« 2012ロンドンオリンピックのルール考 | トップページ | れんだいこの朴正煕論 »

2012年8月10日 (金)

検察内部告発の「ヤメ検市川証言」考

 日刊ゲンダイの2012.4.17日付け記事「元検事が衝撃告白 私はこうして冤罪をつくりました」をコメントしておく。「検事失格」(毎日新聞社)の著者、元検事の市川寛弁護士インタビュー記事のようである。市川弁護士は、2001年の「佐賀市農協背任事件」で、被疑者を取り調べ中に「殺す」などと発言したことを自ら法廷で証言した履歴を持つ。その市川弁護士がロッキード事件以来の検察捜査の変調ぶりを次のように内部告発している。これを仮に「ヤメ検市川証言」と命名する。

 「検察問題の背景には、過去の二つの成功体験があると思います。ロッキード事件とリクルート事件で、大物政治家を逮捕し、『巨悪と戦う』という特捜神話が生まれるきっかけになりました。しかし、この大金星を挙げたが故、特捜部は国会議員や一流企業といった社会的地位のある人を摘発する為に存在するのだ―と自己目的化してしまった。特捜部長などの幹部になると、『任期2年の間に打ち上げ花火を上げなければ』とプレッシャーを感じ、無理をし始めるのだと思います」。

 
 この発言で重要なのは、検察問題の背景としてロッキード事件を挙げていることにある。市川氏はロッキード事件とリクルート事件を並立させているが、リクルート事件はロッキード事件の延長上のものであるから、本来はロッキード事件を元祖として位置づけるべきだろうが、そこまでは踏み込んでいない。しかしまぁ良しとしよう。

 以来、特捜部が国会議員や一流企業といった社会的地位のある人を摘発することを常態化させたことを指摘しているが、ここももの足りない。本来は、特捜部が狙い撃ちした国会議員や経済人が日本の在地土着系の有能士に限ってであったことを指摘すべきであろう。しかしまぁ良しとしよう。

 「ヤメ検市川証言」は、検察の違法な取り調べの手口について次のように証言している。

 「検察は調書を取る教育はしますが、取り調べの教育はしません。ロッキード事件で誰誰の供述を取った、という検事がその後、検事正や検事長、総長になり、当時の捜査手法や取り調べのノウハウが全国に受け継がれていったのですが、伝わるのは、取り調べ中に『机の下から(被疑者を)蹴った』、『千枚通しを突きつけて罵倒した』という内容。当時はうまくいったのかも知れませんが、今はそんな取り調べは絶対にできません。世の中が変わっているのに、幹部は気づいていないのです。相談しても『割れ(自白させろ)』、『立てろ(起訴しろ)』です。つまらないことで、すぐに『バカやロー』と怒るから、部下は次第に何も報告しなくなります。証拠改ざん事件で逮捕、起訴された前田元検事も、正直に報告できる雰囲気が特捜部になかったのではないかと思います」。

 ここがキモの部分である。ロッキード事件以来、特捜の捜査が杜撰且つ暴力的になり、これに迎合した者が出世階段を昇りつめた様子が内部証言されている。典型的には松尾邦弘当りがズバリであろう。その松尾の履歴については「時の法務省、検察庁の捜査布陣考」で確認しているので参照されたし。(http://www.marino.ne.jp/~rendaico/kakuei/rokkidozikenco/sosataiseico/fuzinco.htm

 「ヤメ検市川証言」は、小沢裁判について次のように評している。

 「検察が二度も不起訴にし、それも起訴猶予ではなく、嫌疑不十分なのだから証拠が足りない。その少ない証拠は裁判で却下されてもっと少なくなった。判決の理想は公訴棄却ですが、無罪は間違いないとみています。もし有罪なら今後の刑事裁判は成り立ちません」。

 ここもキモの部分である。要するに、小沢裁判で小沢を有罪にするようなことでは法曹的なロジックが成り立たず、悪影響が測り知れないことを危惧していることになる。れんだいこ的には、これはロッキード事件以来の定向進化によるものであり、法のロジックがますます崩れつつある。こうして今や法曹界は愁嘆場に辿り着いていると云うことになる。「ヤメ検市川証言」は、法が法として機能せず、上からの政治的命令をロジック抜きで通し始める野蛮社会に更に突入することを予言していることになる。

 当然、この病んだ法曹界を案じる声も少なくない。しかしそれは、ロッキード事件以来の変調として、元一日から見直さないと解決できないのではなかろうか。小手先の小細工で何ができよう。法が上から破られていると云う実態に鋭くメスを入れよ。こうなると、法曹界も政界も原発界も理屈は一緒と云う事になる。破産した2009政権交代を見据え、政権交代の永続革命を説く所以である。

|

« 2012ロンドンオリンピックのルール考 | トップページ | れんだいこの朴正煕論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/46645056

この記事へのトラックバック一覧です: 検察内部告発の「ヤメ検市川証言」考:

« 2012ロンドンオリンピックのルール考 | トップページ | れんだいこの朴正煕論 »