« 原発推進組の歴史大罪をどう処罰すべきか考 | トップページ | 「平仮名いろは歌土器」考その1 »

2013年6月18日 (火)

現代マスコミの受難者イエス迫害煽り考

 表題の「現代マスコミの受難者イエス迫害煽り考」とは変な云いである。それは承知で命名している。真意は、現代マスコミをタイムスルーさせ、受難者イエス迫害時に立ち合わせれば如何なる煽りをしているか愚考してみたいと云うところにある。

周知のように、受難者イエスは紀元30年頃、エルサレム市外のゴルゴタの丘で十字架に磔(はりつけ)された。問題は、イエスが逮捕拘束されて以来いきなり処刑されたのではないことにある。この間、イエス逮捕せよ派の「祭司長、長老、律法学者及び会衆」(以下、「パリサイ派」と記す)とローマ帝国ユダヤ総督・ピラトとの間で、イエスの処遇を廻って歴史的なやりとりが為されている。本稿は、これを確認するのではない。この時、現代マスコミが居合わせたならば、どういう論調を逞しゅうするのだろうかと問い、これを詮索するところにある。

 「イエスの処遇論」のあらましの経緯はれんだいこサイト「イエスの概要履歴その4、拘束から処刑されるまで」に記す。
 (http://www.marino.ne.jp/~rendaico/jesukyo/yesden/rireki4.htm)

 それによれば、「パリサイ派」がイエスを拘束し身柄をピラトに引き渡し、イエスの罪状をいろいろと告げ処刑するよう訴えた。ローマ帝国の支配下のユダヤ自治では裁判で判決を出すことまではできるが、罪人を処刑する権利が与えられていなかった為である。これに対し、ピラトは、「ユダヤ人問題のことはユダヤ人間で解決するが良い。宗教問題には我関せず」とした。ここに現代マスコミが登場すれば、「裁けないユダヤ人に代わってピラトが裁くのが筋である」と煽ったことは想像に難くない。かくてピラトがイエスを尋問したが、「私はあの男に何の罪も見いだせない」との見解を表明することとなった。ここに現代マスコミが登場すれば、ピラトのユダヤ総督能力を問い断固処罰論の健筆を振るったことは想像に難くない。

 困ったピラトは、イエスがガリラヤ人であることを確かめ(ここは注意を要する。イエスはユダヤ人ではなく正確にはガリラヤ人とされている)、そうであるならガリラヤはヘロデ王の支配下である以上、ヘロデ王アンティパスが裁くのが筋であるとしてイエスをアンティパスの元に送った。アンティパスが尋問したがイエスの容疑は明らかにならなかった。結局、イエスを裁く確たる理由を見いだせぬままピラトに送り返した。ピラトが再尋問した。「お前を釈放する権限も十字架につける権限も私にある。これが最後の機会である。弁ぜてみよ」。これに対し、イエスは次のように答えている。「私に権限を及ぼすことができる者は神のみである。あなたは私に対する何の権限もない。しかし、あなたよりも私をあなたに引き渡した者の罪がもっと重い」。これによれば、イエスは的確にもピラトの背後の「パリサイ派」こそ悪事の張本人と認識していたことになる。

 ピラトは、「パリサイ派」を呼び集めて言った。「私はあなたたちの前で取り調べたが、この男には訴えられているような犯罪は何も見つからなかった。ヘロデとて同様であった。この男は死刑に当たるようなことは何もしていない。だから鞭で懲らしめて釈放する」。これに対して、「パリサイ派」が猛然と抗議し始めた。

 ここに現代マスコミが登場するとしよう。どういう論調を逞しゅうするのだろうかが問いである。恐らく諸悪の元凶論、治安悪化黒幕論を唱え、「断固十字架に磔にすべきである」なる速やかなるイエス極刑論を奏でるに違いない。そういうことがなぜ分かるのか。それは、ロッキード事件の際の田中角栄追討論、小沢キード事件の際の小沢一郎追討論から容易に想像できるからである。時代は違えど、連中の弁はいつの世も同じである。

 現代マスコミのこのジャーナル精神の親パリサイ派性、より正確には親ネオシオニズム性こそ注目に値しよう。イエス冤罪論、イエス無罪論を唱えるジャーナルがあってもオカシクはないのだが掻き消される。なんとならば、シオン長老の議定書によればマスコミは昔より言論大砲と位置づけられており、この系の言論こそが支配的であるからである。連中は、ある国のある政権が反ネオシオニズムである場合、民主主義論、革命正義論で批判を逞しゅうする。その後、親ネオシオニズム政権が樹立された途端に御用化する。その政権が独裁強権政治色を強めようとも擁護する。共通しているのは親ネオシオニズムであり、この物差しこそが全ての基準になる。こう捉えれば、手のひら返しの論調の不思議が容易に解ける。

 人民大衆が、かっての反ネオシオニズム政権と現下の親ネオシオニズム政権を比べて、反ネオシオニズム政権政治の方がまだしも良かったと述べようものなら懐古趣味、封建政治擁護論と罵る。例の先進国論&後進国論を持ち出し様々な説教を聞かせてくれる。れんだいこなぞは、これほどイカサマなジャーナルなぞあって堪るかと思うのだが、これがネオシオニズムの牛耳るマスコミの生態である。マスコミのこの本質を凝視しない限り、まともなジャーナルが生まれるべくもない。

 よって結論はこうなる。現代マスコミに巣食うネオシオニズム派を一掃し、論調の回天的再生を図らずんばまともなジャーナルは望むべくもない。連中の弁はもう食傷であり飽き過ぎた。本当のジャーナルのみ御法度で後はオール自由なる言論なぞどうでも良い。そろそろ本来の論調で啓発してくれないと時代が狭苦しくてどうならん。親ネオシオニズム政権が我が世の春をする時、これに批判の舌峰を鋭くするジャーナルが登場しない限り時代が病んでしまう。これを思うとき、「元一日」の「受難者イエス処刑時の論調精査考」が役立つ。本来のジャーナルは、かの時、どう言論すべきだったのだろうか。こう問いかけたいと思う。

|

« 原発推進組の歴史大罪をどう処罰すべきか考 | トップページ | 「平仮名いろは歌土器」考その1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/52089944

この記事へのトラックバック一覧です: 現代マスコミの受難者イエス迫害煽り考:

« 原発推進組の歴史大罪をどう処罰すべきか考 | トップページ | 「平仮名いろは歌土器」考その1 »