« れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その2、遺書の改竄は許されるのか | トップページ | れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その4、遺書は検閲済みのヤラセなのか、自爆志願は強制なのか »

2013年3月 3日 (日)

れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その3、特攻隊兵士の覚悟について

 「れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書論」の要諦は次の主張にある。「特攻隊兵士、出陣学徒戦没学生の手記、遺書の手記、遺書」等は、「戦死された方々の御冥福を祈り。同じ過ちを二度と繰り返さないことを誓います」的に読まれるのを通常としているが、そういう読まれ方も結構ではあるが、それは半面のものでしかないのではなかろうか。

 もう一つの読み方として、「戦死された方々の御冥福を祈り。彼らが国と民族に身を捧げた熱い思いに涙せねばならない」のではなかろうか。れんだいこが素直に読めば、時局に泣き命を国に捧げた慟哭の遺書として胸に響くものがある。我々は、これをありのままに読み語り継ぐべきではなかろうか。

 姿勢として、「同じ過ちを二度と繰り返さない」は従であり、「国と民族を思った故の捨身の技に対する畏敬」を主とすべきではなかろうか。抽出すべきは、母国愛と不戦の誓いではなかろうか。そうであるところ「反戦平和の不戦の誓い」の側からのみ評しようとするのは如何なものだろうか。彼らが日本を愛し身命を賭した母国愛を感じ取り、その後の日本人としての我々の現代的な引受責任問題へと繋げていくべきなのではなかろうか。

 云わずもがなのことながら、特攻隊兵士の死を安易に耽美することであってはならない。もしそれをするなら、彼らが殉じた戦争の歴史的意味、意義の解明を求めた大東亜戦争論を構築し、聖戦であったことを確認してからでなければロジックが合わない。しかしてそれはかなり高度な歴史眼、歴史観を要する。おいそれとできるものではない。

 そもそも当時の兵士たちは大東亜戦争論を得心して戦争に殉じたのではない。時局に流されつつ「止むに止まれぬ大和魂」として死地に赴いたのが実相であろう。そういうものを安易に美化賛美することはできまい。聖戦論に於いてではなくむしろ歴史の不条理を我が身に引き受けねばならなかった悲しみを見て取るべきだろう。

 そういう意味において既成の「反戦平和の不戦の誓い」の側からのものも、耽美派からのものにも首肯できない。これが、「れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書論」を生み出し書きつけねばならない理由である。

 我々は、彼らの純情を何とお粗末にして来たことだろうか。それを反省せねばならない。れんだいこが今思うに、戦後民主主義の戦前批判論、特に軍部批判論の下で、「特攻隊兵士の手記、遺書」の意味と意義が意図的に掻き消されたのではなかろうか。あるいは不当に貶められあるいはその反発として無条件称賛し過ぎてきたのではなかろうか。思うべきは、そういう論を生む戦後民主主義論の薄っぺらさ、それに抗する反戦後民主主義論の薄っぺらさである。真に見るべきは、戦後民主主義論に内在している戦勝国側都合の仕掛けではなかろうか。

 戦後民主主義は、戦前の統治体制との比較においては善政的なものである。故に否定すべきものではない。れんだいこが主張したいことは、戦後民主主義が衣の下に付けている戦勝国側の鎧(よろい)である。この鎧を見ずの戦後民主主義論は児戯的なものである。と心得るべきところ、戦後民主主義礼賛者、その批判者の何と軽薄なことだろうか。それらの論は俗に味噌とくそとをごちゃ混ぜにしていやすまいか。これにより、本来ならばありのままに評価されねばならない特攻隊兵士の生きざまを毀損してきたのではなかろうか。

 「特攻隊兵士の手記、遺書」の値打ちはどこにあるのか、これを確認しておく。これは、当時において読み解くのと今日において読み解くのとの二通りあると思われる。れんだいこは、当時において読み解くことはできないので、当時において読み解いたかのような気分を大事にしつつ今日において読み解いてみたいと思う。

 云えることは、「特攻隊兵士の手記、遺書」が、今日のガン患者末期の終末医療の局面での辞世句以上に緊迫した、本来死す必然性のない、且つ咎のない者が死を見据え、死に就く覚悟論であることである。こういうものは世に滅多にあるものではない。そういうものが遺されていることを大事にせねばならない。

 それにしても、特攻隊員は二十歳前後の壮健士ばかりである。手記、遺書の文面から窺うのに今日の日本人よりよほど高等な教育を受けており、精神性が高いことが分かる。そういう面からも戦後日本の在り方に於いて何かと反省を迫っているのではなかろうか。

|

« れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その2、遺書の改竄は許されるのか | トップページ | れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その4、遺書は検閲済みのヤラセなのか、自爆志願は強制なのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/49811606

この記事へのトラックバック一覧です: れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その3、特攻隊兵士の覚悟について:

« れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その2、遺書の改竄は許されるのか | トップページ | れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その4、遺書は検閲済みのヤラセなのか、自爆志願は強制なのか »