすれば「放射能つけてやろうか?」は捏造記事と云うことになる。仮に捏造なら、そういうものを大々的に報道した記者及び関係者は懲戒免職に値する話になる。今後の一罰百戒の為にも、そうせねばならない。その前に、鉢呂経産相の実際の発言をはっきりさせねばならない。
 
 この経緯にいして、野田首相も藤村官房長官も鉢呂経産相を庇っていない様子がうかがえる。本来は、「どういう状況、経緯のなかの発言か確認したうえでコメントする。今は情報収拾の段階である」云々で良い。この弁のないままに非常識発言として咎めているのは早計ではなかろうか。

 問題は、マスコミの変態的な嗜好性にこそあるように思われる。この時期の真の重大発言は、前原政調会長のワシントンでのトンデモ発言の方である。これを論評せぬままやり過ごし、鉢呂経産相発言に対して重箱の隅をつつくような報道の仕方こそ不正にしてイカガワシイ。自公、みんなの党―マスコミ連合の大騒ぎは虚に吠えているだけの党利党略でしかなく、これまたアホウ丸出しである。

 2011.9.10日 れんだいこ拝

|

« 野田政権に対するれんだいこ書簡その3、どじょう政治考 | トップページ | 野田政権に対するれんだいこ書簡その4、角栄の反民営化論、反増税論を傾聴せよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

記者:「じゃ福島の放射能ついたままですか」
大臣:「それがどうした? 放射能つけてやろうか?」

実は、この話の出所は特定されていて、「多分こんな感じじゃないのかな?」という想像で書いたものだと、出所本人が告白してます。「だいたい、一般人がそんな情報持ってる訳ないでしょ」だそうで。

この話を拡散させて「この記者の所属と実名を公表させろ!」とかわめいてる人達はかなりいますが、個人の妄想をソースにしたデマに煽られた事になりますね。あーあ。

投稿: 万年床 | 2011年9月13日 (火) 09時19分

万年床さん貴重なお知らせ有難う。但し問題は、件の記者が真相を語ろうとせず逃げ回っているところにあります。新聞各紙の記事も鉢呂発言内容が伝言ゲームの如く様々になっています。実際にどういうやり取りだったのか明らかでないまま大臣の首が取られたことになっています。

 そういう意味で、「この記者の所属と実名を公表させろ!」に加えて「真相をはっきりさせろ」とわめくのは当然と思います。「真相をはっきりさせろ」がホンスジだと思います。れんだいこは、そういう意味の発信をしていると思っております。

投稿: れんだいこ | 2011年9月13日 (火) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/41613015

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミによる閣僚発言の政治主義的歪曲記事報道考:

» 「死の町」 -“認めた上で”しっかりがっつり避難・処理を- [TundieBlog]
鉢呂経産相:失言 福島「ふざけるな」「くだらない」の声 - 毎日新聞 2011年9月10日 ↓当記事下部のニュース記事コピーへ 「一刻でも早く戻って来れるように」 政治家さん達、お ... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 20時06分

« 野田政権に対するれんだいこ書簡その3、どじょう政治考 | トップページ | 野田政権に対するれんだいこ書簡その4、角栄の反民営化論、反増税論を傾聴せよ »