« 野田政権に対するれんだいこ書簡その6の2、高額給与法案補足考 | トップページ | 2011.10.6日、小沢初公判での小沢どんの意見陳述文 »

2011年10月 4日 (火)

平松式超電導発電機

 滋賀県草津市に住む大工を生業とする平松敬司(73歳)さんが画期的な超電導式発電機を考案した。素人の知恵が玄人を上回った事例である。れんだいこは理系に弱いので意を尽くして説明することはできないが、これを確認する。私も平松さんを見習い、考案するなり著作するなりして何がしか世の中に貢献しつつ飯が食えるようになりたいと思う。

 発想はライトをつけて自転車を漕いだ時の重さだった。一日の仕事で疲れた体にはキツかった。回転する磁力板がS極とN極の因果によりコギングトルクという抵抗現象を生み、回転負荷がかかる為に発電機がスムーズに回転せずペダルが重くなると云う現象だった。これがどうにか軽くならないかと常々思っていた。

 平松さんは、定年後、長年の懸案だった自転車ペダルのふみこみを軽くする研究をしてみようと思い立った。欲得で始めたのでない、世の中に利便をもたらそうとする至情から始まったことが分かる。これが平松式超電導発電機の元一日となった。この時点では、それが発電機革命に繫がるとは夢にも思わなかったであろう。ここから平松式エジソン物語が始まる。

 近くの自転車屋で自転車ライトの発電機を貰い分解したところ、磁石とコイルが結び付けられているだけの簡単な仕組みだった。平松さんは、自転車ペダルの発電機抵抗を軽くしようとの一念で思いを凝らし始めた。或る時、「磁石を二つ並べたらどうなるのだろう」と着想した。二つの発電機の位置を変え、磁石特有のS極とN極の調整を試み始めた。試行錯誤の末に抵抗感が低減される感触を得た。「これはいける」と確信したと云う。奥さんに頼み込んで老後の蓄えを注ぎ込んだ。旦那の心意気に応じた奥さんも偉い。

 昔の仕事仲間に声をかけたところ、電気職人の松下誠一さん、金属職人の関田明さんらが呼応した。こうして3年間試作品を作り続けた。真ん中に1本の軸を通し、その中に磁石を取り付けた回転円盤を4台取りつけ、これを回転させることで電気を発生させる装置ができた。当初の二つが四つになった。回転円盤上には磁石を相対させ、磁石同士の引きあう力により回転が重くなるのに対処する為、互いの磁石の位置を微妙にずらすことで抵抗をやわらげ常に回転方向に引っ張るように力が働くよう工夫し始めた。これにより回転がスムーズになる。

 各円盤上の磁石の位置をどう適正化するかの見極めが肝腎だった。軸から見て均等な角度でずらすことで磁石が引き合う力を相殺させることができることが分かり、遂に「磁石4連式手回し式発電機」が完成した。見かけは単なる手回し発電機でしかないが、家庭のエアコンを動かすことができた。これを特許申請した。現在、国際特許を出願し審査中とのことである。

 但し、これでハッピーになれたのではない。これからが大変だった。要するにどう認知され、売り込めるかが課題となった。世上の常として、日本で発明されたものが日本では評価されず外国で認められて初めて日本人が見直すと云う倣いがある。「磁石4連式手回し式発電機」の歩みはどうなったか。

 平松さんは、民間の試験機関に依頼して性能認定を得た。その解析データを元に大手の機械メーカー、自動車メーカー10社、大学の研究機関7社に持ち込み、事業化を提案したが門前払いされた。元大工の畑違いの発明に耳を貸す者はなく、「素人が止めとき」と云われた。多くの者はここであきらめる。だが平松さんは違った。と云うか神の導きのような幸運を得る。これでダメならあきらめようと最後の望みを託して京都大学の学生課に電話した。「電気に詳しい先生に見ていただきたい発電機があるのですが、ご紹介いただけないでせうか。宜しくお願いします」と告げたところ、たまたまその場に工学部電気工学科の中村准教授がいた。超伝導や電気機器の専門家だった。その中村先生に電話が渡され、「発電機なら、私少しだけ詳しいですけど....」。これが運命の出会いとなった。

 平松さんが中村先生を訪ねることになった。中村先生は、持ちこまれた発電機のハンドルを回した。回転の軽さに驚いた。装置の中身を見て永久磁石の位置を少しずつずらしているのを確認した途端、「コロンブスの卵」的発想であることを直感した。中村先生は後に、「回転機を生業としている私も目からウロコのところはありました。小さな一歩だけれど、着実な一歩だというところはありました」と述懐している。但し、「これは既に研究済みの原理だ」と思ったと云う。ところが、過去の特許を調べたところ、隅から隅まで確認しても見当たらなかった。

 後日、コンピューター解析したところ、平松式発電機の発熱ロスが少なくエネルギーを効率よく電気に変換していることが判明した。発電機を8台並べると磁石の抵抗がゼロになることも分かった。「長年、科学者たちが気付かなかった夢の超電導に近づく画期的な発明」となった。オシロスコープで波形を観測すると、キレイな山形の波形を表示しており、コギングトルクのロスのギザギザの波形とは全く違っていた。低回転でも電気が取りだしやすいことも分かった。異常振動や騒音等が少ないメリットもあった。発熱ロスの少なさは従来の発電機の弱点である制御装置や廃熱装置を不要にさせ、発電機革命の可能性さえ秘めていた。発電装置の簡略化が見込め、電気自動車や風力発電などに応用できる。

 平松式超電導発電機がこれまでの発電効率を8%以上向上させることも分かった。中村先生は次のように述べている。「発電の仕組みに関しては火力発電でも原子力発電でも基本的に同じ原理で成り立っており、モーターの高率を1%上げると、日本の電力事情を考えると、100万キロワットクラスの発電機が一基不要になるほどの省エネ効果があると云われている。目からウロコの発想だが、どうして今まで誰も気づかなかったのか。各分野への広がりが期待できそうだ」。

 2011.5月、中村准教授が、茨城県つくば市で開かれた春季低温工学・超電導学会で平松式超電導発電機を発表したところ、国内外の企業からオファーが殺到した。現在、実用化に向けて開発が進んでいると云う。2011.5.31日、京都新聞が取り上げた。同9.18日、TBS系テレビ番組「夢の扉」でも取り上げられた。実演で400ワットのライトと家庭で使うエアコンを作動させて見せた。

 最後に平松さんの弁を確認しておく。「大阪城でも秀吉が建てたんとちゃう。大工が建てたんや」、「自分を応援してくれた全ての人を笑顔にしたい」、「世界最先端で世界最新のものができる」。うーーーん凄い。れんだいこは、発明よりも人間学的な興味を覚える。

 2011.10.4日 れんだいこ拝

|

« 野田政権に対するれんだいこ書簡その6の2、高額給与法案補足考 | トップページ | 2011.10.6日、小沢初公判での小沢どんの意見陳述文 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/42259623

この記事へのトラックバック一覧です: 平松式超電導発電機:

« 野田政権に対するれんだいこ書簡その6の2、高額給与法案補足考 | トップページ | 2011.10.6日、小沢初公判での小沢どんの意見陳述文 »