« れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その5、家族への思いやりについて | トップページ | れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その7、歴史への貢献について »

2013年3月 3日 (日)

れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その6、「悠久の国体大義に殉ず」

 次に、「特攻隊兵士の手記、遺書の国体論(「悠久の国体大義に殉ず」)」を見ておく。ここは、「きけ わだつみのこえ」が旧版、新版等が注意深く検閲している下りであるので特に留意を要する。れんだいこ理解によれば、特攻隊兵士の覚悟も、遺書の肉親及び家族に対する思いやりも、この国体論に収斂されており、いわば特攻隊兵士の最も琴線に触れる部分ではなかろうか。これを理解するのは非常に難しい。そういうテーマである。

 国体論を皇国論と同視して国家強制による犠牲死とみなす向きがあるが、それも然りではあるが、それだけでは納まりきれないのではなかろうか。こう理解しないと解けない。特攻隊兵士の胸中は皇国論で占められていた場合もあろうが、れんだいこの見るところ、それだけではない。特攻兵士は、その心情に於いて国体論の幅域まで含めて愛祖国愛民族していた故に粛々と戦地に赴いていたのではなかろうかと思われる。これを特攻隊兵士の手記、遺書で裏付けるのは難しくない。仮に「悠久の国体大義に殉ず」を記さない遺書が殆どだとしても、自明として敢えて記さず覚悟論と思いやり論のみ記していると窺うことができる。何より死地に旅立っていること自体が「悠久の国体大義に殉ず」に生きたことを裏づけているのではなかろうか。

 かくて、「特攻隊兵士の手記、遺書考」の真価は国体論の精査へと向かうことになる。これにつきキモの部分ではあるが本稿では割愛する。国体論の重要性が分かれば良い。もとより国体論は論者によってまちまちであり、非常に高度な問題である故に安逸な論を打ちあげる訳にはいかない。

 云えることは、れんだいこ眼力によれば、「日本の国体」は日本史上の大和王朝の御世に確立された天皇制よりももっと古い。それ故に「悠久の大義」とされているものである。それは恐らく、大和王朝前の邪馬台国、その前の出雲王朝、その前の縄文時代日本、その前の日本語の原語となる和語が形成され始めた時より、あるいはその前から続く連綿とした日本精神にして政治論なのではあるまいか。

 それは決して好戦的なものではない。むしろ逆に平和的協調的即ち和合的なものである。なお且つ日本式神人和楽的にして人間と自然との共生に重きを置く今日にも通用するかなり高度なものと窺う必要がある。明治維新以来の近代的天皇制は、そうした日本の悠久の国体史に相対させてみればかなり歪んだものである。皇国史観とは、その歪みを歪みとせず形成された好聖戦イデオロギーである。よしんば特攻隊兵士がそのような認識に立てなかったのは時代の檻の中で育てられた故にであり致し方ない。しかしながら彼らが見ていたのは皇国史観ではない、やはり「悠久の国体大義」だったのではなかろうか。

 万葉歌人・大伴家持の古歌から採られている「海ゆかば」の歌詞を見てみよう。「海ゆかば水漬くかばね 山ゆかば草むすかばね 大君の辺にこそ死なめ かえりみはせじ」。本居宣長の和歌「 敷島の大和心を人問はば 朝日に匂ふ山桜花」、山鹿素行語録「人は難にのぞみ危うきに至りては、義を忘るる事多し。死生存亡に於いても変ぜざるは、まことの義士といふべきなり」、吉田松陰語録「身はたとひ 武蔵野野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」、名句「かくすればかくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」、高杉晋作と野村望 東尼の辞世句「おもしろき こともなき世を おもしろく 住みなすものは 心なりけり」。これらは皆な日本の国体に思いを馳せたものである。特攻兵士も、このようなメンタリティーに誘われて「悠久の大義に殉じた」のではなかろうか。

 その彼らの絆が御承知の「同期の桜」(作詞・西條八十、作曲・大村能章)である。これを確認しておく。この歌の凄みは、特攻兵士自身がこの歌を愛唱したことにある。人によって作られたものではあるが、当時の時代精神から内在的に生み出されたものでもあり、それ故に違和感なく愛唱され続けた。そこに値打ちがあるのではなかろうか。下手な靖国論で貶してはいけない名歌のように思う。

 「貴様と俺とは同期の桜 同じ兵学校の庭に咲く 咲いた花なら散るのは覚悟 見事散りましょ 国のため。貴様と俺とは同期の桜 同じ兵学校の庭に咲く 血肉分けたる仲ではないが なぜか気が合うて別れられぬ。貴様と俺とは同期の桜 同じ航空隊の庭に咲く 仰いだ夕焼け南の空に 今だ還らぬ一番機。貴様と俺とは同期の桜 同じ航空隊の庭に咲く あれほど誓ったその日も待たず なぜに散ったか死んだのか。貴様と俺とは同期の桜 離れ離れに散ろうとも 花の都の靖国神社 春の梢(こずえ)に咲いて会おう」。

|

« れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その5、家族への思いやりについて | トップページ | れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その7、歴史への貢献について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/49815042

この記事へのトラックバック一覧です: れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その6、「悠久の国体大義に殉ず」:

« れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その5、家族への思いやりについて | トップページ | れんだいこの特攻隊兵士の手記、遺書考その7、歴史への貢献について »