« 1973.1.29日、衆議院における自由民主党・倉石忠雄の質問に対する田中首相答弁 | トップページ | 法螺と戯言氏のれんだいこ史観通底考その1 »

2012年1月17日 (火)

国債発行の責任者は誰なんだ考

 国債の累積債務は深刻な問題であり、これから目をそらす諸々の論は矢を的から外してむやみやたらに射ているに過ぎない愚行でしかない。野田首相及びその一派によれば、故にとして消費税を始めとする各種公租公課の増税で切り抜けようとしている。しかしこれも、首を自ら締めて恍惚するサドイズムでしかないのも自明であろう。

 日本は今真剣に1000兆円を超えた国債の累積債務問題に対処すべきである。だがしかしその前に国債の累積債務史を正確に理解しておくことが前提となるべきだろう。なぜなら、問題を解くには、問題を理解しなければできない相談であるからである。然るに、国債の累積債務史に言及した良い手引書がない。そこで、れんだいこが、国債論を全体的に認識する為に「国債論」を、その中で国債の累積債務史に関して「戦後国債発行史その1」と題して若干の考察をしている。今後漸次見直し充実させたいと思っている。

 2012.1.16日、れんだいこツイッターに、「国債発行も角栄さんの時から開始」なるツイートが舞い込んだ。これを愚考する。ツイート者にその根拠を問うと「ウィキペディア1965年の政治 日本国債」がリンク紹介された。これによると、「5月末頃、田中角栄蔵相、山一證券経営危機、日銀特融を決断。7月末頃 国債発行を決定」と記載されているからして、田中蔵相時代に国債発行されたのではないかとのロジックになっている。「ウィキペディア1965年の政治 日本国債」がこういう理解になるよう記しているとすれば、その記述がオカシイ。意図的故意か単なる省略し過ぎかにつき判定難いが恐らく前者であろう。

 「ウィキペディア1965年の政治 日本国債」はなぜ国債発行史を正しく記述しないのだろうか。敢えて田中角栄に責任を被せようとする意図は何なのか。れんだいこは、この辺りに興味を覚える。「ウィキペディア1965年の政治 日本国債」が正しく記述するならば、「1965(昭和40).6.3日、山一證券事件処理後、第1次佐藤内閣第1次内閣改造が行われ、大蔵大臣が田中角栄から福田赳夫に代わって以降、佐藤首相―福田蔵相コンビで国債発行が遂行された」ことを明確にせねばならない。

 執筆者が知らなかったでは済まされない重要事項だし、知っていながら田中蔵相から福田蔵相への交代を記述飛ばしすることも許されない。国債問題は、この史実を正確に確認するところから始まり、ここを曖昧にするようではろくな考察なぞできやしまい。

 以下、「国債発行に於ける福田蔵相の責任」について愚考しておく。 

 戦後財政法は国債発行の原則禁止を明記し、戦後の焼け跡からの歴代の政府がこれを遵守して直前の池田内閣、佐藤内閣時の田中蔵相時までは国債を発行しなかった。その後の佐藤内閣下の福田蔵相時代になって何ゆえに火中の栗を拾うようなことをしたのだろうか。留意すべきは、この時代にあっては国債発行に依存しなくとも世界史上稀なる高度経済成長を獲得していた筈であり、国債に依存しない経済成長は大いに可能であったと云うことである。福田蔵相は何故に国債発行の禁を侵したのか。この闇を考察せねばならない。

 福田は角栄からバトンタッチして蔵相になるや、大見得を切り、「お任せあれご安心を」と胸を叩きながら戦後初の国債発行、しかも赤字国債発行に踏み切った。その後の国債発行史を見れば、この時の胸たたきには何の根拠もなく、単なる人気取り政策から発したものであったことは、今日火を見るより明らかであろう。然るに、その責から逃げ回ったのが、その後の福田の政治履歴であった。

 今日の国債過重債務問題の原点をつくったのは佐藤内閣時の福田蔵相であったのに、このことを端的に指摘する論者がいない。それは、現代日本を牛耳る政権がシオニスタン系タカ派であることにより、これに提灯する御用系識者がこの不都合な史実に触れることを忌避しているせいであろう。そうとしか考えられない。あろうことか角栄に濡れ衣を着させようとさえしている。断じて許し難い。

 こうして、戦後財政法の捻じ曲げにより国債が発行されるに至ったが、ひとたび道筋が付けられると「始めちょろちょろ中ぱっぱ」式の歩みを開始していくことになった。その様は、戦後憲法前文と9条の規定に反して自衛隊が創設され、その後様々な弁明を経つつ今日恐竜の如く肥大化している様とそっくりである。この両者は実に見事に歩調を合わせている。原発開発史も良く似た歩みを見せている。そういう意味で、軍事防衛費史、原発開発費史、国債発行史、これに消費税史も加えた四つ子が連れ子のような気がしてならない。

 れんだいこは、戦後日本政治を、政府与党を形成した自民党内のタカ派とハト派の抗争且つ混交による和合史と見ている。もっとも、タカ派ハト派の識別は、れんだいこ的な基準によるものであり、マスコミの描く像とは違う。マスコミによれば三木がハト派のチャンピオンに奉られるが、れんだいこの仕分けでは三木はタカ派系の政治家である。竹下、宮沢なぞもハト派と見なさない。むしろ、真性ハト派ラインの陣営にありながらこれを裏切り背を向けた、敢えて云うなら「ねじれハト派」と見なす。ここで云うハト派とは池田隼人―田中角栄―大平正芳―鈴木善幸系譜を云う。れんだいこは、この系譜の政治を絶賛している。拠って一律的な政府自民党批判論は受け入れない。これを論ずればキリがないので割愛する。

 国債政策にしてもそうだが、タカ派が一貫してこれを押し進め、ハト派が何とか財政再建しようと汲々としてきた歴史を見てとることができる。これをスケッチすれば、次のように云えるだろうか。

 タカ派の福田蔵相は、佐藤内閣時代、国債発行の先鞭を切っただけではない。その常態化と大量発行の道筋化にも責任を負っている。次のハト派の総帥田中内閣は賢明にもこれを抑制する。しかし、建設国債は発行されている模様だ。その田中政権が金権批判で退陣するや後継した本籍タカ派の三木が福田政策に追随し、再び赤字国債の発行に手を染め、以降常態化する。そういう意味に於いて、福田同様に三木の責任も重いといわざるを得ない。

 三木退陣後登場した福田政権時、だらだらと建設国債と赤字国債が発行され続けていく。その福田に総裁選で勝利したハト派の大平とそれに続く鈴木が、促進されていく財政悪化に歯止めをかけようと工夫を凝らす。鈴木内閣時の土光臨調はその産物であった。この時、「1981(56)年度から毎年2兆円の国債減額を行い、1984(59)年度までに赤字公債の発行をゼロにする」、「1990(65)度までに赤字国債依存の脱却」計画を策定した。予算をゼロ(マイナス)・シーリングにし、公共事業を抑制し、昭和53年度以降58年度まで所得税減税を見送る等々して財政再建に取り組んでいる。

 
しかし、裏事情は分からないが鈴木が突如政権を放棄し、代わって極右たる中曽根内閣が登場する。戦後日本のハト派政治は鈴木内閣をもって終焉する。中曽根政権は、大平ー鈴木内閣時の行革路線を流産させ、再度国債発行常態化と大量発行に道を戻し暴走し、いわゆるバブル経済へ向い始める。土光臨調の労苦は水泡に帰し、無惨にも使い捨てされたことになる。

 その後を次いだタカ派の宇野、ねじれハト派の海部、竹下、宮沢は中曽根路線を踏襲し、いわば国債の垂れ流しを促進する。反自民の総結集として細川内閣が生まれ羽田へと繋ぐ。この時期再度財政再建に取り組むが、はかばかしい成果を挙げられないまま瓦壊させられる。

 自社政権の村山内閣が登場し、平成2年から平成5年度まで発行しなかった赤字公債に再々度手を染める。以降、各年度において赤字国債の発行を常態化していくことになる。平成6年以降今日まで赤字公債が止めどなく増えていく。続く橋本内閣もこの恐竜を制御できなかった。1998.7.30日、橋本首相の後任として小渕政権が発足。蔵相に宮澤喜一が就任する。宮沢蔵相時代、効のある政策が何も為されていない。この無責任野郎はいつもこうだ。

 2000年、ねじれハト派の小渕が急死し、以降タカ派の森、極右小泉へと繋がる。この時点で財政再建をあきらめた感があり、むしろ暴走し始めている。その後の安倍、福田、麻生で自民党政権が終わり、2009年衆院選で民主党政権になり鳩山、菅、野田へと移行し今日に至っている。民主党政権時代になって、それ以前の自公政権よりも酷い野放図な財政政策が続いており、むしろブリがついて止まらない観がある。

 以上振り返れば、福田の音頭とり、中曽根の打ち上げ花火、小泉のマシンガンというシオニスタン系タカ派ラインの無責任政治、民主党三代政権の垂れ流しによって、道中ねじれハト派によって若干の修正に向かうシーソーゲームを経つつも結局は奈落の底へ向いつつあることが判明しよう。

 問題は次のことにある。以上はスケッチであり、為すべき必要なことは、この国債累積債務の膨張史が歴史的必然のものなりや否やと云う考察をせねばならないということである。れんだいこの解は、現代世界を牛耳る国際金融資本の日本コントロール政策によりもたらされたものであり、ブタの子戦略で太らされたものであると判じる。

 この解析に対しては陰謀史観と云う名が伏せられる。大いに結構ではなかろうか。陰謀が存在する時にその陰謀を見ようとしない粗脳派とは永遠に交わらない知の溝がある。陰謀が存在するとして対処の処方箋を見出さんとする別の知があり、席を同じくしたいと考えている。

 2012.1.17日 れんだいこ拝

|

« 1973.1.29日、衆議院における自由民主党・倉石忠雄の質問に対する田中首相答弁 | トップページ | 法螺と戯言氏のれんだいこ史観通底考その1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「女子高生が売春をしているとおもうから腹が立つんで、売春婦が勉学に励んでいると思えば感心な奴らだよ、いじらしいじゃねえか」(by 談志師匠)

「民主党がマニフェスト破りをしているとおもうから腹が立つんで、松下政経塾が売春、じゃなかった売国に励んでいると思えば感心な奴らだよ、いじらしいじゃねえか」(by こげぱん)

投稿: こげぱん | 2012年1月18日 (水) 00時09分

 こげぱんさんちわぁ。早速の評有難う。野田の今日の消費税増税の動きに先だって国際会議での逸早い宣言も国債の本質を示していると思います。日本を救国する為と云いながら奈落の底へ導く売国派の二枚舌マルチ舌を弾劾せねばなりません。小沢派の「ちょっと待て」の方が正しく、国債に依存しない財政立て直しの道を探らねばなりません。その対案作りに総力挙げて挑むべき、対案コンテストを開くべきと考えております。自公、民主党シオニスタンは、この道を一切探ろうとせぬままひたすら奥の院の仰せのままに忠勤しようとしております。逝って良しだと思います。

投稿: れんだいこ | 2012年1月18日 (水) 10時25分

国債をいくら発行しても天下りで中抜きされてしまいます。そこで今日はこちらへ貼らせてください。なにとぞよろしくご吟味のほどお願い申し上げます。とおりがけ拝


「指一本通達一本のかんたん天下り根絶法」

公務員の天下り根絶は簡単です。

霞ヶ関に限らずすべての行政機関から退職公務員が就職した企業は、1年間すべての公共事業に入札できない、違反企業には贈賄の汚職犯罪につき重大な刑事罰を科す、とすればよいのです。

たったこれだけの通達一本だけで、霞ヶ関から市町村まですべての公務員の天下りが根絶できます。

天下り禁止法とか公務員給与改革とかどうでもよい倫理規制法などのつまらない立法の手間が一切要らない、抜群のコストエフェクトですね。

投稿: 通りがけ | 2012年1月18日 (水) 23時47分

今日は拡散だけです。澄みませんがよろしくお願いいたします。とおりがけ拝

「菅内閣の311棄民テロ証拠映像拡散」
311にはすでに首相官邸内に地位協定治外法権で米軍事顧問米軍スパイが菅カラ傀儡首相を操って放射能棄民テロを成功へ導く指揮を執るべく迅速にひそかに入り込んでいた。

原爆(核兵器武装米軍地位協定治外法権悪用の利権渉猟)も原発(霞ヶ関が作り出した渉猟利権)もともに人災の極致であり、両者は人類と地球へ対するひとつの同じテロである。

>2012-1-18世相両断さまhttp://d.hatena.ne.jp/warabidani/20120118/p2
■国民を見殺し!放射能拡散予測SPEEDIを事故直後アメリカに提供していた

>(一部転載)

菅直人が、故意に福島県民を被曝させたことの決定的証拠


日本人の税金から北朝鮮側に6250万円も献金し、日本国益を損なう政策ばかりを行いスパイと噂される菅総理だが、実は6月に、

故意に原発事故を拡大させ、福島を汚し、福島県民を被曝させたことが証明されている。

6/3の、福島選出の森まさ子議員の国会質疑は一番の見物。

菅官邸が、SPEEDI(以前に国が何十億もかけて開発した超高機能の放射性物質拡散予測図作成機械)での拡散予想図を

福島県民にわざと隠し、マスク着用や子供の避難を促さなかったこと、

汚染度がさらに高いとSPEEDIではわかっている地域に、南相馬市民をわざわざ移動させていたこと等のみならず、

3/12日の菅現地視察8時間前に、

菅が現地視察した場合と、現地視察しなかった場合との2パターンの

SPEEDIによる拡散予想図を、

官邸自らが文科省に依頼して作らせていたことが明らかになった。

森議員は、そのSPEEDIの2つの図も用意していたが、現地視察した場合の拡散予想は放射性物質が海ではなく北西(飯舘村や福島市方向)に向かい、明らかに深刻なのにも関わらず、

菅は実際にその後、現地視察を強行した。当時は放射性物質の少なかった方向からわざわざ原発上空に入ったことからも、SPEEDIを参考にしていたことが明らかだ。

そして菅の現地視察のためにベント(爆発を防ぐために圧力を逃がすこと。総理視察があると実行できない)が、

行われなかったため、圧力が限界に達し、菅の視察後すぐに爆発し、

視察した場合の深刻な予測図よりもさらに大量の放射性物質が放出した。

そして、他の3号機や4号機にも近づくことが困難になり、後の大爆発を招くことになる。

もちろん、菅の身の安全のために作成した予測図さえ公表せず、

子供妊婦含む福島の人々は被曝させられてしまった。

森議員は、質疑の場で泣きながらこれを訴えるも、菅は枝葉末節をとらえ、話をそらしてしまう。

(後の質疑で、官邸が菅視察時のSPEEDIを作らせ、さらに予想図が実際に官邸に送られていたことも裏付けられる)

これをテレビで放送したら、民主党は終わる。しかし、テレビは民主党と馴れ合っているので、この事実が報道されることは絶対にない。

【必見!】当該質疑の動画

http://www.youtube.com/watch?v=xLiMk8pGdPI

-----------------------(転載終わり)

http://www.youtube.com/watch?v=lUKDeLhxkuA
http://www.youtube.com/watch?v=y_D6Eow0NbQ

http://www.youtube.com/watch?v=_vycCKgvn6o

投稿: 通りがけ | 2012年1月19日 (木) 20時41分

改良してみました、よろしくご点検のほどお願い申し上げます。とおりがけ拝


「改良天下り根絶法(通達一本コストエフェクト最高)」

少し訂正改良します。

霞ヶ関に限らずすべての行政機関から退職した「係長以上の職務権限を有する管理職公務員」が再就職した企業法人は、当該前公務員の就職後1年間すべての公共事業に入札できない、違反企業には贈賄の汚職犯罪につき重大な刑事罰を科す、と通達すればよいのです。

職務権限のないヒラの公務員についてはこの限りにあらず。

司法公務員(警察、海上保安庁、検察等法務省管轄公務員職員)についてはヒラから職務権限を有していますから、再就職企業法人には1年以内に公金事業を受注すれば斡旋贈賄罪が適用されます。現行刑法違反だから疑いがあれば内部からも外部からも告発できますね。

すべての退職公務員の再就職を斡旋する門戸開放制度として、全国通々浦々のハローワークが人材を常に募集しています。

この通達一本で、天下り管理職公務員に破格の厚待遇再就職内定という斡旋贈賄行為を行うインサイダー汚職企業法人は、霞ヶ関から都道府県市町村まで全国至るところすべてで絶滅できます。

投稿: 通りがけ | 2012年1月20日 (金) 23時56分

田中角栄と聖徳太子ならこのようなふうに言うだろうと想像して書きました。
ご点検のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「地位協定破棄と福一石棺化拡散」

メディアスクラムが金太郎飴のごとく異口同音に報じたてている、野田豚狆菅内閣モドキが不退転で政治生命を懸けて殉じる「大義」とはなにか。

注意すべきことは、メディアスクラムが報じることはすべて米軍のコントロール下で米軍に許可された内容ばかりである。

メディアが報じない事実にこそアメリカの本当の略奪目標があるのだ。沖縄普天間基地は今まさに防衛局によって沖縄の日本国民から暴力で奪われようとしているが、

(参照:腐れ親父の独り言「環境影響評価書の審査が始まった。そして高江では…」http://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-8c7d.html

>1月20日やんばる東村 高江の現状より転載
http://takae.ti-da.net/
>今日も来ます
>防衛局、車を連ねて高江へ向かってきています。
>今日も仕事が出来ません。
>支援をお願いします。
>N4Bです
>重機で公道を走って良いか確認の抗議をしています。
>防衛局員は「あなた方に示す義務は無い」と答えています。騒然
>全く話し合いには応じてくれません。
>重機を前に膠着状態です。
>若い防衛局員が至近距離で叫び続け、県民も抗議をしています。)

↑メディアはこれを一切報じないという逆メディアスクラムを一糸乱れずに組んでいる。

すなわち日本占領後67年間狙い続けている中国市場の征服奴隷化こそがアメリカの国是「大義」であり、戦争国家の根幹産業武器商人が作った莫大な武器の消費と販促のために常に他国へ内乱内戦を勃発させる謀略工作活動と戦争参加拡大が米軍の軍法任務であり、その自作の戦争に勝利して他国占領領土拡大成功が唯一の米軍の「大義」なのである。

アメポチ野田はアメポチ小泉前原仙谷枝野岡田創価学会とともにくだらぬ国内問題を内閣機密費に群がるアメポチメディアと共謀して騒ぎ立てて国民の目をそらし、米軍アメリカが本来の目的である沖縄全島略奪・謀略世界戦争軍事基地化を日本人の目をごまかして達成できるように支援活動する。沖縄は中国に対してかつてアメリカが一度だけ心底恐怖したキューバと同じのど元に突きつけたナイフの位置関係にあるからである。このアメリカの下賎な「大義」に不退転で政治生命を懸けて殉じようというのである。

日本国民は国民主権があるうちに日本国売国政府をいっさい無視して国民投票で地位協定を破棄し、日本に治外法権で居座る戦争の狂犬強盗米軍を日本国領土外へすべて退去させねばならない。

そしてそれが米軍アメリカを破滅人災「戦争」から救い出してやれる唯一の方法であり、侵略強盗戦争犯罪政府に取り憑かれた米国民を戦争人災地獄から救い出す日本人の本当の「思いやり」の心なのである。

と同時に米軍産複合体のもうひとつの狙いである日本列島本土全土「人の住めない核最終処分場化」を達成させないために、直ちに売国政府抜きの民間の力だけで「福一石棺化」を達成しなければならない。世界一の優秀な民間技術国家を支える日本人が心を合わせるなら誰よりも迅速に達成できるミッションである。

投稿: 通りがけ | 2012年1月21日 (土) 07時03分

これも陰謀史観と呼ばれるでしょう。私は一向に構いませんが。
ご点検のほどなにとぞよろしくお願いいたします。とおりがけ拝

>相変わらずFC2に弾かれっぱなしですw

「アメリカの狙いを砕く日米地位協定破棄と福一石棺化 」

「仰天!オウム真理教と北朝鮮が密接関係?」新時代創造さま
>>http://soubiken.blog20.fc2.com/blog-entry-1113.html

さて池田大作は戦後の混乱期に日蓮宗に入信して金銭欲名誉欲淫欲征服欲政治欲等すべての煩悩を巨大に膨張させ猛烈に出世を求めて活動した(オウム麻原グルそっくりw)。その衆にぬきんでた煩悩の異常な強さに目をつけたGHQが、すでに征服した天皇教というべき神道につづいて日本仏教界もGHQに服従させるべく、煩悩亡者池田大作に金銭と手下を与えて宗教政策スパイとして仏教界で活動拡大させたのである。が、本人のもともとの煩悩が強すぎて日蓮宗本山から破門されたのはGHQとしては予定外だったが、自分とこのスパイであることを告白されては困るのでその後もGHQが援助して創価学会、公明党と組織拡大させてやった結果が現在である。

すなわち池田大作、創価学会、公明党は生まれも育ちも全身隈なくアメリカスパイであり、いまでは居直ってアメリカに援助交際をやめさせないほどの手に負えぬ性悪スパイというところか。

しかし白人至上主義人種差別国家アメリカにとってアメリカ先住民と同じ黄色人種は決して対等の味方にしないすべて虫けら以下の敵なので、霞ヶ関、小泉一味、創価学会、統一教会など所詮敵国内政治撹乱のための使い捨てスパイであることは変わりなく、如何に性悪の腐れ縁でも黄色人種ごときに本当に弱みを握られているとは全く考えておらず、たとえば日本列島全土核廃棄物最終処理場化をすすめるときには敵国内アメポチスパイカルトも霞ヶ関も原爆投下したときと同じく無慈悲無差別虐殺の対象である。人倫など一銭の価値も認めないやったもん勝ち儲けたもん勝ちの世界観が米軍を操る悪徳ペンタゴンの根底にある。
実は黒人種オバマも彼らにとっては使い捨てである。これら使い捨てスパイが主人「死の商人」の真意に気づこうと気づくまいと、戦争で儲ける悪徳ペンタゴン人種差別主義者白人にとっては、世界のどこかで常に国が乱れて無残無道な戦争状態が勃発して武器が大量に売れればそれでよいのである。

日本をアメリカの敵国とみなす人類の恥日米地位協定を直ちに破棄宣言しよう。


>「法令を理解しないペテン師の戯言 公明党との不可解な共闘」先住民族末裔の反乱さま
>>http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/22284510.html
>清和会と組んで利権漁りに明け暮れたカルト宗教盲信者

創価学会は会長個人を絶対崇拝盲従する政治結社であり、明らかに宗教法人資格がない。結社団体としては右翼団体や暴力団と組織構造から社会機能まで同一である。

さて、暴力団組員が公務員になれるであろうか。組員のままではなれないが暴力団を辞めて前科が法的に消えればなれる。

さて暴力団組員が選挙で公職に選ばれるであろうか。組員のままでは公職選挙法により経歴に嘘を書けないから被選挙権の不適格経歴により立候補できない。これも組員を辞めて前科が消えるまでまっとうな商売正業に就いて清い経歴をじゅうぶんに積まねば、立候補すること自体憲法が定める公職選挙法違反である。

ゆえに公明党は憲法が定める政党の要件に違反する、違憲政党である。行政罰による解散命令相当。

もうひとつ。ゆえに特定政治結社創価学会会員は学会員のまま公務員職に就いてはならない。就けば憲法が定める公務員法に違反する。学会員であることを隠して就けば経歴詐称も加わる。個人へ刑事罰がある。

フランスではすでに何十年も前から公明党を政党ではなくカルト団体として国が公式に認定しているそうな。

投稿: 通りがけ | 2012年1月23日 (月) 13時22分

空前絶後の平民宰相田中角栄を生んだのは日本人の心を生きる常民たちであったと考えております。心を亡くしている現代日本に心ある政治家は角栄以来絶えて久しい。政治家がダメなら平民常民がかわりに立てばよいと思っています。よろしくご点検の程お願い申し上げます。とおりがけ拝


心の政治で福一石棺化を妨害する日米地位協定を直ちに破棄しよう。

「地位協定スパイ防衛省と経産省に対する日本人常民の心の連帯闘争」

311以後沖縄の住民は自分が防衛省の攻撃を受けて先祖伝来の土地を奪われようとして苦しむ中から、被災地福島の住民が政府の棄民政策によって先祖伝来の土地財産を根こそぎ奪われようとしている苦痛に深く同情し、土地の少ない狭い島だが心は誰より暖かい住宅支援を打ち出している。
>>「沖縄県が福島県民に住宅支援」カナダde日本語さまhttp://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-3153.html

沖縄の人々の世俗の虚栄に無欲な、ただ自然を畏敬し生命を尊ぶこの心の美しさ温かさはどうだろう。
>「震災を節目にこれまでの古い日本から脱皮しよう」
>(転載)
「沖縄の原則とは『 ぬちどぅ宝 』。沖縄の言葉で、命は尊いという意味です。これは武器や暴力を嫌う沖縄人の表現です」と語り、20年間沖縄へ通うとマコーマックさん。
「沖繩は、国家に抵抗する市民お民主主義の力を見られる場所です。

ここでは、県全体が抵抗しています。だから日本とアメリカという地球上で最も強大な2つの国が、この小さな県に対して政策をおしつけららないのです。私は、沖繩では人々が歴史をつくっていると思います」

普天間基地移設予定地辺野古沿岸部。キャンプシュワブゲート前で毎週訴える、建設業者の渡具知さん。
マコーマックさんの滞在中、北部東村高江では米軍ヘリパッド建設の強行がされようとした。高江を訪れるマコーマックさん。年間6000人の兵士がこの森で訓練を行っている。

1996年北部訓練場は部分的に返還されることに。ただし、ヘリパッドの機能を高江周辺に集中的に移転する条件付き。 それまで政治運動にかかわったことのない安次嶺さんらは現場から抵抗を続けてきた。
人口160人の高江を囲むように6つのヘリパッドを建設し、墜落の危険を伴うというオスプレイ配備も検討されている。(検討されているのでなく配備)市民運動などしたことのない住民が建設反対に座り込みを始めた。

守りたいのは自分たちの暮らしと自然。 彼らは国家レベルのの安全保障については語らない。 語るのはここは民主主義の国なのだから、 住民がいらないと言うなら新しい基地は要らないということ。

安次嶺さん「福島からの移住者がたくさんいる。 来たくても来れない人いっぱいいる。 原発を田舎のほうに建てて、絶対安全ですと言ってたのに地震でもろくも崩れた。 田舎の弱みにつけこむ、原発も基地も中身は一緒」

福島と沖縄、 国家の骨格作る時、官僚が決めたこと、 「東北を東京の消費のため原子力エネルギーの精算拠点にしよう。 沖縄は防御のための場所としよう」と。

2011年は、3・11東北大震災と原発禍、9・11同時多発テロから10年、ソビエト連邦崩壊から20年という節目。日本の基盤を揺るがす災害事故や世界の枠組みが激変してゆく中で2012年が幕を開ける。

マコーマック氏は「日本と世界の未来を考える上で今最も重要な場所」を訪問。
日本と世界の未来に向けてグローバルスケールのメッセージを伝える。
(転載終わり)


震災前から沖縄高江と上関祝島の住民は連帯しており、憲法違反最高裁判決を振りかざした国の暴力(防衛省防衛局、国交省海上保安庁の強制執行実力暴力排除)に対して非武装で憲法を掲げて連帯して戦っていた。

震災前から沖縄の米軍基地反対派と岩国の米軍基地反対派は、防衛省の憲法違反最高裁スラップ判決を後ろ盾にした国民の財産を強制収用する暴虐行政執行に対して、非武装平和憲法を掲げて連帯して戦ってきた。

311後その国家権力にいわれなく虐げられ続けてきた沖縄県在住国民が、国の放射能ヒバクシャ棄民政策強制執行テロに徹底的に虐げられる福一ヒバクシャ国民へ連帯した。冒頭の避難住居無償提供が連帯のはじめの一歩である。

祝島も岩国も沖縄に続いて福一ヒバクシャ支援に乗り出し、福一被曝避難者住居無償提供を行うべきである。上関には立派な公的施設が遊休しており岩国には愛宕山という広大な住宅適地があるのだから、立派な支援が十分できる能力がある。
米軍基地に奪われ圧迫されて土地の少ない沖縄県がお金や物ではない「心で連帯する」心からの支援に乗り出した今、沖縄よりも恵まれた上関や岩国の住民国民がそれを座視拱手傍観するような自分の交付金や箱物だけが後生大事では、日本人の心がないと言われても反論できない。

今あるなけなしのもので「得手に帆あげて」支援する。義を見てせざるは勇なきなり。金じゃないよ、心だよ。これこそが日本人の心意気である。

>岩国市長選挙、本日告示!~米軍住宅地の新規造成も焦点のひとつに!(情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄さま
>>http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/605d4b6bcddd4843fe43fe2c21574301)
>※1:「防衛省闘う岩国に1000万人が350円ずつ寄付しよう!~防衛省のアメとムチ政策にノーを!」
>★寄付は終了しています。

直近1月29日の岩国市長選挙ではいずれの市長候補も米軍基地容認、愛宕山防衛省への売却容認であり、防衛省の交付金を誰がより多く取ることができるかだけを競う防衛予算ぶん盗り合戦に堕落し、米軍基地返還を第一に主張する独立不羈日本人候補がひとりもいないとは、日本国民として政治家政治屋どもの志の呆れるほどの低さが情けない限りである。政治家も市民の中から選ばれる存在であるからして、市民自身の猛省を促したい。

市長という地方自治体首長の立場で防衛省が配る交付金という金銭目的の乞食ねだりをいつまで続けるつもりであろうか。そもそも防衛省予算も交付金も我々国民納税者が働いて稼いで納めた税金なのである。防衛省などという下僕風情に勝手放題にバラマキ汚職交付金として使わせてはならないであろう。おねだりどころか逆に堂々と公明正大に今までの汚職で防衛省が国民から盗んだ予算を全額賠償返還するよう防衛省を訴追追及しシーザーのものはシーザーへ、国民のものは国民へと返還賠償させてやろう。

地位協定を直ちに破棄して米軍に基地使用料を米軍自ら基地地元住民自治体へ支払うよう請求書を突きつけよう。払えなければ法に従って基地を返還させ、粛々と日本国領土から退去させる国外退去命令を出そう。これで全国内の米軍基地が流血なく全廃できる。

投稿: 通りがけ | 2012年1月24日 (火) 14時33分

今日は拡散です。よろしくお願い致します。とおりがけ拝


記者クラブメディアの無視スクラムに対抗して沖縄の心を拡散する。

沖縄の戦いへ連帯する「心の絆」

▼「やんばる」の豊かな森と高江住民の生活(腐れオヤジの独り言)
>>http://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-c7e1.html
>◇◆◇1月25日辺野古浜通信 より転載◇◆◇
住民の至近距離から拡声器5台を使った防衛局の嫌がらせ
防衛局によるの午後の「演技」が始まりました。
今までより拡声器の数が増え全部で5台が一斉に叫び始めます!
話し合いをいっさい排除した一方的、脅迫的な「嘆願」の体をとった嫌がらせと、アリバイ工作です。iPhoneの簡易な騒音計ではかると85から90デシベル…これは立派な犯罪行為です。

高江、座り込みの人が足りません!
ちょっとでも迷っている人は今日は「よし、出かけるぞ」と舵を切って下さい。連日のあまりに酷い状況は、沢山のなかまで一緒に過ごせば、やり過ごすことが出来ると思います。高江のための具体的なサポートを、どうぞどうぞ、宜しくお願いします。

もちろん、抗議の電話、県・政党へのプレッシャーも、大事な支援です。
1)内閣、防衛省、防衛局に抗議をお願いします。
 *沖縄防衛局 098-921-8131
 *防衛省03-5366-3111
 *内閣官房 03-5253-2111
2)県知事、東村村長に工事即時中止・建設反対表明を要請して下さい。
 *沖縄県知事公室 TEL:098-866-2460 FAX:098-869-8979
 *東村役場 TEL:0980-43-2201 FAX:0980-43-2457
3)あなたの応援している、沖縄県議会と市町村の議員・政党に工事即時中止・建設反対決議を採択するよう申し入れてください。

▼震災を節目にこれまでの古い日本から脱皮しよう(カナダde日本語)
>>http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-3177.html
>「沖縄の原則とは『 ぬちどぅ宝 』。沖縄の言葉で、命は尊いという意味です。これは武器や暴力を嫌う沖縄人の表現です」と語り、20年間沖縄へ通うとマコーマックさん。
「沖繩は、国家に抵抗する市民お民主主義の力を見られる場所です。

ここでは、県全体が抵抗しています。だから日本とアメリカという地球上で最も強大な2つの国が、この小さな県に対して政策をおしつけららないのです。私は、沖繩では人々が歴史をつくっていると思います」

普天間基地移設予定地辺野古沿岸部。キャンプシュワブゲート前で毎週訴える、建設業者の渡具知さん。
マコーマックさんの滞在中、北部東村高江では米軍ヘリパッド建設の強行がされようとした。高江を訪れるマコーマックさん。年間6000人の兵士がこの森で訓練を行っている。

1996年北部訓練場は部分的に返還されることに。ただし、ヘリパッドの機能を高江周辺に集中的に移転する条件付き。 それまで政治運動にかかわったことのない安次嶺さんらは現場から抵抗を続けてきた。
人口160人の高江を囲むように6つのヘリパッドを建設し、墜落の危険を伴うというオスプレイ配備も検討されている。(検討されているのでなく配備)市民運動などしたことのない住民が建設反対に座り込みを始めた。

守りたいのは自分たちの暮らしと自然。 彼らは国家レベルのの安全保障については語らない。 語るのはここは民主主義の国なのだから、 住民がいらないと言うなら新しい基地は要らないということ。

安次嶺さん「福島からの移住者がたくさんいる。 来たくても来れない人いっぱいいる。 原発を田舎のほうに建てて、絶対安全ですと言ってたのに地震でもろくも崩れた。 田舎の弱みにつけこむ、原発も基地も中身は一緒」

福島と沖縄、 国家の骨格作る時、官僚が決めたこと、 「東北を東京の消費のため原子力エネルギーの精算拠点にしよう。 沖縄は防御のための場所としよう」と。

2011年は、3・11東北大震災と原発禍、9・11同時多発テロから10年、ソビエト連邦崩壊から20年という節目。日本の基盤を揺るがす災害事故や世界の枠組みが激変してゆく中で2012年が幕を開ける。

マコーマック氏は「日本と世界の未来を考える上で今最も重要な場所」を訪問。
日本と世界の未来に向けてグローバルスケールのメッセージを伝える。

▼震災前から沖縄高江と上関祝島の住民は連帯しており、憲法違反最高裁スラップ判決を振りかざした国の暴力(防衛省防衛局、国交省海上保安庁の強制執行実暴力排除)に対して非武装非暴力で憲法を掲げ連帯して戦っていた。

震災前から沖縄の米軍基地反対派と岩国の米軍基地反対派は、防衛省の憲法違反最高裁スラップ判決を後ろ盾にした国民の財産を強制収用する暴虐行政執行に対して、非武装平和憲法を掲げて連帯して戦ってきた。

直近1月29日の岩国市長選挙ではいずれの市長候補も米軍基地容認、愛宕山防衛省への売却容認であり、防衛省の交付金を誰がより多く取ることができるかだけを競う防衛予算ぶん盗り合戦に堕落し、米軍基地返還を第一に主張する独立不羈日本人候補がひとりもいないとは、日本国民として政治家政治屋どもの志の呆れるほどの低さが情けない限りである。
市長政治家も市民の中から選ばれる存在であるからして、市民自身の猛省を促したい。

また山口県知事も沖縄県知事も同様である。選挙民が市町村よりも母数が大きい県ゆえに、知事には市長よりいっそうの選挙民に対する誠実さが求められる。

沖縄県も山口県も県知事や市長という地方自治体首長の立場で防衛省が配る交付金という金銭目的の乞食ねだりをいつまで続けるつもりであろうか。

そもそも防衛省予算も交付金も我々国民納税者が働いて稼いで納めた税金なのである。防衛省などという選良に忠実義務を持つ主権者国民の下僕風情に、貴重な税金を勝手放題にバラマキ汚職交付金として使わせてはならないであろう。防衛省におねだりどころか逆に堂々と公明正大に今までの予算中抜き汚職で防衛省が国民から盗んだ税金を全額賠償返還するよう防衛省を訴追追及し、シーザーのものはシーザーへ、国民のものは国民へと返還賠償させよう。

▼今あるなけなしのもので沖縄の戦いを支援する。義を見てせざるは勇なきなり。金じゃないよ、心だよ。この無手勝流こそが独立不羈日本人の心意気である。

投稿: 通りがけ | 2012年1月26日 (木) 08時07分

これも拡散です。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

愚か者の力による支配。

(腐れオヤジの独り言さまhttp://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-9e6f.html)

これ▼と同じである。この写真と記事に出ている沖縄占領治外法権米兵および米軍憲兵隊と、現在国民に対して拡声器と暴力で強制退去強制収用する防衛省沖縄防衛局及び最高裁は、万国共通の基本的人権に対して全く同じ非人道無差別虐殺戦争犯罪を現行犯で今まさに続けているのである。

▼目で見る地位協定>1965年沖縄 「少女轢殺」 報道写真家嬉野京子の証言 
>>http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51424388.html
>「尋問に答える義務はない」と言ったのです。そのとたん、憲兵大佐の態度がガラッと変わり、「沖縄にいる限り、生殺与奪の権利は我々が持ってるんだ」と、スチール製の机の引き出しをバーンを蹴とばし、

>たまたま届いた夕刊を見たところ、なんと私が指名手配された、という米軍発表がでかでかと。理由は、米兵に暴力を働いた、というのです。伊江島では山狩りが始まりました。辺鄙な場所の、ドヤ街のような地域の家に隠れました。とにかく沖縄から出なければ。
(転載終わり)

愚か者の力による支配=非人道残虐戦争犯罪である。

直ちに地位協定を破棄し、米軍軍法の日本に対する敵国条項適用という戦争非人道犯罪を告発し、駐留米軍を国際法に則ってすみやかに日本国領土外へ退去させよう。

投稿: 通りがけ | 2012年1月27日 (金) 12時51分

今回は通りがけのささやきです。よろしくお願い申し上げます。

私が危惧するのは消費税や政局をマスゴミがスクラム報道している隙に米軍が日本の基地を拡大強化することです。
沖縄で今まさに起こっている防衛局の暴力や岩国で今まさに起こっている米軍基地住宅売渡し問題。これは震災とは違う人災であり、原発事故後の政府対応と寸分たがわぬ憲法違反の棄民売国政治犯罪です。国家反逆罪そのものである大事件がアメリカとその手先霞が関によって今まさに犯行中であるのに、国民の耳目は霞が関と一体化したNHK記者クラブマスゴミの米軍関係事件一斉無視報道スクラムによって、野田三百代言首相モドキ棄民テロリストの猿芝居(これもアメリカの密命をうけて大根役者が息を吐くように見え見えの真っ赤な嘘を吐いている)のほうに集められている。
テレビはナチスドイツが大衆洗脳装置として発達させましたが、喉元過ぎれば熱さを忘れる民衆を現在世界中で茹で蛙状態に誘導しています。

リテラシーを洗練させたブロガー諸氏にあっては、日本国の本当の一大事は消費税やTPPや政局ではなく、アメリカ本土外にあって合衆国憲法の軛を離れて軍法にのみ従い常に戦時中交戦状態にある米軍が、アメリカ国益のためであればどんな下劣卑怯な手段を用いても侵略戦争に勝てば良いとしていままさに日本国領土を侵犯中であることを、常に意識しておいてもらいたいと考えています。

もちろん裁判所も頭のてっぺんから爪先までアメリカのスパイと化していますから、奇形司法と呼ばれても恥じることなく普通の常識では考えられない破廉恥判決ばかりを量産しています。
御巣鷹山でも沖縄でも上関原発でもみな最高裁がスラップ判決で押さえ込んでいますね。これもすべて地位協定治外法権米軍の密命をうけてのことなのです。

まあ私もそのことをネット界全世界最高峰の知的情報集積ブログ「Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず」さま>>http://c3plamo.slyip.com/blog/を訪れるようになってから初めてはっきりと認識できましたのですがw

以上、ちょっとだけマスゴミが常に報道しない米軍の動きへ注意喚起の囁きです。お邪魔しました。

投稿: 通りがけ | 2012年1月28日 (土) 00時03分

続きです。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「ホルムズ海峡波高し、イラクの次はイラン?もういい加減にしろ!」いかりや爆氏の毒独日記さま
>>http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/62a464e6e00fa53193a662d940bef7dc

みんながアメリカの嘘と極悪に気づいていますね。我々日本人は嘘つきは泥棒の始まりであると三つ子になるまでに嘘を戒められて躾けられてきましたから、大きくなって全員が嘘つきを生理的に大嫌いな体質の国民に成っています。当然でしょう、三つ子の魂百までですから。

さて、その嘘をつくな、他人へ親身に親切にせよ、という同じ躾を受けた日本人同朋が今まさに沖縄と東北でひどい目に遭っています。
沖縄は沖縄戦後役70年地位協定治外法権に蹂躙され続け、東北関東は311以後死の灰を止めることをアメポチスパイ政府が全力で妨害する。
いずれも嘘つき強盗殺人犯アメリカ軍の差金です。

同じ躾を受けた日本人同朋を絶体絶命の死地から助け出し、原発の放射能被曝者同朋をこれ以上増やさないためには、沖縄の同朋支援には直ちに「地位協定破棄」し、本土四島(北海道本州四国九州)ノ同朋支援には直ちに福一石棺化とコンクリート地下ダム壁建設に着手しなければなりません。

まず避難と同時に全原発停止。福一石棺化して除染。これなら1~2年の避難疎開で済んで故郷へ戻れるはずです。

メルトアウトした核燃料の臨界暴走を止める石棺化は技術的には簡単です。パチンコ球サイズの大量の錫(鉛も可)の金属球を原子炉の上部から原子炉内へ流しこめば良い。

参照:「2011年8月15日月曜日
メルトアウトした燃料を冷却・固化するには、スズを用いた金属棺しか無いのではないか」
福島原発災害の見方さま
>>http://mononomikata-kerogg.blogspot.com/2011/08/blog-post_15.html

投稿: 通りがけ | 2012年1月31日 (火) 11時01分

今日は拡散です。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「極東米軍の最近の動向と活発な米政翼賛会活動」

アメポチスパイ米政翼賛会日本マスゴミが一切まったく報道しない極東米軍の最近の動きについて、注意喚起のため以下の記事を転載します(長いのでいまは途中まで)。

「米軍常駐化の企み」南シナ海の緊張激化を意図
フィリピン;抗議行動高まる
(2012年1月30日発行の長周新聞2面記事をタイプ転載)

 アメリカとフィリピン両政府は、南シナ海での中国の「脅威」に対抗するとして、米軍のフィリピン常駐態勢をつくろうとしている。昨年のオーストラリア、シンガポールに次ぐ動きで、先にオバマ政府が公表した新軍事戦略にそって、アジア太平洋地域で日本、「韓国」、タイ、シンガポールなどを先兵に、「中国包囲網」を形成し、アメリカの覇権を維持しようとするものだ。フィリピンの進歩的団体・バヤン(新愛国者同盟)は28日、首都マニラのアメリカ大使館に向けて抗議行動を起こしている。
 ワシントンで開かれていた米比両国の国防・外交の次官級協議は27日に共同声明を発表。昨年11月の「マニラ宣言」にそって「盟友関係を拡充・強化し、21世紀の挑戦に対応する。とくに海上防衛協力を深化・発展させる」とうたった。
 両国政府の合意内容を見ると、米軍は先のオーストラリア常駐と同じく一定規模の米軍をフィリピン基地にローテーション派遣することが眼目である。そのためアメリカはフィリピン海軍に2隻目のフリゲート艦を供与し、戦斗機を持たない空軍にF16戦斗機12機を供与する他、海岸警備隊にも先進的な要員訓練設備と通信設備を提供する。また、米比合同軍事演習の回数を年1回から増やすこと、フィリピン軍基地で米艦船と航空機への補給を行うことでも合意した。
 以上の基本合意は、フィリピンのガスミン国防相が2月以降に訪米し、具体化して協定にするとされるが、進歩的団体・バヤンは27日に抗議声明を発表した。レイエス書記長は、米比の「戦略協議」は要するに米軍と米艦船を多数フィリピンに常駐させるためだと指摘。フィリピン当局は、米軍基地をフィリピンに戻すものでないといっているが、実質は米軍の常駐態勢をつくることだとして、「彼らが米軍は一時的に来るだけだというのは真っ赤なウソだ」と指弾している。(以下略、後ほど全文タイプ転載予定)

投稿: 通りがけ | 2012年2月 2日 (木) 06時18分

続きです。よろしくお願い致します。とおりがけ拝

 フィリピンはかつてはアメリカの植民地。戦後は「相互防衛条約」や軍事援助などで目下の「同盟者」とされてきた。反米世論の高揚のなかで、1991年に乗員が米比企地協定を破棄し、クラーク、スビック両基地はたたき出された。だが、親米政府が98年に米軍の「一時駐留協定」をアメリカと結び、とくに2002年から、「反テロ」の名目で、南部ミンダナオ島に600人の米特殊部隊が派遣されていた。
 バヤンのレイエス書記長は、「一時駐留協定」が米軍常駐にゴーサインを出したとし、「われわれはフィリピンをアメリカの覇権追求の前哨基地にしてはならない」と呼びかけている。昨年11月のクリントン米国務長官の来訪に抗議したデモは、アメリカはフィリピンとアジア太平洋地域の事柄に干渉することをやめるよう求め、フィリピン当局が南シナ海問題でアメリカに利用されないよう呼びかけた。
 米比両軍の定期合同演習「バリカタン」が4月に実施されるが、それが米軍常駐計画の狙いを端的に示している。
 これまで一年一度の合同軍事演習「バリカタン」は、北部のルソン島周辺で実施されていた。今年、南沙諸島周辺海域で実施されるのは、2004年以来のことである。しかも演習は初めて、南シナ海にあるフィリピンの石油・天然ガス田の防衛を想定し、南沙諸島に近いパラワン島西部の海域で行われる。まさに南沙諸島の領有権をめぐって、中国とフィリピンの間に紛争があるだけに、米比両国が意図して緊張を激化させるものだ。
 日本に対しても、アメリカは中国海軍の出口が沖縄の宮古島周辺だとして、それをけん制するのに南西諸島への自衛隊配備を要求、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張させて、昨年秋は九州日出生台で大規模な上陸演習を行った。普天間問題の早期決着を迫ることも、沖縄を「対中戦略の最前線」と位置付け、日本を中国攻撃の前線基地としようとするものである。(了)

投稿: 通りがけ | 2012年2月 2日 (木) 12時26分

今日は国会議員へ呼びかけます。よろしくお願いいたします。とおりがけ拝


▼地位協定破棄国会決議で独立不羈▼

>日本に今一番必要なことは、公正な司法を守るための三権分立なのではないだろうか?
「勧善懲悪のまともな司法の復活を 」Dendrodiumさまhttp://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-1173.html

日本を下っ端の十代新兵アメリカ兵の治外法権でやりたい放題に犯罪を犯せる無限の草刈り場に仕立てる日米地位協定を破棄すれば、ただちに日本国憲法が発布以来初めて発効して日本の国土と政府の主人はアメリカ軍属などではなく日本人主権者国民となる。

日本人が自ら地位協定を破棄するとき、アメリカはこれに一切干渉できない。非合法的手段を用いない限り、地位協定破棄を防ぐことはできないのである。アメリカは地位協定そのものをなんとしても残したいので先手を打って改訂を申し出てくるが相手にしてはならない。そもそも同じ人間の間に「地位」の違いによる「人権」の違いなどあってはならないのであるから、どのような「改訂」も必要なく「地位」協定そのものを破棄するだけである。

こんなものを認めている事自体人間としての誇りも尊厳もかけらも持たない奴隷根性そのものなんだがね。

「地位協定の凶危性」

地位協定の意味は、母国語も知らない若い新米のアメリカ兵が、日本国内に入った途端アメリカ国内にいた時に受けていた法律による行動規制を全部捨てて、たとえどんな悪虐非道を働いても、地位協定ある限り日本の官憲はこれに指一本触れることすらできない、というものである。

この無学な新米米軍兵が日本国内にいる限り地位協定治外法権ですべての日本人の生殺与奪の権をその手に握って、その行為はあらゆる処罰から自由である。※

地位協定ある限り米兵でさえあれば酒に酔って機銃を乱射して仮に皇居へ乱入して今上陛下を殺めたとしても、日本の法律では身柄拘束さえできないし、日本の刑罰をこの錯乱酩酊した(振りをした)乱射米兵に全く適用できない、というのが日米地位協定の現実なのである。

尊きいとやんごとなき今上陛下をアメリカの下賎で卑しい暴力からお守り申し上げるために、国会議員は直ちに地位協定破棄可決せよ。


(※目で見る地位協定>1965年沖縄 「少女轢殺」 報道写真家嬉野京子の証言 
>>http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51424388.html)

投稿: 通りがけ | 2012年2月 8日 (水) 20時35分

今日は私の好きな高杉晋作について良い解説の書評がありましたのでタイプ転載いたします。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「面白きことも無き世を面白く」「では長州男児の心意気をお見せ申そう」高杉晋作の「回天」独立不羈とは。

>攘夷戦争と長州藩の足跡;歴史図録や写真で専門家が解説
「長州維新の道(上)」(図書出版のぶ工房発行、定価2300円+税)
(長周新聞2012年2月10日付(4)面新著紹介「本棚」欄記事タイプ転載)

 ▼幕末の攘夷戦争から明治維新にいたる長州の足跡を歴史図録や写真を豊富にとり入れ、専門家が解説する「長州維新の道」の上・下巻が、福岡市の「図書出版のぶ工房」から発行されている。「九州長州図録撰書」シリーズで、「長州と筑前、維新を歩く三部作」のうちの二冊である。
 ▼「長州維新の道」〔上〕は、関門海峡での幕末対外戦争である攘夷戦争、米英仏蘭四カ国連合艦隊との戦争になった馬関戦争以後の長州藩の動向、とくに高杉晋作と奇兵隊による「回天」へと急激に展開した事情に迫るとともに、巧山寺で決起した奇兵隊が下関から萩城を目指して進撃した「赤間関街道 中道筋」をたどるものである。
 ▼「幕末、日本の情勢はめまぐるしく変わった。黒船来航から戊辰戦争までの十数年の間に、二百数十年ぶりの開国、七百年近く続いた武家社会の終焉という大転換を遂げ、中央集権近代国家へと歩き出したのである」(遠藤順子)。
 ▼文久三(1863)年の攘夷戦争から、文久政変、禁門(蛤門)の変、第一次長州征討と馬関戦争、高杉晋作の奇兵隊結成、さらに俗論党の台頭と第二次長州征討。まさに内憂外患、四面楚歌に見える極限の中から、これと正面から戦い抜き倒幕戦争の勝利へと導いた高杉晋作、奇兵隊と諸隊の動向。このあたりの内的事情については、「長州攘夷戦争」(古城春樹)、「高杉晋作による奇兵隊結成と文久年間の情勢」(田口由香)に詳しく展開されている。
 ▼高杉晋作が、封建制の身分制度に縛られた幕府や他藩では見られなかった「身分を超えた軍隊”奇兵隊”」を結成し、馬関戦争の講和会議でイギリスによる彦島租借を阻止し、四境戦争の大島口や小倉口の戦の先頭にたって幕府軍と戦ったのは、「すべては長州一国のためのみならず、清国の覆轍を踏まず上海の惨状を日本にもたらさないためのものだった」。
 ▼そこでは、高杉晋作が文久2年に上海に渡航し、欧米列強の植民地となった租界や、清国の惨状を直接目撃した体験が非常に大きかったこと、「彼の人生最後の五年間の行動を強烈に動機づけし、方向を決定したのは、まさにこの上海渡航だったといえる」と強調されている。
 ▼田口氏は「上海の惨状を目の当たりにした高杉は”攘夷の策”を主張しているが、欧米諸国との貿易も視野に入れている。・・・・・高杉が主張する”攘夷の策”とは、西洋技術の導入によって欧米諸国と対等な関係に立つための対策であり、いわゆる外国人を追い払うという攘夷の考えとは異なっている」と指摘している。
 ▼このほか、「薩長同盟の功労者、中岡慎太郎」など、薩長同盟がどのような緊迫した情勢のもとで成し遂げられたのかを、筑前の動向や中岡慎太郎の活躍との関連で記している。功山寺決起の直前まで高杉晋作が、筑前の野村望東尼の平尾山荘にかくまわれていた事情、「木戸孝允の人脈と江川太郎左衛門の農兵隊構想」などについての叙述もある。
 ▼伊能忠敬研究会会員・遠藤薫氏(のぶ工房編集長)が、実際に歩いて撮影した下関を起点とし萩にいたる「赤間関街道中道筋」を新地、竹崎、赤間関、長府から小月、清末、神田、さらには奇兵隊の陣屋が置かれた吉田、激戦地の絵堂、大田など主な地点を史跡や風景写真、「伊能図」や現在の地図に照らして紹介している。
 ▼三部作完結となる「長州維新の道(下)」は「萩往還---維新をなした政治と教育」をテーマに構成されている。(一)

投稿: 通りがけ | 2012年2月14日 (火) 06時51分

TPPも地位協定破棄で即応できると考えております。
よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

>「アメリカ政治史は戦争犯罪史である。平和憲法国日本は直ちに地位協定破棄決議すべし」TPPも地位協定破棄で即応可。

建国以来戦争政治侵略外交しか知らぬ米国が、合衆国軍法の交戦中敵国占領規定である『日米地位協定』を使って70年近くも日本と世界中で人種差別人権無視非人道戦争犯罪を続けている破廉恥醜悪な米国史が、占領統治の過去事実を証拠に明確に書き記されている長周新聞TPP解説記事をタイプ紹介します。

>『TPPに見る米国の食料戦略』
【食料自給できぬ国にして縛る】
第二次大戦と占領以来「戦後一貫して日本を標的に」
(長周新聞2012年2月13日付け(4)面記事タイプ転載)

【TPP(環太平洋経済連携協定)をめぐる批判論義のなかで、日本の農業と国土がアメリカの食料戦略の標的となってきたこと、それが食料自給率40%という惨状に示されていることが、第二次世界大戦と戦後の歴史的な経験と重ねて深められている。この問題をめぐるさまざまな事例や専門家の発言、意見を振り返ってみたい。】

 ▼鈴木宣弘東京大学大学院教授、木下順子コーネル大学客員研究員の両氏は、著書『よくわかるTPP48のまちがい』(農文協)のなかで、「アメリカの食料戦略の一番の標的が日本だといわれてきた」ことを強調。ブッシュ前大統領が、農業関係者に対する演説で日本を皮肉るような話をよくしていたことを紹介している。ブッシュは次のような発言をしていた。
 ▼「食料自給はナショナル・セキュリティに直結する問題だ。皆さんのおかげでそれが常に保たれている米国はなんとありがたいことか。食料を自給できない国なんて想像できますか?---どこの国のことかわかると思うけれども---食料自給のできない国は、国際的圧力と危険にさらされている国だ」
 ▼また1970年代末、ウィスコンシン州大学の農業経済学の教授が授業で「君たちはアメリカの威信を担っている。アメリカの農産物は政治上の武器だ。だから安くて品質の良いものをたくさんつくりなさい。それが世界をコントロールする道具になる」とのべ、「東の海の上に浮かんだ小さな国はよく働く。でも勝手に動かれても不都合だから、その行き先をフィード(家畜のエサ)で引っ張れ」とあからさまに語ったことを紹介している。
 ▼事実、その後20年を経た時点で、日本がアメリカから輸入した穀物3000万トンの三分の二以上を家畜のエサが占めるようになっていた。
 ▼それは、アメリカが第二次世界大戦で日本国民に対して行使した「飢餓作戦」から、戦後占領期以後の余剰農産物の押しつけに見られるアメリカの食料戦略に一貫したものである。
 ▼そこには食という人間の生活の根源に関わる問題を制するかどうかが、その国の運命を決定的に左右するという、古今東西の戦法の原則を貫くものであった。

[戦中にはアメリカの「飢餓作戦」]

 ▼1941(昭和16)年の日米開戦を前後して、日本国内ではコメはもちろん、塩、砂糖、味噌・醤油など、すべて配給制になった。そして、戦争末期になるとコメの飯は食卓に上がらなくなり、麦、コーリャン、アワ、ヒエなどと合わせたご飯があればよしとされるまでになった。
 ▼これは日本を戦争にひきずり出すための経済制裁に続く、アメリカの「飢餓作戦」と呼ばれる封鎖によるものであった。こうした事態は米軍の潜水艦や、関門海峡など日本湾岸の機雷封鎖によって、日本本土の穀物の後方補給地とされた満州、朝鮮、台湾からの輸送船がことごとく撃沈されるなかでひき起こされた。
 ▼戦争体験者は、敗戦後はアメリカの占領の下で、「さらにひどい食糧難」を経験したことを語っている。コメの遅配、欠配が続き、どこの家庭でも買い出しに出て、「闇米」を手に入れなければ食べていけない状況が続いたのは、いうまでもなくアメリカの占領政策によるものであった。
 ▼マッカーサーは、GHQに到着してすぐの1945(昭和20)年9月22日、「日本は産業、通商、軍事その他いかなる部門においても、完全に壊滅の状態にある。食糧供給はほとんど止まり、破局寸前の状況にある。日本が犯した罪に対する懲罰は、始まったばかりであり、長く厳しいものになるであろう」と公言し、懲罰としてこの様な状態を強いる意図を隠さなかった。GHQが貿易を全面的に禁止したことは、日本人の食糧事情を戦前の水準以下におしとどめるためでもあった。
 ▼名古屋に駐留した米第25師団長モラン少将は「連合国軍の日本占領を成功させる手段としては、まず日本の食糧不足を利用し、当面は食糧を封鎖して、日本人の抵抗意欲の抑止を第一目標とする。つまり、食糧攻めにすることだ」とのべた(中西薫著『名古屋戦乱物語』)。
 ▼モランはさらに、「(日本の)軍国主義体制を崩壊させ、武装解除が完了した段階で、徐々に米国の余剰農産物を活用し、無償・有償援助を実施して日本人に恩義を感じさせる。それまではたとえ日本農業の米麦が増産されたとしても、配給量を増加する許可を絶対に日本政府に与えてはならない」と訓示していた。名古屋では、熱田造兵廠に備蓄されていた大量の古米、小麦がすべて没収された。それは日本国内の食料難に供するのではなく、「損害賠償物資」として国外に流された。
 ▼GHQは、「闇米が出回るから、遅配・欠配が続く」などといって、買い出し列車に警察官を乗り込ませるなど、「闇米」の徹底的な取り締まりとともに、直接ジープで農家に乗りこみ、強制的に供出させることまでやった。

[戦後余剰農作物を日本に押しつけ]

 ▼こうしたなかで1946(昭和21)年、元大統領フーバーが食糧事情調査団として来日。予定どおり「食糧援助」への布石を打った。そしてこの年11月30日「ララ物資」第一便としてミルク・衣類・薬品など450トンが横浜港に到着した(写真あり:学校給食用の脱脂粉乳などの「ララ物資」第一便の歓迎に動員された横浜の子供たち)。戦後、学校給食に使われた脱脂粉乳はこの「ララ物資」によるものであった。
 ▼マッカーサーは「経済的扼殺」の成果を踏まえて、1947年2月23日、「飢餓は社会不安、混乱、暴動を生み出すに違いない。国民はどんなに邪悪な思想だろうが、食べ物を与えてくれるものに、安易に走るのだ」と「食糧援助」を本国に要請した。
 ▼こうして11月6日、「アメリカに感謝いたしましょう」と放出された輸入食糧の多くは、もともと家畜飼料で栄養値に劣るコーリャンやトウモロコシであった。それはアメリカでの市場買付け価格の二倍の高値で日本国民に押しつけられたが、「我慢して食べてもたちまち胃腸をこわす」という悪質なものであった。
 ▼「米価審議会委員」「食品流通審議会委員」などを歴任した岸康彦氏は著書『食と農の戦後史』のなかで、「フーバーは単なる慈善のために食糧援助に力を入れたわけではない。第一次大戦後、米国は大量の余剰小麦を抱え込んだ。食糧援助は飢餓救済と合わせて、米国の倉庫から、余剰小麦をへらして国際市況の低落を防ぐこと、さらには共産主義の浸透に対する防壁として農産物を利用することも狙っていた」と指摘している。
 ▼国会での感謝決議をおこなって受け入れたこれらの「援助物資」は、ガリオア・エロア基金という「見返資金制度」によるものであった。それは、物資に相当する金額を日本側が積み立てて、その30%は在日米軍基地の費用にあてるなど、資金の運用はすべてアメリカの許可を必要とした。
 ▼アメリカはそのうえに1953年、「ガリオア・エロア返済」を日本政府に要求した。そして60年「安保改訂」後の1962年、「日本はアメリカの妾(めかけ)みたいなものだから、だんなのご機嫌をとるのは当然だ」と放言した池田勇人が首相となって、4億9000万ドルの返済を実行したという屈辱的な事実も消し去ることはできない。

[60年をピークに自給率は下降]

 ▼戦後、日本の食料自給率は1960年までに79%までに引き上げられた。これをピークにそれは、下降の一途をたどっていった。そして、アメリカの余剰小麦の放出とパン食、粉食の奨励と結びついて、日本の食文化はアメリカ型にとって変えられていった。
 ▼青沼陽一郎氏は『食糧植民地ニッポン』のなかで、CIA(米国中央情報局)が1970年代に作成した食料戦略の秘密報告書に、世界的に異常気象による穀物不作が続くなら「備蓄の余裕のある穀物生産国」が生き残り、「米国は世界に対して第二次世界大戦直前をしのぐ経済的、政治的支配力を持つに至るだろう」「米国政府は食料を求める人々に対し、生殺与奪の力を持つことになる」と明記されていたことを暴露している。
 ▼こうしたアメリカの食料戦略の餌食にされてきた現実は、「食料輸入の大半を日本が依存する米国側から言えば、ゲストがホストに食い物の文句をたれるようなもので、”何を偉そうに”と侮蔑の目で見られる」(青沼氏)という屈辱的な日米の主従関係の根底に、軍事とともに食糧問題があることをはっきり示すものである。
 ▼それがTPPに貫いている(ママ)ことをだれも否定することはできない。(了)

投稿: 通りがけ | 2012年2月15日 (水) 09時57分

政権交代しても変わらぬ霞が関こそが元凶です。よろしくお願いいたします。

「野田売国政権の売国棄民政策犯罪」

【ドル買いで53兆円もの損失】
(長周新聞2012年2月17日付け(3)面記事「時評」をタイプ転載)

 ▼「円高に対処する」として、昨年10月31日に過去最高額の8兆円もの為替介入がおこなわれ、直後に安住財務相が「納得いくまでおこなう」と発言したのを受けて、本年2月10日に開かれた衆議院予算委員会の場で、自民党・西村代議士が「納得いくまでやってくれ!」とエールを送る(珍妙な:タイプ者注)場面が放映された。復興予算を出し惜しみする政府が市場にはジャブジャブとマネーを供給し、与党も野党も結託して暴走している。
 ▼日本政府が為替介入をおこなうために確保している資金枠(政府短期証券の発行限度額)は、2011年度の当初予算では150兆円に設定していたのが165兆円に変更された。円高を口実にして日本政府が日銀に借金しながら「ドル買い介入」をおこない、要するに暴落している米国債を大量につかまされている。その結果、12月末時点で日本の外貨準備高(為替介入の蓄積)は1兆2958億ドル(約98.5兆円)にもなっている。
 ▼このことについて、元大蔵省職員でエコノミストの植草一秀氏が興味深い指摘をしている。リーマンショック以前の2007年段階で外貨準備高は9136億ドルだったのだから、およそ3822億ドルほど政府がドル資産を買い増ししたことをあげ、その間の平均為替レートが1ドル=100円で、要した円は38.2兆円。2007年当時の為替レートで円換算すると当時の外貨準備高は113.3兆円であり、その後38.2兆円かけて総額にして151.5兆円を費やした現在の外貨準備高を円換算した時価総額は、ドルの暴落によって98.5兆円にまで落ち込んでいる。つまり53兆円もの為替損失になっているという指摘である。
 ▼増税を騒ぎながら為替投機で巨額の損失を出すデタラメを言い当てている。(了)

投稿: 通りがけ | 2012年2月18日 (土) 11時29分

初コメント失礼します≧(´▽`)≦ブログよませてもらってます(・∀・)ファンです(笑)活気お普段はあまりコメントはしないんですけど、結構チェックさせてもらってるのにコメントしないのもアレかなって思いまして(苦笑)今日はコメントしてみました(照)というかココログ会員じゃなくてもコメントできるんですね…知らなかった(汗)もしよかったらメアド載せとくのでメールしましょー(o^-')bなかよくしてくださいです(^ε^)♪marikoweeds@docomo.ne.jpヾ(@^(∞)^@)ノ

投稿: まりこ | 2012年2月18日 (土) 16時03分

TPPも地位協定破棄で対応可能と考えます。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝


私通りがけのいまの仕事は極東米軍の動きを報じている唯一のジャーナリズム長周新聞の、ホームページに載らない紙面記事をタイプ転載することだけでして、内容はこれまでに多くのブロガー諸氏が取り上げてこられたと同じものです(例えばGoodbye! よらしむべし、知らしむべからずさまhttp://c3plamo.slyip.com/blog/)。
ただ、極東米軍もリビア攻撃では英仏に主たる原油利権を奪われたいした戦果を挙げられなかったことで経済的に逼迫して、代償として対中国周辺有事を勃発させようと大いに焦って拙速に強行手段に出ており、それを受けた小泉以来のアメポチスパイ傀儡野豚政権(与党も野党も議員はほとんどみなスパイでしょうねwスパイでなければ直ちに地位協定破棄動議を国会に提出するはずですから)がマスゴミのマルチスピン国内報道をメクラマシに極東米軍の戦争誘導策動を隠蔽しているのが目に余るので、注意喚起のためにこのタイミングで米軍絡みの記事をタイプ転載しております。

今日は極東米軍の対中国包囲網の第一線韓国に対するアメリカの策動を記した記事をタイプ転載します(ちょっとお隣に目を向けましょう)。対韓国において日本の地位協定に代わる治外法権を手に入れようと身も蓋もなく焦っている米国の醜い姿がよく分かると思います。

>米韓FTAのISD条項の狙い【投資家利益優先で国家を無力化】
『現代農業』で金哲洙氏が指摘  "きわめて危険な制度"!

(長周新聞2012年2月15日付け(4)面記事タイプ転載)

 ▼金哲洙氏が「米韓FTAの問題点---恐るべきISD条項」という文章を『現代農業』三月号(農文協発行)に書いている。
 ▼韓国議会は昨年十二月、米韓FTAの批准を可決したが、その廃止を求める運動は引き続き発展している。金哲洙氏は、米韓FTAでアメリカが何を狙っているかをISD条項(投資家利益を最優先する国家訴訟制度)を中心にまとめ、TPPへ参加しようとする日本への警鐘としている。
 ▼韓国では米韓FTAについて、当初から政府が情報を公開せず、あたかも農業だけに被害を与えるかのように言われ、「被害補償をすればよい」とマスメディアで宣伝された。このなかで「民主社会のための弁護士会」が「米韓FTAのISD条項は、憲法を含む韓国法律を無力化するきわめて危険な法的制度」だと強く主張し始めた。
 ▼たとえば徴税について。ISD条項には、投資家(米国企業)は、韓国政府がかけようとした税金に対して「収用(強制的な取り上げ)と主張し、国際仲裁機関に訴えることができると明記されている。国際仲裁機関が「収用」と認めた場合、韓国政府は損害賠償をしなければならない。つまり国家の徴税主権を制限される。
 ▼国際仲裁機関とは世界銀行参加の国際投資紛争解決センター(ICSID)のことで、その事務総長は65年間もアメリカ人が担当しており、米国に有利な判定が下ることは明らかとみなされている。
 ▼公共サービスの民営化について。ISD条項には、投資家は、電力生産、配電、上下水道及び通信のような公共サービスを、国家に代わって国民に提供する権利、また国民が利用する道路、交通、運河建設などの基盤施設事業権を、投資契約の範疇に入れることができるとされている。こうした分野に外資が参入することができるということである。そのため「国民の生活を守るための国家の規制力が、投資家利益優先できわめて大きく制限される」と警鐘を鳴らしている。(タイプ者註:すなわち韓国民公衆の共通利益である「公益」が米国私企業投資家の私利私益追求の食い物にされるということである。)
 ▼また、学校給食も対象になる。米国企業が米国産農産物や食品をソウルなどの学校給食に供給しようとした場合、それを妨げるような行為も、あるいは地方自治体が地産地消に向けて地元農産物を優先しようとする行為も、米国企業や投資家が不利だとみなせば提訴できる。
 ▼とくにISD条項が米韓FTAの中に組み込まれていることを危惧している。というのも、単純投資契約にISD条項が含まれている場合、米国企業が韓国を提訴すると、裁判は韓国内でおこなわれるため、韓国政府がそれに応じない限り、米国政府はISDをもって貿易報復することはできない。しかし、貿易規範であるFTAに盛り込まれているISDは、国際仲裁機関で裁判がおこなわれるため、韓国政府が応じなくても、米国政府は貿易報復に乗り出すことができる。
 ▼最近、韓国の裁判所判事約170名は、「ISD条項は司法主権を侵害する可能性がある」との建議書をまとめ、最高裁判所に提出した。建議書には、米国投資家が国際仲裁機関に提訴したと同時に韓国が自動的に仲裁に同意したことになる「自動同意条項」の問題点や、米国が国際仲裁機関に大きな影響力を持ち、米国の勝訴率が100%になる可能性があることをあげ、その危険性を指摘している。
 ▼米韓FTAについては、そのほか医療・医薬品部門では、経済自由区域で健康保険適用指定制が例外扱いとなり、病院の株主または債権者に対する利益配当が許可されたことも問題視されている。現在韓国では、仁川、光陽、釜山などが先行的に経済自由区域に指定され、仁川では600病床(すべて個室)規模のニューヨーク基督長老会病院が建てられている。
 ▼そこでは医療費は経営者が決めることができ、その額は健康保険指定医療費の6~7倍で、株主の利益配当もできるようになった。それに対しても、韓国の脆弱な医療システムをかろうじて支えてきた公共性を根本的に否定するものだとして、強い批判があがっている(『現代農業』2月号)。(了)

投稿: 通りがけ | 2012年2月21日 (火) 04時24分

今日は拡散です。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

ふじふじのフィルターさまにご紹介いただいた米国の偽正義フロンティアスピリットの真実を暴露する「エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実」。
>>http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A

(>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/ftaisd-c740.html
>米韓FTAのISD条項の狙い【投資家利益優先で国家を無力化】 『現代農業』で金哲洙氏が指摘  "きわめて危険な制度"!から)

エクアドルの国士ロルドス大統領とトリホス将軍の自国民のために身を捨てた生き様に心を強く打たれました。
ご紹介くださったこのエコノミック・ヒットマンyoutubeを拡散したいと思います。

インタビュー中にヒットマンが語った「ジャッカル」の正体は、原潜から直接標的国へ不法入国殴りこみ攻撃できる米海兵隊特殊部隊NavySealsのことでしょう。youtubeがあります。

これが「ジャッカル」です。

アメリカ軍最新式原子力潜水艦(1/6~6/6)

>>http://video.excite.co.jp/player/?id=919d9b80aa3184ac&title=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%BC%8F%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%EF%BC%881%EF%BC%8F6%EF%BC%89

>>http://video.excite.co.jp/player/?id=a6ccf47791c6e17c&title=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%BC%8F%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%EF%BC%882%EF%BC%8F6%EF%BC%89

>>http://video.excite.co.jp/player/?id=eff05dc110be8dad&title=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%BC%8F%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%EF%BC%883%EF%BC%8F6%EF%BC%89

>>http://video.excite.co.jp/player/?id=aea7e6791725ce3a&title=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%BC%8F%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%EF%BC%884%EF%BC%8F6%EF%BC%89

>>http://video.excite.co.jp/player/?id=779c651717c62459&title=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%BC%8F%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%EF%BC%885%EF%BC%8F6%EF%BC%89

>>http://video.excite.co.jp/player/?id=458031b848f55fdc&title=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%BC%8F%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%EF%BC%886%EF%BC%8F6%EF%BC%89

投稿: 通りがけ | 2012年2月23日 (木) 20時06分

続きです。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「ALBA経済圏構築」

エクアドルの国士ロルドス大統領とパナマの国士トリホス将軍の自国民のために文字通り我が身を捨てた生き様に心を強く打たれました。

中南米のその後について長周新聞が最近の状況を報じています。アフリカについては残念ながら長周新聞は取材が及んでいないようですが、オバマ大統領とオバマ以前の黒人大統領候補No.1のパウエル統合参謀本部長の祖国ですから米国ジャーナリズム自身が調査することと思います。

長周新聞2月15日、2月17日、2月20日付け記事(2)面下段「国際通信」シリーズから「中南米」の項をタイプ転載します。

【貧困撲滅を促進】ベネズエラ「子供や老人支援」

 ▼ベネズエラのチャペス政府は2012年2月9日に、「社会改革事業の一環として国内の貧困問題を解決するために2011年に施行された、”ベネズエラの子どもたち”計画ならびに”ベネズエラの敬愛する高齢者”計画に登録された人の数が200万人を上回った」ことを明らかにした。
 ▼「ベネズエラの子どもたち」計画は、貧困家庭の子どもたちを支援することによって、17歳までの子どもたちの就学を促進し、貧富の格差の拡大をくいとめるためのものである。同計画にもとづいて児童手当の支給対象名簿に登録された人の数が105万1770人にのぼった。児童手当の支給額は一ヶ月につき430ボリバル(約8000円)である。
 ▼「ベネズエラの敬愛する高齢者」計画は、社会保険料を納めていない雇用主のもとで働いていたために満額の年金を受給できない60歳以上の男性および55歳以上の女性に対する年金給付を保障するためのものである。同計画にもとづいて年金の支給対象名簿に登録された人の数が103万6791人に達した。
 ▼野党勢力が貧困撲滅に向けた政府の一連の社会改革計画を「貧しい子どもや高齢者に施しを与えるもの」と誹謗中傷したのに対して、チャペス大統領は「ベネズエラの子どもたち計画やベネズエラの敬愛する高齢者計画は、著しい社会的不平等の解消を切望する貧しい人々に援助の手を差し伸べるものにほかならない」と反駁した。(了)

【中南米ALBA首脳会議】(上)
「独自経済圏作る」ユーロ危機に対処

 ▼中南米8カ国の反米・左派政府によって結成された政治・経済協力機構「われらのアメリカ人民のためのボリバル同盟(ALBA)」が2月4日と5日の二日間にベネズエラの首都カラカスの大統領府で第11回首脳会議をおこない、ベネズエラのチャペス大統領、キューバのラウル・カストロ国家評議会議長、ボリビアのモラレス大統領、エクアドルのコレア大統領、ニカラグアのオルテガ大統領、アンティグア・バーブーダのスペンサー首相、セントビンセント・グレナディーンのゴンザルベス首相、ドミニカのスケリット首相が参加した。またグレナダ、スリナム、セントルシア、ハイチの各首脳が招待された。
 ▼今回の首脳会議は、1992年2月にベネズエラのペレス政府の新自由主義政策にもとづく緊縮財政政策に反対してチャペス空軍大佐(当時)率いる将校団が反乱に立ち上がった出来事から20周年を迎えるのに符合して開かれた。
 ▼各国首脳は、ALBAを強化し発展させるために常設事務局をカラカスに設置すること、政治経済委員会を設立すること、加盟国から代表者を常駐させること、独自の経済圏である「ALBA経済地域」を二年以内に創設することで合意した。
 ▼ベネズエラのチャペス大統領は、現在のユーロ危機に対処するために、AJBA銀行に社会開発事業を支援するための基金を創設し、各国から外貨準備高の1%を拠出することを提案し、各国首脳によって承認された。(つづく)

【中南米ALBA首脳会議】(下)
「米欧の介入阻止」防衛委員会を設立

 ▼ALBA銀行は、米国主導の国際通貨基金(IMF)にとってかわり、中南米地域の経済や社会の持続的発展に寄与する銀行として2008年に創設された。域内決済通貨は、2010年に導入されたスクレ(米ドルと等価)が使用されている。ALBA加盟国間でスクレを用いた貿易取引の数が2011年に431件に達し、取引額が2億1600万ドル(約183億円)にのぼった。
 ▼またチャペス大統領は、「オリノコ川流域の油田地帯には豊富な石油資源が存在する。ベネズエラは、2012年に同油田の石油採掘量を現在の日産300万バレルから350万バレルへと引き上げる計画である。それによってALBAの経済社会開発事業の発展のために大きく寄与することができる。ALBAや中南米地域の経済的独立を守るために、オリノコ川流域の石油開発を強化することが求められる」と語った。
 ▼また国際問題に関して各国首脳は、米国の植民地にされてきたプエルトリコの民族自決権と独立権を支持する宣言、ならびにシリアに対する外国の干渉を非難するとともに政治危機に立ち向かうアサド政府の基本的立場を支持する宣言、およびイギリスが軍事演習をくり返しているマルビナス(英語名はフォークランド)諸島に対するアルゼンチンの領有権を承認するとともにアルゼンチンを支援する宣言を採択した。
 ▼エクアドルのコレア大統領は、「4月中旬にコロンビアのカルタヘナでおこなわれる米州機構(OAS、加盟国は社会主義キューバを除く中南米34カ国)首脳会議にキューバが招待されない場合、ALBAとしての共通政策を策定するために、キューバの首都ハバナで外相会議を開くことが必要である」と提案し、各国首脳によって支持された。
 ▼そして各国首脳は、米欧諸国による植民地化や軍事干渉を阻止するためにALBA防衛委員会を設立することの重要性を強調した。
 ▼首脳会議は最後に、シリアに干渉し政情不安をあおる米欧諸国の策動を非難する声明を発表して閉会した。
 ▼スリナムとサンタルシアの両国が正式加盟の手続きに入っているため、ALBAの加盟国は10カ国になる。そしてハイチが準加盟国になり、正式加盟をめざしている。
 ▼ALBAは、米国ブッシュ政府がすすめていた米州自由貿易地域(FTAA)に対抗して、2004年にベネズエラのチャペス大統領とキューバのカストロ議長を中心にして結成された、相互協力と連帯と補完の原則にもとづいて政治的経済的統合をめざす地域機構である。(おわり)
 

投稿: 通りがけ | 2012年2月23日 (木) 22時40分

今日はGHQと検察の告発情報拡散です。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

>TPPとアメリカ軍の手先検察裁判所の完全に違憲な策動(これは戦後67年間現在までそのまま続いています)についてちょうど1年前の新ベンチャー革命2011年2月28日 No.303様の「亡国の菅政権のTPPに待った!:捨て身の救世主・宇沢東大名誉教授」記事を全文転載いたします(楽だからw)。記事中のリンク先もぜひご覧下さい。
>>http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/23069493.html

>新ベンチャー革命2011年2月28日 No.303

タイトル:亡国の菅政権のTPPに待った!:捨て身の救世主・宇沢東大名誉教授

1.TPP加盟反対に強い味方現る

 TPPに反対する農協がバックについていると思われる『TPPを考える国民会議」が2011年2月24日に発足し、宇沢弘文東大名誉教授が代表を受諾したようです。

 宇沢氏は、日本のTPP加盟は日本の農業を破壊する暴挙と批判しています。なお、本ブログでは、TPP加盟は日本の食料自給率をさらに下げ、国家安全保障を危うくするとして反対する立場です(注1)。日本の農業を経済論で論じるのは間違いであり、国家安全保障論で論じるべきです。

 筆者の持論は、TPP云々より、日本の食料自給率を他の先進国並みに最低でも70%(今は40%)まで引き上げることです。日本国民の生存に不可欠の基本食糧を海外に依存するのは非常に危険です、今すでに食糧安全保障上、日本は危険に晒されています。これくらいの常識を持ちましょう、われわれ国民は・・・。

 TPPは米国に利益があるから日本に加盟するよう示唆しているわけで、日本に利益がなければ、加盟する必要はまったくありません。

2.宇沢氏のTPP加盟反対論の背景

 宇沢氏は2011年2月24日の農協新聞JAcomに菅政権のTPP前向き姿勢を批判する立場で提言を行っています(注2)。

 宇沢氏は、米国が日本にTPPを勧める思想に、新自由主義が存在することを明確に指摘していますが、ここは極めて重要なポイントです。

 ノーベル経済学受賞に匹敵する業績を挙げた大物経済学者に、ここまで、ストレートにTPPのウラ事情をズバリ指摘されたら、日本のTPP加盟を推進するよう菅総理を誘導している米国戦争屋も悪徳ペンタゴン官僚もお手上げです。

 宇沢氏はすでに80歳を超えており、彼らから恫喝されても怖くないと思います。

さて、本ブログのテーマは米国戦争屋およびそのロボット・悪徳ペンタゴン日本人です。なお、上記、米国戦争屋およびそのロボット・悪徳ペンタゴン日本人の定義は、本ブログのNo.225の注記をご覧ください。

3.宇沢氏は、米戦争屋ボスの対日戦略の真実に精通している米国通日本人

 宇沢氏はかつてシカゴ大学経済学部に在籍し、1964年には教授になっています。シカゴ大学経済学部といえば、米戦争屋ボス・デビッドRFが博士号を授与された大学であり、そのシカゴ大学自体は、RF家の創立したRF家私有の大学です(注3)。

 悪名高い売国政権であった小泉時代に竹中氏が信奉した新自由主義経済学の生みの親・ミルトン・フリードマン(ノーベル経済学賞受賞)もシカゴ大教授だったのです。

 筆者の持論では、新自由主義経済論とは、端的に言って、米戦争屋ボス・デビッドRFの世界覇権戦略を正当化する経済論(大掛かりな詭弁体系)ではないでしょうか。

 宇沢氏は日本の誰よりも、この辺のウラ事情に精通しており、新自由主義経済論の欺瞞性を見抜いているはずです、なぜなら、同氏は新自由主義経済学派(シカゴ学派)の総本山で教授を務めた実績があるわけですから・・・。

 その意味で、米戦争屋ボス・デビッドRFの属国支配戦略の真実に日本でもっとも精通するのが、宇沢氏であり、当然、米戦争屋の対日戦略の真実にも精通していると思われます。そのことは、同氏の農協新聞投稿小論文からも十分、うかがえます。悪徳ペンタゴン・マスコミが絶対に掲載できないほど過激な内容です、この小論文は・・・。

4.宇沢氏は米戦争屋の対日謀略も暴露した!

 宇沢氏の親友だった後藤という故人は有名な国鉄・松川冤罪事件の弁護士だったようですが、宇沢氏は、松川事件はGHQが日本政府に命令して起こした謀略だったと断言しているそうです(注4)。

 なお、戦後すぐのGHQによる日本占領時代から行われている米戦争屋ボスの私有諜報機関CIAの対日工作に関しては、本ブログで分析済みです(注5、注6)。

 戦後から今日まで65年間も米戦争屋CIAの対日工作が連綿と続いており、東京地検特捜部が、今日まで長い間、米戦争屋の下請け機関(一種の傭兵)として、CIAの対日謀略工作に日本人(悪徳ペンタゴン日本人の権化)として関与してきたことを、宇沢氏は暗示しています。この発言は、まさに本ブログの主張を裏付けています。

 われわれ日本人は、もう一度、1949年に起きた松川事件(注7)を振り返り、20人もの日本人を冤罪で起訴した地検特捜部の悪徳ペンタゴン日本人たちの許しがたい売国行為をもう一度かみしめましょう。

5.堪忍袋の緒が切れた宇沢氏は小沢冤罪事件の黒幕を国民に知らせようとしている

 宇沢氏は、“TPP加盟に断固反対せよ”という黙示を、亡くなった松川事件弁護士からの遺言と捉えています(注4)。

同氏は、地検特捜部の冤罪被害者・小沢氏を葬ろうとしている菅総理(米戦争屋が背後に控えている)に公然と楯突くことによって、小沢冤罪事件のルーツは松川冤罪事件にあることを国民に広く知らしめようとしていると信じます。

 一方、元・悪徳ペンタゴン政治家であった面従腹背・小沢氏は、恩師・田中角栄が米戦争屋の謀略工作の犠牲になったウラ事情に精通しています。彼は米戦争屋ジャパンハンドラーを含む悪徳ペンタゴンを打倒しない限り、田中角栄は絶対に成仏できないと信じているでしょう、そのことは、2009年暮れ、政権交代間もなく、わざわざ、新潟の角栄の墓にお参りしていることから察せられます(注8)。

 宇沢氏の敵は菅総理ではなく、その背後の米戦争屋と悪徳ペンタゴンであることは明白です。

 彼らに楯突いた大物がどのような仕打ちをされているか(注8)も、宇沢氏はすべて知っているでしょう、なぜなら、検察の闇を知る松川冤罪事件弁護士の友人ですから。

 それを承知で老骨に鞭打って宇沢氏は立ち上がったのだと信じます。

注1:本ブログNo.222『日本のTPP加盟:エンバーゴ(兵糧攻め)の国家リスクあり』2010年10月29日
ttp://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/19914670.html

注2:特別寄稿:菅政権のめざすことと、その背景 宇沢弘文・東大名誉教授、JAcom、2011年2月24日
http://www.jacom.or.jp/proposal/proposal/2011/proposal110214-12526.php

注3:本ブログNo.249『米国戦争屋ボスの研究(その1):米国覇権主義者人脈形成』2010年12月15日
ttp://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/21252286.html

注4:いかりや爆氏の毒独日記、『TPPを考える国民会議(宇沢弘文東大名誉教授が代表)が発足&地検特捜部の正体』2011年2月26日
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/d3049d0a458e8c6bbec3263c198799ba

注5:本ブログNo.250『米国戦争屋ボスの研究(その2):CIAの私的活用』2010年12月18日
ttp://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/21334116.html

注6:本ブログNo.251『米国戦争屋ボスの研究(その3):マッカーサー更迭が日本運命の分かれ目だった』2010年12月19日
ttp://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/21372898.html

注7:松川事件、ウィキペディア参照

注8:本ブログNo.64『いよいよ忠臣蔵討ち入りか:小沢内蔵助』2010年1月17日
ttp://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/6994807.html

ベンチャー革命投稿の過去ログ
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
ttp://www.elmstadt.com/news/techventure.html
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html

(転載終わり)

この情報拡散が服部氏はじめすべての冤罪被害者への強力な支援になることを信じております。


日本国民は直ちに地位協定破棄し福一石棺桶化しよう。

投稿: 通りがけ | 2012年2月26日 (日) 09時40分

【光母子殺害事件発生10余年後の最高裁死刑判決は奇形司法が犯した法治社会破壊テロ犯罪である】という視点で、発生当初から私はこの事件を捉えてきました。ここのところ以下を書いていましたが、FC2では投稿しても受け付けなくなりました。毎度のことですが。
私は先の投稿に見られるように昔から日本奇形司法の親玉最高裁のGHQへ上納する裏金作り汚職常習冤罪裁判常習(田中角栄冤罪疑獄は日本にとって最悪のものです)を知っていましたから、つねづね最高裁解体廃止を主張しておりますが、この事件を詳細に分析してもやはり同じ結論に達しました。
れんだいこ先生におかれましては何卒よろしくご吟味のほどお願い申し上げます。

1.「光市母子殺害事件とカナダ女子高生連続レイプ殺害事件との比較」(カナダde日本語さま)へ文化人類学的考察投稿(加筆あり)
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-3239.html)

日本は宮本常一氏の民俗学的業績によると万葉集山上憶良の歌に「しろがねもくがねもたまもなにせむにまされる宝子に如かめやも」と歌われたり、平安時代の絵巻物にも庶民の子供が貴族の行列見物で遊ぶ母子像で描かれているほど、古くから子供を社会の宝として民衆社会全体が慈しみ育てる国です。必然的に子供という国の宝を生む女性も太古から大事にされその社会的地位も高く女性天皇も他の国々では考えられぬほど多く輩出してきました。日本人は伝統的に婦女子の生命身体をやさしく庇護することを他の何よりも尊ぶ親子の慈愛と仁徳の躾の国なのです。男は元服し妻をめとらば子を作して家を守り国の宝として子を育て元服させることで共同体社会に貢献している一人前の社会人と認められるのです。また三つ子の魂百までというのは人間という動物の動物性を深く観察した上での人間性社会性を育む躾の大事さを説いたものです。

その日本人男性からカナダのこの事件と法の裁きを見ると、アメリカやカナダの「レディファースト」は人間の真実の仁愛に欠けた不躾なお為ごかしの嘘っぱちにしか見えません。法はあってもマナーが無い。白人至上主義者の「正義=フロンティアスピリット」の欺瞞を痛感させられます。憐れむべしは社会の存続を破壊する常習レイピストではなく殺された若い女性たちとその親です。

死刑制度の是非論とは根源的に無関係でしょう。社会文化の問題であると考えています。(了)

2.「罪なき赤児の生命を大人の暴力から守れ」

日本人の判官贔屓のはじまりである義経であるが、同時代の人々が判官贔屓を始めたのは義経本人の政治的不遇よりも腰越で静御前が義経との間にもうけた赤児を頼朝の命令で殺されたという限りない悲劇の父親となったゆえでありましょう。赤児を殺すことを日本人が昔から忌み嫌っていたためでしょうか、太閤豊臣秀吉も関白秀次斬首に連座させていたいけな子どもたちまで殺して人心を失ったことがのちの豊臣家滅亡を早めたと考えられます。今も昔も信なくば立たず。ことに日本人は赤児や幼子を金銀宝玉にも勝る宝として大事にする社会の暗黙の伝統的掟があります。

この光母子殺害事件で日本人が最も痛ましく忌まわしいと感じたのはいたいけな幼児が殺されたことでしょう。事件発生時、無抵抗の無力な保護されるべき弱者である幼児が殺されたことに生理的なほどの嫌悪感をほとんどの日本人が覚えたのではないでしょうか。わたしもそうでしたが。

私が同情するのは愛するわが子を見知らぬ水道会社社員に殺された両親本村弥生氏と本村洋氏に対してです。私も子供を殺されたら彼らと同じ心境に至ったであろうとかんがえるからです。本村弥生氏は目前で愛児の首を絞めている制服の闖入者を打ち倒し子供を救いだそうとして、逆にか弱き女性の無力につけ込まれて殺されました。

罪なき無垢で無力な子供の、大人の暴力による無惨な死。私は沖縄で米軍に轢殺された幼女の写真を思い出します。(※目で見る地位協定>>http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51424388.html>1965年沖縄 「少女轢殺」 報道写真家嬉野京子の証言 )

また、オウム真理教が初めて犯した殺人テロである坂本弁護士一家殺害事件も、同じ年頃の乳児が無慈悲に殺されました。オウムの下手人たちは捕まれば死刑であることを知り尽くした上で凶行に及んだものですが。

私が18歳1ヶ月の「社会人」という点を強調するのは、何歳であろうと社会に出て働き納税を始めた社会人には一人一人に社会を守る義務があるからです。

男女の交わりという成熟個体の生殖行為の実践生命科学的知識のある者が、赤児の首を絞めたら死んでしまうことをそれ以前の常識的知識として知らないわけがない。子供が泣き出した時点で犯人は犯行を止める意志さえあればすべての犯行を止めることができたにもかかわらず、泣き声を止めるために首を絞めた。これは明確に殺人への強固な決意すなわち明らかな故意を証明するものです。こどもが泣けば直ちにその首を絞める。この果断な決断力と冷酷な実行力に高い知略性を認めこそすれ、知能薄弱や心神耗弱は一片も認められません。そしてこの赤児殺しという犯行こそが社会の存続の根源を破壊する犯罪なのです。

社会はどのようにして続いていくでしょうか。男女が結婚してあるいは結婚せずとも出会って子供を作り育て成人させるからこそ社会は代々続いていきます。

また、どこでいかように生まれようとも子供にはなんの罪もない。日本の社会は伝統的に罪なき子供を大切に守り育てる社会です。桃太郎でも一寸法師でもかぐや姫でも鉢かつぎ姫でもみななさぬ仲の養われ子として成人し社会に名をなしたのです。子供は社会の宝であり国の宝です。

逆に、社会に出る年齢に達した者は無抵抗の弱き者の命を絶対に守らなければならない。子供を殺せばその社会は絶えてしまうからです。これが近代の法律よりも優先する古来から心身に染み込んだ勤勉日本人の勤労社会の躾の伝統だと考えています。

快楽殺人や計画殺人は顕著な常習性を示しますから現行の法律は更生可能性が非常に乏しいとして死刑判決を下すと思いますが、少年法20歳未満の規定にもとづく減刑の可能性があるとすれば、被告人の親や被告人を雇った会社の雇用責任ある雇用主が嘆願書を出して無期懲役仮釈放後の厳正な後見責任を果たす旨誓約するか否か、それを裁判所が適と認めるか否かにかかってくるでしょう。

それにつけても福一を住民に警告なく爆発させ被曝させたうえにさらに緊急避難のための自発的移動を強制的に封じた菅内閣東電保安院霞が関の、何十万何百万人もの罪なき子どもやこれから妊娠出産しようという若い女性たちを放射能のまっただ中に置き去りに被曝させた(させ続けている)国家社会の存続の生物的根幹を破壊する棄民テロの罪深さは、もはや法律でも倫理でも人智では到底はかり知れないものです。

彼ら(菅内閣東電保安院霞が関NHK記者クラブマスゴミ)に対する国民の処罰感情の強さがどのくらい大きくなるか、私には想像すらできません。

3.「自ら裁かず記者クラブマスゴミ捏造世論に裁かせる最高裁の司法欠如という最低の無能は最高裁が税金泥棒汚職組織であることを証明する。直ちに最高裁解体せよ」

厚顔の美少年さまから「罪なき赤児の生命を大人の暴力から守れ」へご返信いただき再投稿しましたので追記転載いたします。
>「少年への死刑判決で大人の殺人罪に無期懲役が下せるか」老人党リアルグループ「護憲+」ブログさま
>>http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/e/6f7fcedaeac05db0eb274f5781e40f15

厚顔の美少年さま、ご返答ありがとうございます。

>今回の場合、先ず殺人罪の少年も幼少の頃から大人(親)の暴力と情操を育む家庭環境に守られて居なかったようです。子は親と家庭環境を選べません。そのような家庭環境で性格形成も歪められ、このことが罪なき赤子の生命を奪うという暴力の連鎖を生む原因と見ます。

このご観察に同意いたします。これは米国社会で顕著に観察され指摘されるようになった犯罪心理学・境界型や犯罪型人格障害の知見と考えます。かつて凶悪犯罪が多発していたニューヨークで割れ窓理論を対症療法として導入したところ凶悪犯罪の数が統計上激減した。このことを日本の刑事司法が換骨奪胎して我が国に導入し、刑事司法行政の権力乱用が顕在化して厳罰化が起こったと考えています。

ただ、この事件に関しては「少年の犯罪に対する厳罰化」を犯罪被害者遺族本村氏が求めたものではないと最初から考えておりまして、私が最も本村氏に共感しましたのは被告人に本村氏が語った「君は嘘をついている」という言葉です。

被告人の生い立ちには同情すべき点が多々あります。彼が親から虐待を受けていたのは真実でありましょう。しかし親から虐待を受けながらも彼は周囲の他人である学友や教師にささえられて高校を卒業し就職することができた。社会が彼を納税者勤労社会人になるまで育て上げたといえるでしょう。この事実がある以上被告人はこの社会に対して恩義があると私は考えます。親からは虐待を受けながらも高校を卒業して社会人となり就職できたのは社会の見守りがあったればこそでしょう。友人や先生や雇用してくれた社長が人としての被告人を育ててくれた社会そのものです。
彼は就職して勤労社会人となった時点で虐待を加えた親を恨む以上に親の虐待から彼の命を守リ続けてくれた社会の恩義に報いるために、親に虐待されなかった他の社会人以上に人一倍強くこの勤労社会を守る責任を自覚しなければならない立場であったと私は考えます。

もし被告人が十分に内省すればこのことに気づいたはずです。気づけば、社会に守られて成人したもとは無力な赤ん坊の自分が、次代の社会を担う若い本村家の宝であり国の宝である無力な赤ん坊の命を大切に守らずに、自分の犯行(犯罪であること十分に自覚していました)を人に気づかれず完遂するためだけの理由で泣き声を鎮めるためにあやしもせず直ちに首を絞めたことが、いかに恩知らずの人の心のかけらもない鬼畜以下の所業であるか、被害者遺族(おかしな言葉です)本村洋氏にむかってではなく、自分の手にかけた無力な赤ん坊と命懸けで赤ん坊を守ろうとした母親本村弥生氏に向かって全ての心身をなげうって謝罪するはずです。

その言葉はなかった。ゆえに夫婦で大切な子宝の命を守り育ててきた赤ん坊の父親本村洋氏は、年齢の近い被告人少年に向かって同じ勤労社会人男性として「君は嘘をついている」と語ったのです。

刑法は勤労社会を犯罪の被害から守るために定められたものです。そして勤労社会の根源である家庭を破壊する性衝動犯罪を完遂するために赤子を殺すというさらに最悪の鬼畜にも劣る犯行に手を染めたことに内省で気づかず真の反省が見られない(更生可能性が非常に乏しい)勤労社会人犯罪者に対して、法は情状酌量できず死刑を言い渡すでしょう。

これが本村洋氏の「法が裁かないのなら(同じ社会人男性として)私が裁く」という言葉になったのだと考えて、共感した次第です。すなわち本村氏は怨念を晴らすためではなく社会を守る正しい司法が行われることを求めただけである、と考えています。

よって、先のコメントで
「少年法20歳未満の規定にもとづく減刑の可能性があるとすれば、被告人の親や被告人を雇った会社の雇用責任ある雇用主が嘆願書を出して無期懲役仮釈放後の厳正な後見監察責任を果たす旨誓約するか否か、それを裁判所が適と認めるか否かにかかってくるでしょう。」
と推敲して述べた次第です。

長文失礼いたしました。(転載終わり)

4.「日本奇形司法の首魁最高裁を直ちに弾劾解体せよ」

>今回の裁判結果を受けて被害者の遺族(本村氏)は記者会見で、「今回の判決で勝利者は居ない。このような犯罪が発生したことが社会の負けです。」と述べていました(厚顔の美少年さま)

私はこの言葉を、三審制司法の頂点最高裁が法に基づいてみずから裁こうとせず徒に高裁へ差し戻して刑事裁判の至上命題である迅速性を損ない、その間記者クラブマスゴミに世論を煽る偏向報道をさせて差し戻し審に死刑判決を心証誘導し、長期間にわたって関係当事者の精神的苦痛をいっそう倍加させた。
また裁判所自体が少年法に振り回されて各裁判で充分な審理を尽くさない判決をくだし、被告人少年の自分が犯した罪に対する内省の機会を結果として奪い、その被告人に法が適正に執行されないため真摯な反省や改悛の情が生まれた様子が見られぬことが、赤子の父親遺族本村洋氏と弥生さんの遺族ご両親をさらに長期にわたって精神的に苦しめる事態を惹き起こした。

このように犯罪そのものから受ける精神的苦痛被害よりも、犯罪を正しく裁けない司法制度の無能、奇形司法に長期間苦しめられる被害を被った当事者のひとりでありまっとうな勤労社会人である本村氏が、本当は「社会の負け」ではなく法を正しく司る能力に欠けた無能なる最高裁が18歳いち社会人の刑事凶悪犯罪に負けた「奇形司法の負け」を、遠まわしに婉曲に表明した言葉なのではないかと考えます。

私は本村氏と同じいち勤労社会人納税者一般人主権者国民としてつねづね最高裁は解体されるべきであり、現職過去職ともに最高裁裁判官は全員ただちに弾劾懲戒罷免に処断すべきと考えています。(了)

投稿: 通りがけ | 2012年2月27日 (月) 16時48分

今日は持論です。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

【国際法違反の地位協定を直ちに破棄し福一石棺桶化に着手しよう】

>「裏マニュアル ~イカサマ「検察審査員選定クジ引きソフト」」Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま
【 追記:そういえば、連携の一環?、不穏な動き(ブラフ)で周辺を動揺させようとmofが焦り始めた・・ 】
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/02/post_2305.html#add

追記について。

違うな。最高裁事務総局にしても財務省にしても日本国憲法のウラをかかなきゃなんにもできない。バレたらオシマイの哀れな低能違憲サルどもだよ。その違憲猿どもを回しているサル回しがちゃんと日本国内に居るんです。↓参照よろしく。

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」さま
「首相官邸に陣取り原発対策に猛烈圧力をかけていた「米アドバイザー」が、やっと離任した!」
>>http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/fca980210f8f2f7d2ac670d75b7d7b70

> チャールズ・カストー氏ら専門家チームが、菅直人首相ら当時の閣僚らの猛烈な拒否を押してアドバイザ首相官邸に乗り込み、「一室」を確保して陣取り、あれこれと命令していたことは、内々にはよく知られていた。
 これは、駐日大使館のルース大使の発案で実現したもので、菅直人政権~野田佳彦政権に至るまで、「日本の原発行政」(福島第1原発大事故対策~全国54基の原発管理~今後の原発政策)が、米国の厳重な管理下に置かれていたことを物語っている。
 すなわち、「米オバマ政権→米原子力規制委員会(NRC)→駐日大使館ルース大使・駐留米軍横須賀基地「第7艦隊司令部」→「日本管理委員会」対日工作担当者マイケル・ジョナサン・グリーン戦略国際問題研究所日本部長→首相官邸内「アドバイザー」(チャールズ・カストー氏ら専門家20人前後)→菅直人首相、野田佳彦首相」という関係図が成立していたのである。<

こいつら猿回しは全員極東米軍軍人であり、日米地位協定によって外交官でもないくせに日本国内のすべての無恥無教養な恣意的犯罪行為に「米軍公務」との名目付けして、日本国憲法を真っ正面から破って戦争非人道行為までやりたい放題の、平和時外交官特権をはるかに凌駕する無限の青天井の治外法権特権をふるっている。

非戦時の平和条約締結国際関係においては、こいつら合衆国軍人猿回しどもが日本国首相官邸という国家統治の最高機密中枢機関に何らの国際外交的交渉も入国儀礼もなく乗り込んで、日本の霞ヶ関スパイ官僚法匪猿どもを回して巨額の基地利権や原発利権を根こそぎかっさらっていく泥棒行為はまさに宣戦布告した敵国に対する戦争略奪行為であり、合衆国と平和条約を結んでいる日本に対する米軍の戦争行為は完全に国際法違反、国連安保理決議違反の非人道戦争犯罪にほかならない。

合衆国軍法にのみ従い軍法の敵国占領統治規定である日米地位協定で、たとえこの先日本国国民を皆殺しにして日本国領土を略奪し尽くしても「米軍公務である」と済まして平然と無罪を主張する戦争の狂犬在日極東米軍を、地位協定を破棄してその邪悪な牙治外法権を奪い、日本国憲法に従って対等国間の平和外交交渉で粛々と全在日米軍を一人残らず日本国領土外へ退去させ、ひいては北米大陸米国本土までご帰還いただくことこそが、平和を希求し不戦の誓いを立てた日本国の全世界に対して責任を果たす有言実行なのである。

美しい海に囲まれた豊葦原瑞穂の島とそこに住む平和を愛する日本人同朋を守るために、日本人はなににもましてただちに地位協定破棄と福一石棺桶化を日本人自らの手で実行しよう。

投稿: 通りがけ | 2012年2月28日 (火) 17時48分

田中角栄以外に国会議員に国士はいない(もちろん空前絶後だから当然の既知の事実でしょうが)ので、高杉晋作の如き人民のまっただ中に居る日本人一般民衆国士による地位協定破棄と福一石棺桶化を呼びかけております。ご吟味の程何卒よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「一般民衆国士による地位協定破棄と福一石棺桶化」

>「自民がケツ捲くってきた ~第2次憲法改正草案」(Goodbye!よらしむべし、知らしむべからずさま)
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/02/post_2306.html

バカだな自民党、つうかアメポチスパイ憲法改正運動家全員w

戦後日本国憲法発布以後も以前も存在する日米地位協定という敵国日本占領統治規定によって、日本国憲法が国内で実効性を持ったことは戦後67年間に一度もない。常に日米地位協定の青天井治外法権という法効力が日本国憲法をキャンセルして日本国統治の最上位にあるのである。

もし現在の国際的実情に合わないとすればそれは一度も守られたことがない日本国憲法ではなく、戦後67年間常に日本を実効統治してきた日米地位協定の存在そのものが現在の国際事情に合ってないという証明であり、破棄すべきは日本国憲法ではなく日米地位協定の方であるのは火を見るよりも明らかである。

日本人一般民衆国士は直ちに国民主権を行使して国民投票で日米地位協定を破棄し、かつ世界最高の民間科学技術力を結集して福一石棺桶化を一般民衆国士自身の手で直接断行しよう。

投稿: 通りがけ | 2012年2月29日 (水) 20時09分

拡散です。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「地位協定破棄して日本国憲法改正」

>「自民がケツ捲くってきた ~第2次憲法改正草案」Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/02/post_2306.html

日本国憲法の不備というエントリーテーマですので、私が考える日本国憲法の不備について述べたいです。

私は日本国憲法はほぼ完成形だと思っています。聖徳太子の「和を以って貴しとなす」「万機公論に決すべし」の十七条憲法の精神がほぼ全面的に真髄として含まれているからです。聖徳太子は「篤く三宝を敬え」にみられるように仏教徒であり、同じ仏教徒のガンジーの言葉と通じるところが多いですが、仏教の修行者としてはガンジーをはるかに上回る悟りを体得していたと考えられます。

話が横道に逸れたので修整します。私には日本国憲法に付け加えたら今よりもっと完成形に近づくと考える条項があります。それは「善きサマリア人の法」条項です。これを加えることによって正当防衛の権利が憲法に付与される。国家の正当防衛としての危機管理が憲法によって認められることになり、小沢氏の言う危機管理条項不在が解消されると考えます。
そしてこれがあれば防衛戦力を保有して永世中立国宣言もできますし、日本上空をミサイルが飛行しているのを認めて他国が攻撃を受けぬよう日本上空で自国のミサイルでこれを撃ち落としても他者を危険から守る善意から発した行いだから憲法違反になりません。

まー憲法条文に関しては義務教育の社会科で習っただけの私ですが、それだけでもう何十年も日本人勤労社会人をやって来ましたからね。実践法知識経験は充分でしょう。

(以上、ふじふじのフィルターさまの
「2012年3月 1日 (木)
第2回小沢一郎勉強会で、日本国憲法にはいろいろ不備があるとわかった。」
>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/2-be63.html
に投稿したコメントにちょっと加筆したものです)

追記:
私が合衆国憲法の下で結ばれた日米安保条約本体ではなく、米国軍法の敵国占領統治規定である日米地位協定のみを破棄せよと主張するのは、アメリカにおおっぴらに対日本宣戦布告をさせるきっかけを与えないためです。
小泉政権時代にアメリカに宣戦布告されて侵略蹂躙占領されたイラクやアフガニスタンの覆轍を踏まぬように。

日米地位協定の国際法違反、安保理決議違反は明らかですから、安保条約の規定にかかわらず日本国はフィリピンが米比基地協定を国会で一方的に破棄決議したとおなじように、日米地位協定を一方的に破棄できます。

今アメリカの白人至上主義の武器商人たちは911後に宣戦布告したアフガニスタン・イラクにつづいて、イランに宣戦布告しようとしています。
>「欧米はイランの言う事に耳傾けず一方的に核疑惑を叫ぶ」神秘の杜さま
>>http://ameblo.jp/mo-014925/entry-11181142467.html
これは先のリビア侵略で英仏両国に石油利権を先取されて白人至上主義悪徳ペンタゴンが十分な略奪ができなかったため、対中国戦争開戦までのつなぎの侵略標的としてイランに狙いを定めたものでしょう。

そして、集団自衛権を日本国憲法に書き込ませる米軍人工作員による国会工作を急ぐのは、この対イラン開戦時に自衛隊を米軍の弾よけとして最前線に送り込むためと考えられます。

また同時にこの国会工作によって国会での地位協定破棄決議を動議すらさせないように抑え込む目的もあるでしょう。

たとえ一度でも自衛隊が外国領土で武器を使用して外国の人々を殺傷すれば、その瞬間からもはや日本は平和憲法国家ではなくなり、アメリカと同じうす汚い戦争犯罪国家となってしまいます。

また未曾有の震災と放射能拡散テロ官災からの憲法に基づく復興も米軍が地位協定治外法権で強圧して弾圧妨害しています。

事態は切迫していますが、国会は小泉に破壊されてまったく機能しないとすれば、国民が主権を行使できるのは国民投票しかありません。

国民投票は市町村住民投票の総和ですから、まずは米軍基地被害に苦しむ沖縄県の市町村と本土(地方差別感満載ですが単に地図上の言葉として用います)の米軍基地所在市町村で日米地位協定破棄の住民投票を行い、賛成票数反対票数を改変できぬよう厳正厳密に記録して積み上げてゆけばよいと考えます。これは国民主権を謳う日本国憲法に照らして完全に合憲ですから。

「世界平和を守り、世界中の人々を悪徳ペンタゴンが策謀する戦争殺人の被害から守るために、扶桑の島々に住み平和をなによりも貴ぶ日本人はただちに日米地位協定を破棄しよう」

投稿: 通りがけ | 2012年3月 3日 (土) 05時09分

【野田政府史上最悪の憲法違反】と考えました。何卒よろしくご吟味のほどお願い申し上げます。とおりがけ拝

▼「事態の切迫」▼Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさまへの投稿
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/02/post_2306.html

先に
>>たとえ一度でも自衛隊が外国領土で武器を使用して外国の人々を殺傷すれば、その瞬間からもはや日本は平和憲法国家ではなくなり、アメリカと同じうす汚い戦争犯罪国家となってしまいます。

また未曾有の震災と放射能拡散テロ官災からの憲法に基づく復興も米軍が地位協定治外法権で強圧して弾圧妨害しています。

事態は切迫しています<<

と述べた「▼事態の切迫▼」とは長周新聞2012年2月22日付(2)面からタイプ転載した次の報道事実による「切迫」であります。

【陸自南スーダンへ】石油利権狙うアメリカの要請
    PKO派遣「危険な紛争地帯」
 ▼野田政府が国連平和維持活動(PKO)として陸上自衛隊を派遣しているアフリカの南スーダンでは、昨年7月の独立以前からの紛争が継続している。安全確保ができないことを理由に、ロシアのPKO部隊は4月1日までに完全撤退することになった。自衛隊の施設隊の主力約120人は20日に現地入りした。紛争地といえる南スーダンへの自衛隊派遣は、現地の石油資源の利権を持つアメリカの要請であるため、いかに危険であろうと政府は派遣中止はおろか、一時見合わせの命令すら出すことができないありさまだ。▼(以下略、記事全文はここの前コメント中にあります)

この完全武装のロシア「軍」すら撤退する危険な紛争地帯への陸自派遣が本当にPKO(国連平和維持活動)といえるでしょうか。小泉の詐欺口舌をもってしてもそんな見え透いた大嘘は口にすらできないでしょう。

これこそが、日本の自衛隊に危険な紛争地帯の戦場で血を流させて、日本国内世論に火をつけて記者クラブマスゴミに扇情報道させ、第九条を破棄してアメリカ軍の戦争に日本が自発的に自衛隊を参戦させる集団自衛権を是とする世論形成工作の、第一段階に着手する狙いを密かに含む策謀国アメリカの要請に基づく、日本国現行憲法違反を犯す偽のPKO派遣なのです。

派遣先の南スーダンで日本人にしろスーダン国民や南スーダン国民にしろ戦場に持ち込まれた「武器(殺人専用機械)」で人の血が流れれば、アメリカの思うツボにはまってしまうことになりかねません。流血に対して激情するのは人間をはじめ動物の本能ですから、これを流血発生後に鎮めることは容易なことではない。

そもそも陸自は工兵隊を有し日本国内では災害救助派遣の先頭に立つ立場です。日本国内が大震災からの復旧に難渋している今まさにこの時に、遠く海外の紛争危険地帯に陸自を優先的に派遣しなければならない国内事情はひとつもない。未曾有の災害に国民が苦しんでいるまさにこの時に、日本国現政府はいったい何をやって居るのか。

この陸自海外紛争危険地派遣こそまさに露骨きわまる憲法違反売国棄民テロ政策戦争犯罪の最たるものであり、仮にも陸自が巻き込まれて戦争の当事者になれば現政府の犯した罪業の罪深さはアメリカ軍と並んで人類史上最悪と呼ばれることでしょう。

【日本国民はただちに地位協定を破棄し、ニセPKOで紛争危険地帯に追いやられた陸自隊員を全員ただちに日本へ撤退帰国してもらいましょう】

投稿: 通りがけ | 2012年3月 3日 (土) 16時30分

地位協定破棄して独立しようと題して拡散中です。ご吟味のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝


【防衛省官僚による裁量防衛行政執行はすべて憲法違反の国家反逆行為である】
【官僚による違憲行政執行法令策定をひとつも違憲立法審査しない憲法違反の最高裁をただちに弾劾解体せよ】

≫防衛省主催「日米同盟」シンポジウムというのがあるそうで孫崎氏も議論に参加するようです。
≫https://twitter.com/#!/magosaki_ukeru
http://t.co/F751FUKg
≫日時:3月22日(木) 14:00~17:00、場所:UDXシアター、
≫テーマ:米新国防戦略指針と在沖米海兵隊の意義 
≫~普天間飛行場移設問題の展望~、
≫プログラム:基調講演― 長島総理補佐官>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-16e3.html#comment-69449249

>プログラム:基調講演― 長島総理補佐官

▼国防と外交一体の国家の最重要問題なのに、総理自ら国会に出てきて自分の言葉で国民に説明するのではなく、補佐官というちんけなどうでもいい官僚職に講演会で説明させる。
▼ヤラセ公聴会やヤラセ国会の官僚答弁とおんなじですね。官僚がしゃしゃり出て説明する行為は行政による憲法違反の越権犯罪です。
▼野田はほんとに卑怯卑劣な嘘つきです。

>テーマ:米新国防戦略指針と在沖米海兵隊の意義 
~普天間飛行場移設問題の展望~

▼国策の説明としてやるならこそこそせずに国会で堂々と全国民に向かって総理自らやるがよい。それこそが憲法が定める政治家の侵すべからざる「神聖な責務」である。
▼こんな国のとんでもなく狭い片隅でこそこそとしかも防衛省が記者クラブマスゴミと示し合わせて報道させないような、幼稚で愚劣な「こうえんかい」でごまかすことこそ、日本国憲法違反の最たる国会無視という「総理の犯罪」であることを、いち勤労納税者主権者国民としてここで明確に断罪しておく。
▼これこそまさに本来国会で国民の負託を受けた国会議員が誰でも告発弁論しなきゃならないことそのものなんだが、誰一人として国会での「神聖な責務」を果たさない今の日本の国会議員はみな憲法違反の背任罪議員歳費横領罪の汚職犯罪者だね。
▼こんな憲法違反の売国奴どもだらけの政府に命令されて、我が日本国同朋国民の陸自隊員が100人以上も南スーダンの紛争危険地帯に送り込まれて飛び交う銃弾の標的にされたとは。
▼この憲法違反政府のニセPKO海外派遣は、人間として許しがたい極悪卑劣な国家権力濫用犯罪である。

参照:「辺野古に拘ってるのはニッポン、官僚のメンツ ~上院軍事委は嘉手納統合」Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/03/_20120223.html


【政府はただちに南スーダンへ派遣した日本国同朋陸自隊員全員を「名誉ある撤退」を宣言してロシア国軍同様に紛争危険地帯から完全撤退帰国させよ】

投稿: 通りがけ | 2012年3月 4日 (日) 07時38分

先生のお力で我らが同朋陸自隊員の命をお守りください。とおりがけ拝

《死の商人ユダ金はいかにして日本を戦争に引きずり込むか》

【在日米軍が日本を守っているだなんて、アリエナイザーです。】ふじふじのフィルターさま
>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-16e3.html

>> ▼最近、日本国内での米軍の動きが目立ってきましたよね。茨城空自百里基地での日米合同訓練、岩国を米海兵隊の拠点司令部にする動きとか。
▼何か事件を捏造して戦争に引き込まれる危機が迫っているのではないかと危惧しています。<<(▼は転載者註)

非常に正しい直感だと脱帽します。やはり聞こえの大君や卑弥呼に見られるように日本女性の神秘的能力は男の及ばざるところでしょう。

その直感に基づいて「人間ではない」白人至上主義者悪徳武器商人ユダヤ金融ロスチャイルドの今後の日本国「黄色い猿の島国」に対する具体的策謀が何かを推理してみましょう。

彼らは極度のオポチュニストであり、常に現状を分析して相手の弱点を探り出し、相手がつけ込む隙を見せたとたんにそこへすかさず攻撃を仕掛けてきます。失敗しても攻撃者は正体がばれないように完全極秘の秘密保持証拠隠滅能力を持った軍の最精鋭の特殊部隊を使いますから証拠を残さない。ゆえに何度でも別の場所へ繰り返し攻撃が可能です。NavySealsはそのために存在するジャッカルです。

いま日本が戦争に対して無防備な隙だらけの姿を見せている場所が南スーダンです。
銃弾が飛び交う戦場のまっただ中に戦争経験のない日本人自衛隊員が、スーダンに軍事力で平和を築こうという実現不可能な日本棄民テロ米政翼賛会政府の美辞麗句にだまされて、紛争危険地帯へ憲法違反強制派遣されているからです。

私は今後の米政翼賛会自公民馴れ合い国会で、もし野田谷垣秘密会談での憲法違反打ち合わせ合意国会運営中想定外の突発事態がおこり、自民党の集団自衛権改憲案が通過に難渋する様子が見えたら、すかさずそれに呼応して米軍特殊部隊がスーダンまたは南スーダン国内のスーダン人武装勢力を偽装して、日本の自衛隊に殲滅的攻撃をかけて日本人陸自隊員を無差別大量殺戮する命令を悪徳米国ユダ金がくだす、と推理します。

スーダン人の平和のためにスーダンへ行った専守防衛の自衛隊がスーダン人武装勢力(実態は米CIA配下の米軍特殊部隊が偽装したものですが)によって攻撃され日本人同朋隊員に多くの死者を出して全滅したとなれば、日本国内の民衆の復讐心に一気に火がついて、第九条のいや日本国憲法の真髄「国際紛争を解決する手段としての武力(軍事力)行使を永久に放棄する」は、同朋が流した血に対する復讐に燃えた(そのようにユダ金の命令を受けた米政翼賛会マスゴミがあおります)民衆によって弊履のごとく捨て去られることでしょう。

ちょうどユダ金の一味ルーズベルトが、事前に知っていながらハワイには日本軍の接近を知らせずに宣戦布告前の奇襲攻撃の犠牲にして、米国内の対日戦争厭戦気分を吹き飛ばし「リメンバーパールハーバー」と復讐心をかき立て米国民を対日参戦煽動したと同じように。

またブッシュが911攻撃直後に小学校で「多発テロ攻撃だ」とうっかり断言してぼろを出した対テロ戦争開戦米国民煽動策謀もこれと同じ構図です。(貿易センタービルからユダヤ人が総退去後に攻撃が行われたことはあまりにも有名な事実です)

我が国でいえば関東軍の偽装策謀である張作霖爆殺テロがありました。これは維新以後欧米軍事政権軍略の手口をまねることで間接的にユダ金の影響を受けています。さすがにすぐに見破られましたがそれは彼らが本家本元だからです。

このようにユダ金による戦争の策謀はローマ時代以前から常に休むことなく行われています。彼らは武器を高値で売るために常に戦争がつづくことを求め、両方に武器を売りつけて他人の戦死で二倍三倍の儲けをあげているのです。

我らが同朋陸自隊員の命をユダ金の魔手から守るために

【政府はただちに憲法違反をやめて、南スーダンへ派遣した日本国同朋陸自隊員全員を「名誉ある撤退」を宣言してロシア国軍同様に紛争危険地帯から完全撤退帰国させよ】

この推理が正しいという根拠は、「マスゴミが米軍関連の事実を報道しないメディアスクラムを組んでいる」という現実によります。

なぜマスゴミは報道しないか?

その理由は、米軍と米政翼賛会はフィリピン上院が米比基地協定を一方的に破棄した前例にならって、日本国民日本人が反米世論を沸騰させ国会が日米地位協定を破棄批准停止することを最も恐れているからです。

地位協定破棄したとたんすべての在日米軍は治外法権を失い基地敷地外での行動の自由をすべて失うからです。外出するには入国ビザ交付を受けねばならず外国人登録しなければ米軍公務といえども一歩も基地外へ出ることができない。
地位協定存在下のようにビザなしで出れば日本国官憲に逮捕されスパイ容疑で厳重に取り調べられます。首相官邸へ密かに米軍軍事顧問を送り込んで一室を占拠することなど夢のまた夢となります。

そうなれば米軍治外法権のおこぼれに預かろうとたかってちぎれんばかりに尻尾を振ってすり寄っていた米政翼賛会も根っこが腐って枯れ果てるのみとなります。

これが本当の霞が関改革です。

【日本人はただちに地位協定破棄し、日本人の総力を挙げて福一を石棺桶化しよう】

投稿: 通りがけ | 2012年3月 5日 (月) 00時21分

続きです。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

《ユダ金は悪魔教教祖》

「AIJ企業年金の損失は氷山の一角:日本経済の回復なしには・・・」いかりや爆氏の毒独日記さまから連続4題転載(加筆)
>>http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/1231f3f3119203f2467fb9e57e721328#comment-list

円包囲網の絞り綱を握る者の正体 (通りがけ)
2012-03-05 01:18:30

>>②円高に関して<<

小泉以前の米政翼賛会による米軍への裏金流出は10兆円以下、せいぜい数兆円程度でしょう。翼賛会へのキックバックも5%から10%程度として多くとも1000億円くらいでしょう。

小泉竹中売国詐欺師時代に郵貯を流出させて10兆円を超え数十兆円のレンジに跳ね上がったと見ます。キックバックも1兆円に近づいたでしょう。

キックバックを減額すると翼賛会の内部に反米の敵対心が芽生えますから減額はできない。
しかし流出してくる裏金は多ければ多いほどよろしい。それならキックバックの目減り分を上回るほど円高誘導すればよいということに簡単になりましょう。そしてこれができるのは米国の奥御殿に巣くう悪徳ペンタゴンユダ金死の商人だけではないでしょうか。

その円高で東洋の海に浮かぶ小さな島に住む働き者のジャップが米政翼賛会スパイごと全滅しても、あるいは原発事故の放射能汚染が原因で円高攻撃と相まって日本全滅しても、もともと原爆投下と焼夷弾都市空襲で日本中の非戦闘員一般市民を皆殺しで全滅させようとした「金がすべて」の白人至上主義者ユダ金なら、そんなことは歯牙にもかけないであろう。

拝金真理教の狂信者にとってはどんな悪徳の限りを尽くそうと金さえ手に入れば後はすべて用無しなのであり、誰よりも多く金を盗った者が世界中で一番偉くなって、すべての権力を総取りする。

エルピーダも白人至上主義悪徳ペンタゴン死の商人ユダ金の私利私欲徹底追求にもとづく円高為替市場操作の日本人犠牲者でしょうね。

アメリカンドリーム (通りがけ)
2012-03-05 01:40:19

白人至上主義ユダ金悪徳ペンタゴン死の商人が支配する国では、詐欺でもテロでも薬物でも芸術技術の盗作でも訴訟でもなんでもかんでもありありの、どんな汚い手を使っても最後に金をその手に握った者が総取りの勝利者となる、徹底的な拝金真理教の国です。拝金絶対至上主義、それこそがアメリカンドリームの真実の姿ですね。

合衆国大統領選挙の悪徳 (通りがけ)
2012-03-05 02:24:12

金を他の競争相手の誰よりもたった1セントでも多くその手に握った者が総取りの勝利者となるアメリカンドリーム。

これが真実だとわかるのが合衆国大統領選挙です。どんな汚い手を使っても獲得した選挙人の数が相手より一人上回っていれば総取りで大統領になれる。珍妙なシステムですが、アメリカの真の支配者ユダ金の習性でそうなっています。ユダ金はアメリカの国内法も自分の思い通りに作りかつ壊すことができるのです。
これで先住民虐殺略奪のフロンティアスピリットを合衆国憲法が認める正義であると謳って、人間として最悪の悪徳を厚化粧の美徳の装いに偽装しているのです。

特許と著作権は拝金真理教白人至上主義アメリカユダ金が作った人類の叡智への侮辱 (通りがけ)
2012-03-05 02:40:02

第二次世界大戦までアメリカより新しい国はほぼなかった。古い国々はすべて伝統的な技術と文化を育んできていた。
新参の略奪強盗国家が作った特許制度と著作権制度でその各国独自の伝統の技術や学問文化が根こそぎユダ金に盗まれた。

現代アーチストでただひとりその秘密に気づいて芸術制作で発表したジョンレノンは銃の国のアメリカ人に射殺された。

投稿: 通りがけ | 2012年3月 5日 (月) 13時34分

続きです。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「人の手で隠されたもので顕れないものはない」

さて持論はまだまだありますが南スーダンの我が同朋陸自隊員に切迫する生命の危機を思うと、野田政府の米軍奴隷志願政策の度を超した売国意図を叩きつぶさずにはいられない。

日本クソ政府はただちにロシア軍撤退帰国を決めたロシア政府にならって、軍隊ではなく専守防衛の災害救助活動専門陸上自衛隊を日本国へ撤収帰還させよ。

絶対に平和憲法国の日本人をユダ金「死の商人」の戦争策謀の標的に決してしてはならない。

ユダ金「死の商人」がいかに戦争中の双方へ武器を売却することで巨額の金を血に汚れた手でつかんでいるか、長周新聞2012年3月2日(1)面下段記事からタイプ転載する。

【ボロ儲け続ける「死の商人」】
  2010年の売上高
 ▼スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は2月27日、2010年の武器製造企業の売上高について、中国を除く世界の上位100社のリストを発表した。売上総額は同研究所が統計をとり始めた2002年以来、最高を記録した。
 ▼世界経済が新自由主義の破綻で未曾有の金融危機に陥る中で、「死の商人」だけはボロ儲けしている。
 ▼100社の総売上高は4111億ドル、伸び率は前年比1%で、2002年に比べると60%増えている。上位100社のうちアメリカに本社を置く軍需独占が44社で、総売上高の60%を占めた。
 ▼首位は、米国のロッキード・マーチンの357億3000万ドル、2位が英国のBAEシステムズの328億8000万ドル、3位が米国のボーイングの313億6000万ドル、4位が米国のノースロップ・グラマンの281億5000万ドル、5位が米国のジェネラル・ダイナミクスの239億4000万ドルとなっている。
 ▼日本の軍需独占では三菱重工業が25位と最高位で29億6000万ドル、IHIが57位で13億3000万ドル、三菱電機が64位で11億6000万ドル。三菱重工業の武器売上高は前年比で5%も伸ばしている。(了)


タイプ者註:「記者クラブマスゴミに絶対箝口令を布くことで浮かび上がるユダ金【死の商人】の悪魔の狙い」

これはたぶん武器本体の売り上げであろう。消耗品である弾薬の売り上げを加えれば売り上げは会社によっては数倍に上るところも出るはずである。

武器と弾薬は道具として使用することで地上に決して何も生産せず、ただ破壊と殺人のためにだけ存在する。こんなものを商売して金を得ることが楽しいのならそれは殺人狂破壊中毒のこの世の悪魔そのものである。

今年のアメリカ国内の銃の売り上げは史上最高で、今アメリカ国内の銃保有総数は世界中のどの国の軍隊の保有する銃の数よりも多いそうである。弾薬の売り上げを加えるとどれだけ武器産業(産業じゃないが)が座してもうけているか推測しきれない。

日本が世界に宣言した核禁止三原則(佐藤栄作首相)武器輸出禁則は,憲法も一度も改正されていないのにいったいどこへいったのか。野田と同じく日本政府も常に自分の言葉を裏切って国民を欺き続けているのである。

ユダ金の手先で米軍に隷従盲従する記者クラブますゴミが一切国内報道しないというこの事実にこそ、日本を奴隷支配する絶対拝金白人至上主義選民妄想狂ユダ金「死の商人」の日本全土蹂躙略奪の悪魔の狙いがくっきりと現れているのである。

投稿: 通りがけ | 2012年3月 6日 (火) 18時36分

東大出身の売国奴政商の汚職から日本奇形司法の成立を考証しました。よろしくご吟味くださいますよう何卒お願い申し上げます。とおりがけ拝

「日本の奇形司法を作った東大出身者による国有財産私物化汚職談合」

トロンをMS(まさにユダ金直系の特許と訴訟で盗み尽くす米国悪魔企業)に売り渡したあの売国奴孫正義が、未曾有の大災害被災中のいまも性懲りもなく(懲りるわけないかw)私利私欲のためにアメポチ霞ヶ関と談合する売国政商の浅ましさをさらけ出したという記事があります。全文正しい事実なので全文転載させてください。全く、見渡せば東大は文系も理系もまさに売国奴輩出大学と化していますね。
あの日本国憲法に定められた最高裁の責務である違憲立法審査をかつて一度も行ったことがないという日本奇形司法も、東大法学部が作り出しました。

>【癒着】SBと霞ヶ関天下り役人を結びつけた「プラチナ電波」
神秘の杜さま>>http://ameblo.jp/mo-014925/entry-11183431302.html

2012-3-5、オリーブニュース「ニュースクリップ」より:<プラチナバンドはオークション制にするべき>

総務省は2月29日、「プラチナバンド」と呼ばれる700~900メガヘルツの周波数帯のうち、▼  900メガヘ ルツ帯の周波数電波を、ソフトバンクモバイルに割り当てる  ▼と発表した。
割り当てに申請していたのは、「ドコモ」、「KDDI」、「ソフトバンクモバイ ル」、「イー・アクセス」の4社だった。
このプラチナバンド帯では、電波が建物など障害物を迂回して伝わり、つながりやすく音質も格段によくなるそうだ。

この夢のようなすばらしい900メガヘルツ帯は、携帯会社へ割り当ての決まる前には、タクシー無線や陸運会社、自治体の防災業務センター など▼ (財)移動無線センター▼(http://www.mrc.or.jp/top/center/ )が提供するMCA無線サービスが使っていた。
今回も周 波数の再編はするが、依然としてこの900メガヘルツ帯に留まることになっている。
▼しかもこの無線は災害時でも北海道から沖縄まで通信で きるという、強靭なサービス網を持っている。▼

これを使っていれば、福島第一原発事故のときも、オフサイトセンターと政府幹部と連絡が密にとれたはずだし、 住民の避難時にも役立っただろうが、実際は連絡が行き届かず、住民に被曝させてしまった。
国は、この周波数帯を有効に使っているとはいえないし、少数の無線局が占有している状態だ。

さらに、
周波数移行で入る2100億円(競合した時の上限)のうち、270億円が国の収入とはならずに、この▼ (財)移動無線センターに入るのだそうだ。▼
(11月24日 オンザウェイジャーナルvol344,町田徹) 

それもそのはず、ここは総務省が取り仕切る財 団法人で、総務省や郵政省幹部の天下り先となっている。
現在も理事長、専務理事、常務理事のトップ3が、総務省と郵政省出身者で占められている。
▼電力もそうだが、電波まで役人の甘い汁となっているのだ。▼

ここは公益性の高い電波の割り当ては、国主体で決めるのではなく、オークション制にして公平に決め るべきだ。
アメリカでは、10年も前から取り入れている。もしオークション制にすれば、数千~1兆円、ことによっては数兆円が、国の税外収入となる、と町田徹氏は見込んでいる。さらに、

▼今夏にも募集する、地上アナログ放送終了であいた700メガヘルツ帯でも2000億円の収入が見込めるという。▼

野 田政権は、公務員制度是正や議員の歳入削減もろくにせず、消費税不退転と言って、強引に国民から金をむしりとろうとしている。
少し視点を変えれば、こう いった電波オークションや、TPP交渉でアメリカの槍玉にあがりそうな、郵便局の株式売却などで、消費税で得る以上の収入が見込めるとの指摘がある。もう 少し多角的に収入源を考えて欲しいものだ。
セラヴィ ( 2012/03/04 14:36 )
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?m=0&i=2

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

電波行政もマスゴミのクロスオーナーシップの廃止を含めて根本的に見直すことが必要だ。
なによりシロアリ退治が、この国には喫緊の課題。
とにかく、汚職だらけといわれる後進国のことなど批判できないほどに腐敗している官僚組織が日本の大きな癌であることに 違いは無い。
▼加えてSBのオッチャンのように 上手く時の政権とミーハーな国民にエセ人気を植え付ければ、今回のように 実に巧妙に利権にありつけるのである。▼
こうして騙され愚鈍な国民は「孫」の代まで毟られる。
おめでとう・・・・と、言うしかないね、3者に。
3者? 自分で考えればすぐ解るさ。

(転載終わり:改行変更と▼は転載者が付けた)

投稿: 通りがけ | 2012年3月 6日 (火) 23時06分

これも拡散です。よろしくお願いいたします。とおりがけ拝

「地位協定破棄と福一石棺桶化」

最高裁を解体に追い込むいい方法を「住民至上主義 公務員とその仲間による恐怖政治 :前阿久根市長 竹原信一のブログ」さまから紹介します。

「原発集団訴訟は反対運動に対する罠だ。他の手段がある。」3月6日
>>http://blog.livedoor.jp/jijihoutake/archives/53727030.html

どんどん個人訴訟して最高裁をパンクさせて解体廃止し、悪魔ユダ金の私設傭兵部隊米軍が日本に押しつけた占領規定国際法違反の日米地位協定を直ちに破棄しよう。

投稿: 通りがけ | 2012年3月 7日 (水) 10時21分

これも拡散です。すみませんがよろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

【地位協定破棄は平和憲法が全人類と地球に対して負う神聖な責務(ノブレス・オブリージェ)】

「リビアの内戦とは何だったのか。」2012年3月 6日 (火)ふじふじのフィルターさま
>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-2591.html

>>アメリカは石油が狙いなのでしょうか?

主要メディアによる見方で多く一般に受け入れられていますが、イラクの時にありました。しかし、リビア侵攻については石油が主要な動機ではありません。もっと深いものがあります。<<

これは主要メディアの見方が正しく、こちらのほうが勘違いだと思います。海外主要メディアには日本マスゴミにない(ユダ金に対抗する)真のジャーナリズムがありますし。

そもそも石油の枯渇とか地球温暖化の嘘っぱちを世界中に流した張本人がユダ金です。裏金に換金しやすい原子力発電をひろめさせ、世界の目が原油資源から離れた隙に世界中の石油利権を一手に握って人類の生殺与奪を思うままにする悪魔の完全世界支配を実現するべく暗躍しているのです。
ユダ金は中部大学武田邦彦教授がHPで指摘※する石油資源はあと何万年にわたっても枯渇しないという真実に何十年も前から気がついており、全世界をユダ金に奉仕する奴隷にするために手先のゴア(クリントンの元副大統領)を使って地球温暖化の猿芝居を打たせたに過ぎません。

リビア侵略ではユダ金私設軍米軍が主導権を握れず本当の狙いだった原油利権をあらかた英仏にさらわれました。常に№1の稼ぎを至上命題にする米拝金ユダ金は新たな戦争を画策しています。それがイラン攻撃であるのは容易にわかります。これなら確実に主導権を握れますから。イラン戦争を起こせばイラクに駐留する米軍を帰国させる費用もいらなくなります。金銭損得勘定に小狡いユダ金が気づかぬはずがありません。

米軍を手足として使うユダ金にとって、リビア侵略の責任を原油利権をさらった英仏を世界マスコミからの批判の矢面にさせることで、同じ原油利権を狙うイラン侵略の本当の目的を隠蔽する偽装として利用しているのです。

(※考える練習(1) (明るくなる話) 石油の寿命40年?>>http://takedanet.com/2012/02/post_dde0.html )

日本人はただちに日米地位協定を破棄して、思いやり予算と防衛予算を凍結し、米政翼賛会の汚職裏金流しを断罪して、ユダ金の私兵米軍の命綱の軍資金を断ち切らねばなりません。

これが平和憲法国家日本国が全世界に戦争をやめさせ平和をもたらすためにやらねばならない、人類と地球に対して負う神聖な責務なのです。

投稿: 通りがけ | 2012年3月 7日 (水) 15時49分

これを投稿するのをうっかり忘れていました。よろしくお願い申し上げます。通りがけ拝

「震災直後から首相官邸を不法占拠したユダ金私兵米軍軍人」

「リビアの内戦とは何だったのか。」ふじふじのフィルターさま2012年3月 6日 (火)
>>これは大きな偽善です。<<http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-2591.html

これは偽善ではなく悪魔教教祖による計画的虐殺と略奪である。

欧米のほぼすべての軍隊は、地中海の東岸に生まれ選民妄想を狂信する故に異教徒を人間ではなく収奪の対象物としか見ないためすべての国で嫌われ者だった(当然だが)ユダヤ人が、神ならぬ悪魔(新約聖書の荒れ野のイエスへの悪魔の誘惑参照)と取引して中世ヨーロッパを手中にし、現代のユダ金に成り上がって未来永劫世界を支配する悪魔の策謀のもとに、金で雇われたユダ金の私設傭兵部隊にすぎない殺戮強盗団なのであるから、いわれなく言いがかりを付けて攻め込めば世界中のいつでもどこでも悪魔そのものの正体をさらけ出してこのような無差別虐殺や略奪をほしいままにするのである。これが神と悪魔が人間に対して全く同じ業の破壊と殺戮を行う黙示録の世界観である。

特に米軍は400年前のアメリカ先住民虐殺建国の最初からユダ金が作ったゆえに現代世界でも完全にユダ金の私設軍隊傭兵部隊であることは今更いうまでもない。

そしてユダ金が震災直後から日本を滅亡破壊略奪の標的に定めて福一石棺桶化妨害し津波被害復興妨害していることがユダ金私兵米軍軍人首相官邸不法占拠の事実から明らかにわかる。

投稿: 通りがけ | 2012年3月 7日 (水) 20時49分

今日は「悪魔教カルトを撃退」です。何卒よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「敵を知り己を知らば百戦危うからず」

ユダ金の選民妄想は被害妄想である。それは旧約聖書にはっきりと現れている。ヤーウェは冒頭で「私はアルファでありオメガである。私が万物の創造主であり、私は言葉である。私は私の創造物すべてを思い通りに聖別する。」と述べている。そしてノアの洪水の話でユダヤ人を選民として聖別したと語る。
まず矛盾の第一は万物の創造主が人間が使う言葉そのものであるということ。羊や草木や山に人間の言葉が通じるわけがない。それにアルファやオメガはギリシャ語であり天地創造の時には生まれていないし、もっと古いヒエログリフやロゼッタストーンの文字さえビッグバン150億年の歴史はないはずだ。このユダ金の神は一体何を創造したのか?枚挙にいとまがないが字数の関係で以下省略。

新約聖書は神の子仔羊イエスが十字架で血を流して我が身を「父なる神」へ生け贄の仔羊として捧げるまでを書いたものである。「父なる神」とは旧約聖書のヤーウェでありヤーウェは血を流して自ら生け贄の羊となって死んだイエスを聖別した。その後イエスが生きて何かをなしたという記録はどこにもない。
イエスは万物の創造主の子でありすべての供物はヤーウェに供えよと説かねば自家撞着である。しかしぬけぬけと「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに返せ」と説く。つねに生け贄を捧げることを要求する血に飢えたヤーウェがローマ帝国の武力を恐れて尻尾を巻いた負け犬のごとく縮こまっているのが滑稽である。
そして新約聖書は最後に父なる神と悪魔が完全に同じものであることを黙示録で暴露している。

つまりユダ金にとって旧約聖書以来の昔からずっと全世界の人間は生け贄で屠られる捧げ物の仔羊なのであり、仔羊を殺すことでユダ金がヤーウェによって聖別されるシステムである。
これはオウム真理教や創価学会工作部門と全く同じポア=聖別という悪魔教悪魔カルトの構造をしていることに気づかぬ日本人はないであろう。

ロシアの文豪ドストエフスキーは推理小説家だったのでこの「神の秘密」に注目し推理して「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」を書き上げた。ユダ金の選民妄想の源「旧約聖書の神=新約聖書の父なる神」、「血の生け贄を求める神=黙示録の悪魔の破壊と殺戮」というペテンを推理で見破ったのが母なるロシアの大地を愛するロシア人だった。

プーチンがユダ金のペテンを見破って撃退し得たのも、母なるロシアの大地を愛するロシア人ならではであろう。

投稿: 通りがけ | 2012年3月 8日 (木) 08時37分

とにかく日本国同朋国民陸自隊員を紛争危険地帯で戦死させる米政翼賛会野田を日本人として許せないので書きました。
よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝


「野田政権の本当の役割」(2012年3月8日ニュースの真相さまから改行改変して一部転載、全文は下記で)
>>http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120308/1331167206
(転載開始)
前回の投稿で、プーチン氏の記事を書きました。
ロシア革命で、金融ユダヤ勢力の植民地になってしまったソ連・ロシアという国を、必死になってユダ金と戦い、ついに取り戻したのがプーチン氏だった!なんてお話でした。
▼プーチン氏大統領選挙で、金融ユダヤ勢力に完全勝利!
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20120306/1330994611
やはり、一国のリーダーともあろう者は、こうでなくっちゃいけませんよね?
ところが、日本のリーダー野田佳彦首相と来た日には・・・(´Д`)ハァ…
(中略)つまり、何が言いたいのかというと、共産主義とファシズムの共通点を見つめれば、ユダ金の犬、野田氏が向かっている方向性が見えるって事。
要は、国家権力の強大化&国民の権利の弱体化!
全ての政策が、この2点に集約されている!って考えると、色んな事がスッキリ見えます。
▼国民総背番号制を閣議決定して、国民の情報を何もかも国家にダダ漏れにしておいて、秘密保全法案で、国家の情報の方は、しっかり国民から隠す!
▼菅政権のインターネット規制法で、ネット上の緘口令に引き続き、共謀罪や新型インフル法(集会禁止法)で、リアルの世界でもこのブログに書いてるような事を語り合っていたら、サクッと逮捕出来るように!
▼そして、消費税増税で、経済にさらなるブレーキをかけて、生かさぬように殺さぬように!
▼さらに、ギュギュッと絞った金は、ユダ米と売国奴達でしっかり山分け!
▼最後に、国民から権利を奪い、充分に抵抗力を失わせヘロヘロ状態にしたとこで、仕上げにTPPで、日本をユダ米化!
国民の権利を弱体化させ、代わりに国家権力を強大化させる!
そして、国民から絞り取った果汁を、アメリカ、財閥・官僚・政治家で山分け。
つまり、日本人から絞り取った果汁を、改宗ユダヤ人と同和、朝鮮半島系、ホモなどのマイノリティーの方々だけで山分けする!
今もこんな状態ですが、その傾向をさらに強めさせるのが野田政権の本当の役割って事。(転載終わり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのとおりですね。

んで、地位協定下の日本における政治家と官僚組織(奇形司法とマスゴミ一体です)の国民資産泥棒の棲み分けをもう少し細かく書くと、前に書いたとおりユダ金に売国政策で政治家が流した裏金のキックバック、これは政界に入ります。これを利用して中曽根とユダ金キッシンジャーが手先の記者クラブマスゴミと奇形司法を使って日米共謀して平民宰相田中角栄を陥れたのがロッキード事件。※

では官僚はどうやって分け前を手に入れて私腹を肥やすのか。
これは米軍地位協定治外法権の虎の皮を被って、憲法違反の官僚裁量行政をほしいままにして国外流出巨額裏金からではなく国内予算から、特殊法人を大量に作り随意契約で許認可権を悪用して企業と談合して、予算執行時に横滑りや渡り・天下りを繰り返して予算本体から何重にも中抜きして盗み出した巨額の横滑り渡り天下り利権を官僚の私腹に入れるという、完全な憲法違反公務員法違反の刑事犯罪汚職常習集団盗賊システムを作り上げて、日本国内現地調達でユダ金日本資産掠奪治外法権国際法違反犯罪のおこぼれを手に入れているのです。これを国会を破壊して政界をアメポチスパイだらけにしてユダ金スパイ霞ヶ関の犯行を厚顔無恥なファシズムそのものに変えたのが隠れ公明党員小泉竹中詐欺師劇場の骨太つうより図太い行政改革。

官僚の違憲な裁量で予算執行時に策定した行政執行関連法令がすべて憲法違反であることは明らかでそのくらいはこどもでもわかりますが、我が国の最高裁は憲法に定められた違憲立法審査権を憲法制定以来一度も行使したことがない。この憲法に定められた責務不履行怠慢は明らかに憲法に反逆するテロリストの犯行であり、奇形司法最高裁官僚判事が全員米軍地位協定治外法権の虎の皮をかぶった黄色い皮膚のユダ金奴隷スパイであることを証明しています。

※参照:「法螺と戯言氏のれんだいこ史観通底考その1~」れんだいこのブログさま
     >>http://08120715.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-e9f8.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【日本国同朋国民陸自隊員を紛争危険地帯での戦争狂ユダ金悪魔が策謀する「戦死」の危機から直ちに脱出救出せよ】

いま日本人に戦争狂悪魔ユダ金の魔手が切迫しています。
南スーダンというロシア軍すら撤退する紛争の最大危険地域にユダ金戦争狂悪魔に騙されて送り込まれた平和憲法専守防衛の日本国民同朋陸自隊員120余名全員をただちに危険地帯から脱出退避させて日本に帰国させよ。日本国憲法主権者国民として野田戦争狂ユダ金飼い豚総理に断固命じる。

自衛隊が日本国憲法違反の戦争戦闘行為に巻き込まれたらその責任はすべて、まさに陸自に派遣命令を出した自衛隊の総帥日本国総理大臣一人にあるのだ。
総理大臣の座にあるニセ日本人憲法違反棄民テロリストブタの野田君、それが首相の覚悟というものだよ、ミジンコよりちっぽけなその肝に海より深く山よりも高く強く強く銘じておきなさい。

そして戦争狂悪魔ユダ金はかつて日本人を沖縄戦や原爆投下や日本全国の非武装住民生活都市焼夷弾爆撃大空襲で虐殺した冷血から見ても日本列島を原爆と同じ原発放射能で全滅させても何とも思わないことは明白。
日本人なら直ちに地位協定を破棄する民族独立を選ぶと思うがね。

投稿: 通りがけ | 2012年3月 8日 (木) 23時43分

今度は小泉以来の官僚マスゴミファッショ霞ヶ関と小泉チルドレン菅内閣および国会を前投稿に続いて断罪します。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

「棄民テロリストを全員断罪せよ」

「2011年7月 3日 (日)原発撤退で電気料金2000円増。 ええじゃないか。無駄なものから節約しよう。」ライジング・サン(甦る日本)さまから自コメ転載
>>http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-2567.html

犯罪者には法の裁きがふさわしい (通りがけ)
2011-05-30 13:37:41(再掲)

福島原発事故はすでに犯罪として成立しています。道交法でも事故を起こせば運転者は必ず刑法犯となります。整備不良原発を運転していたのは東電と保安院ですから地震と津波で冷却不能レベル4事故を起こし、事故処理としての緊急廃炉炉心冷却に失敗してメルトダウンで炉心損傷事故を連鎖的に発生せしめ炉外拡大放射能漏れ事故を起こした時点で犯罪が確定しました。ここまでは業務上過失致死傷です。

その後事故で漏れた大量の放射能情報を隠蔽し虚偽情報を発表し続けた行為は、ひき逃げと同等の証拠隠滅現場逃亡救護義務放棄の重罪を確信犯で重ねてしまった凶悪犯ですね。

誰が何を言ったとかいわないとか関係なしに、事故で放射能汚染された国土そのものに証拠満載ですから絶対に逃げ切れません。保安院の愚かな証拠隠滅行為に加担した東大御用学者とNHKもこの確信犯のひき逃げ凶悪犯罪の共犯者ですね。

さらに通産省も厚労省も財務省も後付の証拠隠滅に積極的に加担してますから、霞ヶ関とNHKのあほな東大閥官僚はほぼ全員に受刑を覚悟してもらいましょう。
これで霞ヶ関も終わりですな、日本再生のためには非常にいいことです。

菅内閣も放射能漏れ事故の証拠隠滅および虚偽情報に基づく住民の正当防衛権制限棄民政策という、国土と国民に対する明々白々な放射能テロ犯罪に国家権力を悪用して積極的に加担していますから、もはや国会議員や総理の不逮捕特権など通用しない単なる凶悪犯罪者集団そのものですね。オウム真理教政府とおんなじですわ。

もう菅降ろしに不信任案など必要ありません。国会議員じゃないから不逮捕特権などない霞ヶ関官僚や御用学者やNHK虚偽報道実行者を逮捕して取り調べれば、放射能情報隠蔽で内閣と口裏あわせ共犯の証拠だらけですから、内閣全員逮捕されますよ。議員身分ばかりか公民権までも消滅ですね。重大犯だから長いだろうけど。

菅総理それで歴史に汚名を残すのがいやなら、告発される前に直ちに地位協定を破棄して総辞職しておくことですな。総理のまま逮捕されるよりもそのほうが潔い日本人らしくて裁判の場でも心証がいいだろうからね。私はそちらをお勧めするが、まあどうするかは本人しだいですな。

投稿: 通りがけ | 2011年7月 4日 (月) 23時39分

犯罪者を政治に関わらせず牢へ送り出せ (通りがけ)
2011-05-31 17:25:31再掲
「被災者証を直ちに発行支給し、被災地の規制撤廃を速やかに行え。」

被災者は身体生命のほかはすべてを失った。

だがテレビもエアコンも電気掃除機も電気洗濯機も携帯電話も、被災者が生活するうえでまったく必要のない電化製品ばかりであることが九死に一生を得た避難生活を送るうちで判明した。

復興に必要なのは人災犯行原発電力会社が供給する電力をまったく必要とせずに動かせる自動車(普通・特殊・大型・大特)であり、船舶(漁船からタンカーまで)であり、それらを動かす燃油である。


被災地被災者の所有に属する石油動力機械に対する法的規制や課税をすべて撤廃し、すべての政府復興支援資金を被災地被災者所有石油動力機械の120%フル稼働への運転資金として無償で投入せよ。

それを円滑に遅滞なく行うために、憲法に従い老若男女すべての被災者へ被災者証を直ちに発行支給して一人残らず基本的人権を手厚く保護し、被災地を復興特区指定し被災者証保有者の復興活動に対して石油動力機械稼動関連の全規制撤廃を速やかに行え。

これをやらねばすでに指摘したとおり政府の憲法違反である。
現政府は憲法違反の官僚主導政治を強権で行っている憲法テロ犯罪組織でもある。

エネルギー政策転換や消費税増税、TPP参加不参加はどれをとってもそれぞれひとつひとつが解散総選挙を経てから決定すべき、現在の天災人災合併の巨大災害下にあってはまったく不要不急の将来の国策である。

犯罪者内閣に独断で国策を決めさせることを国会で信任して許せばそれは国会による憲法テロ犯罪である。犯罪者内閣の不信任案に反対したらその議員は共犯どころか犯罪者内閣に行政犯罪を行わせた首謀者になるのであって、刑事責任を同等以上に分かち合わねばならない。


天下りは汚職犯罪そのものである。特に司法官である裁判官の天下りや裏金作り判検癒着談合判決は汚職の中でもっとも悪質な公務員の汚職そのものであり、特に最高裁に対しては最高裁ゆえに汚職があれば最も厳しく重い刑罰をもって臨まなければならない。

スラップ訴訟への最高裁判決は憲法に照らして行政との癒着談合がないかどうか仔細に点検されることになるであろう。

憲法テロ政府による組織犯罪行政はもはや許さぬ。

投稿: 通りがけ | 2011年7月 5日 (火) 07時54分

投稿: 通りがけ | 2012年3月 9日 (金) 11時11分

拡散です。よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

戦争狂の拝金悪魔ユダ金とその一味がNATOを使ってリビアの一般人民衆の憩いの場を「人道的攻撃」で深夜にミサイル爆撃し、罪のない幼子や無垢の赤ん坊まで虐殺した。

ふじふじのフィルターさまが証拠映像を紹介してくださったので拡散する。

>>【サルコジ氏、あなたは昨晩何人子供を殺したか―リビア戦争の現実―】
>>http://www.youtube.com/watch?v=UONHf5289j4&feature=player_embedded

「サルコジ氏、あなたは昨晩何人子供を殺しましたか」というのでしょうか。

これらすべての責任者は誰ですか。

サルコジ大統領、あなたは、ここで軍事命令を出しているのは誰だか言えますか?
それは6歳の女の子、サラムですか?
アラビア語ではその名前は平和という意味です。

それとも、5歳のハリダですか?その名は、永遠、無限という意味です。

それとも、4歳の男の子、クヒュルディですか?

オバマ氏、キャメロン氏、ルテルム氏、ベルルスコニ氏、死んだ他の娘たちの中で誰が軍事命令を出しましたか?

スーダン人の料理人ですか?

それとも、負傷者の救助に駆けつけて救助中に殺された人々ですか?
<<http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-2591.html

これがユダ金の手先サルコジとオバマ、キャメロン、ルテルム、ベルルスコニがいう「人道的攻撃」の真実である。

このように悪魔は闇に隠れて夜に襲いかかってくる。

同じユダ金の手先サルコジとオバマ、キャメロン、ルテルム、ベルルスコニが国際人道支援と大嘘こいて、悪魔の手先テロ豚野田ニセ総理に命じて、ロシア軍ですら撤退する南スーダンの紛争危険地帯へ我が日本国同朋陸自隊員を悪魔の攻撃の標的にするべく、小泉スパイ直系の低能スパイ野田のニセPKO派遣命令で誘い込んだ。

我が国民同朋陸自隊員の命の危険が最大限に増大している。

これこそ戦争狂悪魔ユダ金と米政翼賛会共謀の日本国平和憲法破壊策謀である。

平和憲法主権者国民として野田テロ豚日本人もどき総理へ憲法の名において厳命する。
豚耳かっぽじってよっく聞け!

ただちに南スーダンの陸自隊員全員に戦闘中地域から脱出撤収し帰国させるための政府特別便の旅客機を差し向けよ。持参の武器装備はすべて現地で爆破処理全放棄せよ。

投稿: 通りがけ | 2012年3月 9日 (金) 19時17分

これも拡散です。何卒よろしくお願い申し上げます。とおりがけ拝

【戦争狂悪魔ユダ金の次の標的はイランではなく日本周辺有事捏造工作(して対中国戦争開戦誘発)】

>(転載)「プール崩壊の危機! ~もっとも危ない福島第一原発4号機」Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま2012.3.9
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/03/post_2312.html

ご本人も同じこと書いてましたね。私は錫棺には鉛も併用すべきだと考えます。どうせ地下ダム壁も造るんだし。
>>2012年3月9日金曜日
4号機が倒壊していいのか悪いのか分からない
>>http://mononomikata-kerogg.blogspot.com/2012/03/blog-post_09.html

さらに
>新ベンチャー革命2012年3月9日 No.547
>>http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/28722619.html
タイトル:野田政権の再優先課題は消費増税などではなく、福島原発4号機外壁のピラミッド型盛り土補強工事だ!

これと小出氏が早くから指摘した地下水汚染防止地下ダム壁建設。チェルノブイリでは川崎重工のトンネルシールド工法が使われました。

日本の世界最優秀の土木技術の粋を集めてすべて遠隔操作で完成できます。そしてこのようにコンクリートで囲った福一敷地内へ児玉教授の除染で濃縮して集めた高濃度汚染土を投入しさらにコンクリートで覆うことでJCOやチェルノブイリ以上の石棺桶化が可能になる。

後は除染を進めていくうちに雨が洗い流してくれるので、石棺桶化完成後1~2年で高濃度汚染地域もよみがえるでしょう。ヒロシマナガサキと同じ日本列島豊葦原瑞穂の水の国ですから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなごく常識的な、子供でも最初からすぐに思いつくような石棺桶化対策を、なぜ日本政府はいつまでもやらないのか。

やはり地位協定治外法権で首相官邸を不法にコントロールしているユダ金が、日本を核最終廃棄場化するために震災復興も福一石棺桶化も妨害しているということだ。

そしてマスゴミを使って福一の放射能垂れ流しや東電の嘘っぱちのらりくらりや瓦礫問題や政治家のくだらない冤罪裁判などのニュースばかり流させてそちらに国民の耳目を集める隙に、沖縄ではなく本土の岩国や下関、九州や茨城ほかに自衛隊基地を米軍が事実上接収して戦争機能強化し、中国周辺有事を早期に起こして中国侵略を急いでいるのだろう。

オバマがイラン攻撃に消極的らしいから、ユダ金は対中国開戦を早めるために朝鮮半島から台湾あたりまでで何らかの紛争誘発事件を工作して戦争テロ攻撃を仕掛けてくるだろう。

それなら南スーダンの陸自はとりあえず一息つくが、日本周辺有事工作に失敗したり手間取るようならいつでもユダ金から攻撃を受ける恐れは変わらないから、やはり武器放棄して直ちに全員身一つで帰国するべきだ。帰国すれば武器じゃなく重機を使って復興に力を出してほしい。

ということは血に飢えた戦争狂悪魔ユダ金の次の標的はイランじゃなくまさに我が日本であろう。悪魔は自分が布いた報道管制の暗闇に隠れてやってきて、いきなり牙をむくのである。
いわゆる日本周辺有事につながるユダ金捏造の破壊工作紛争誘発テロ事件が近く勃発するであろうから、今後の国内外の米軍の動きにいっそう注意が必要である。

投稿: 通りがけ | 2012年3月10日 (土) 21時20分

一年前のこの日大津波を聞いた私はたくさんの敬愛する親戚知人家族の安否がまったくわからず断腸の涙を流していた。頼みの綱はテレビの報道だけだったが、NHKの報道は最初からすべてが許しがたい冷血の棄民報道であった。ちょうど原爆投下後に爆弾の威力を確認するため偵察に来てビラを撒いた米軍機と同じである。宮城で津波で完全に孤立した病院の屋上に被災者が集まってSOSを記しNHKのヘリに救援着陸を求めて手を振っているのに素通りした冷血はまさにユダ金私兵米軍悪魔とおなじ悪魔の所業である。なぜすぐに緊急着陸して病人の一人でも搬送し自衛隊に緊急通報しなかったのか。大災害の現場で日本人同朋の明らかな生命の危機を目撃すれば、うすっぺらな報道の使命などその場で捨てて救援のため緊急着陸し救護活動をする人間として当然の使命を果たせ。最初の一人を搬送し救助要請を出しておけば、現場に再び戻って生存者の顔と氏名をテレビで報道すれば何よりも確実な安否情報になったのである。報道の使命はまさにそこにあるのだ。政府広報を流すだけの記者クラブ報道などジャーナリズムとは対極の唾棄すべき白痴化洗脳報道に過ぎない。
そして福一の冷却停止の報を聞き菅無免許犯罪政府の無能から24時間以内の爆発は避けられないと覚悟して周辺の親戚知人に緊急避難するよう伝えようとつながらぬ電話にかじりついていた。
菅内閣東電保安院霞ヶ関全省庁記者クラブマスゴミをこの未曾有の国難大災害に国家の危機管理を放棄して棄民テロを実行した共謀共同正犯として告発する。日本国憲法の主権者国民の名において棄民テロリスト集団を断固として許さぬことを天地神明に誓う。

投稿: 通りがけ | 2012年3月11日 (日) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/43781065

この記事へのトラックバック一覧です: 国債発行の責任者は誰なんだ考:

« 1973.1.29日、衆議院における自由民主党・倉石忠雄の質問に対する田中首相答弁 | トップページ | 法螺と戯言氏のれんだいこ史観通底考その1 »