« 「平仮名いろは歌土器」考その3 | トップページ | れんだいこの生活党支援の論拠考 »

2013年7月 4日 (木)

第23回参院選挙に対するたすけあい党声明

 2010.7.4日、第23回参院選挙が公示され、投票日が7.21日と決まった。17日間の選挙戦となり即日開票される。改選される選挙区73、比例代表(非拘束名簿式比例代表制)48の計121議席を争う。1票の格差を是正する公職選挙法の改正に伴い、神奈川、大阪の改選定数が3から4に増え、福島、岐阜は2から1に減った。

 選挙区に271人、比例代表に前回と同じ12政党・政治団体の162人の計433人が立候補を届け出た。前回2010年参院選の立候補者数は計437人(選挙区選251人、比例選186人)。女性の候補者は選挙区71、比例代表34で計105名。前回より5人多い。

 主要政党の公認候補は自民党が最多で78(←84)。以下、共産党63、民主党55(←106)、日本維新の会44、みんなの党34、公明党21、生活の党11、社民党9、みどりの風8の順。新党改革は候補を立てなかった。比例を含む全体の改選121議席に対する競争率は3.6倍。

 自公両党の非改選議席は59議席で、両党が参院で過半数を得るには63議席以上を獲得する必要がある。憲法改正派の議席増により憲法改正発議に必要な3分の2(162議席)に届くかどうかも注目されている。事前予想では70議席が堅いとされている。今回の参院選からインターネットを使った選挙運動が解禁されている。

 以下、「第22回参院選挙に対するたすけあい党声明」を党首権限で発表しておく。

 こたびの選挙は昨年の衆院選以来の国政選挙で、その衆院選で元の木阿弥の自公政権に戻ったことを受けての初の選挙となる。本来であれば民主の巻き返しが問われるところであるが、同党は既に首を切られたニワトリがしばしさまようだけの状態にあり、惨敗すれば解党の危機を迎えることになる。

 こたびの選挙戦は自公が盤石の衆院に続いて参院でも絶対安定多数を得る政治儀式の感がある。3年3か月の民主党政権幻滅の反動の為せるワザである。鳩山-菅-野田政権の罪の深さが分かる。

 民主が当てにならない以上、その民主から分党した政権交代前のマニュフェスト推進派の生活党への期待が大きくなるべきはずのところであるが、生活党も昨年の衆院選敗北後遺症が続いており、そういう意味で再々度政権交代勢力の圧倒的不在と云う中での貧相な選挙戦となっている。これにより投票率の極端な低下が心配される。

 投票率の低下要因として有権者の政治的関心能力の低下も挙げられようが、それは主たるものではない。主たる要因は、昨年の衆院選で露わになったムサシマシーンによる投開票不正疑惑である。この告発をどの党も為すことなく、こたびの国政選挙となっている。一敗地にまみれた生活党には告発する資格があると思われるが、粛々と結果を受け入れたまま今日まで経過している。これにより、事前に細工された票数で当選者が決まるという味気ない選挙になる可能性を残したままになっている。

 参院選は衆院選とは違い政治闘争的には第二議院であること、先の衆院選での自公の圧倒的な勝利により政権基盤の安定性が強いこと、先の衆院選の不正疑惑の目が強く注がれている等の理由により、こたびの選挙では露骨な不正選挙は考えにくいが、ムサシマシーン問題不問状態が選挙そのものへの関心を大きく殺いでいることには変わりはない。

 以上を共通認識として、以下、れんだいこ及びたすけあい党の参院選投票指針を愚考してみる。

 1、生活党の勝利に貢献する。生活党が候補者を立てた選挙区の有権者に於いては獅子奮迅の奮闘をせねばならない。近くの者は手弁当で応援するのが良い。生活党は目下の日本政治の希望の星であり、この希望の星を絶やしてはならない。反動どもがよってたかって抑圧するであろうが、それを目の当たりにするのも政治的経験である。ここはひとつ踏ん張って次の戦いへの橋頭保とせねばならない。

 2、生活党の候補者が不在の場合、不正選挙抗議の意思を示すために投票に行かない選択もある。れんだいこはそのつもりでいたが、至らないながらもけな気に頑張っている姿に涙し行くことに決めた。生活党が何故に不正選挙告発をしなかったのかについては追って確認するつもりである。敗戦の恨み節ととらえられるのを避けたのであれば行儀が良過ぎる。選挙の公正は民主主義の第一歩であり、日本における民主主義能力涵養の為にゆるがせにしてはならないと考える。

 3、生活党を除くその他政党は全て国際ユダヤに飼われており政治遊びしているに過ぎない駄党、駄議員でしかない。とはいえ選挙に行けば誰かに投票せねばならないので、その際の基準を考える。これは、いわゆるハト派タカ派でふるい分けすればよい。このハト派タカ派は平和的好戦的の指標ではない。今どきにおいては、国際ユダヤに対する忠勤度の強弱で測ればよい。この度の強い候補者を忌避する。

 リトマス試験紙は原発稼働、TPP推進、消費税増税の3本柱に対する態度である。相対的に日本の在地土着系政治家と思われる候補者を選択すれば良い。適当な候補者がいないときには、選挙区の場合には田中角栄と書けば良い。一体全体、田中角栄票が全国津々浦々で何票出るのか見ものだろう。恐らくムサシマシーンはカウントしないように単なる無効票にするだろうが。

 4、既に何度も指摘しているが、選挙は現代の政治祭りである。祭りには参加せねばならない。祭りには酔わねばならない。楽しまねばならない。これが日本の昔からのしきたりであり守るに値する伝統である。どう関わるのかは各自で対応すればよかろう。こたびは甚だ簡単なものとなったが、貧相な選挙戦であるので致し方ない。

 2013.7.4日 たすけあい党党首声明 れんだいこ拝

|

« 「平仮名いろは歌土器」考その3 | トップページ | れんだいこの生活党支援の論拠考 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

石破は内乱罪で死刑だなw

>■自民・石破幹事長「9条改憲し軍法会議設置する。もし戦争で従軍・徴兵拒否した場合、死刑か無期300年」
「公僕公務員の憲法違反発言は内乱罪である。石破を逮捕投獄死刑にせよ。」

日本国憲法前文「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」

日本国憲法第10章 最高法規---

第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

以上の如く、石破は主権者国民の繁栄と福祉のためにお仕えする下僕の独りとして日本国憲法によって選出された衆議院議員であり、国務大臣である。自分を国会議員にしてくれた日本国憲法を一言一句たりとも改変する資格も権限もない公僕公務員の分際であるのに憲法96条や憲法9条をかいへんするだの最高法規97条を改変するだの発言すること自体最高法規第99条に違反している、国民主権立憲法治国家国体に対する反逆者内乱罪テロリストである。内乱罪は死刑である。いま不逮捕特権は誰も使えないしなw安倍も同罪だが無知知能障害なるが故に死刑はちとかわいそうだから禁固300年くらいにまけてやろうw嫌なら今すぐに亡命せよw韓国がちょうどこいつらを待っているさw


>90. りっくどむ
>石破発言は至極真っ当で当たり前のことしか言っていない。

日本国憲法第10章 最高法規---
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

おまえが上記のどれでもなければ何を言っても構わんよw
内乱罪でも何でもない、言論の自由だw実際に行動すれば刑法違反だけどねw

石破や安倍は摂政及び国務大臣、国会議員だから発言することすら憲法の最高法規で禁じられている。最高法規を破る者は国家の統治システムに対する反逆者破壊者であり、これを刑法では内乱罪や外患誘致罪という極刑をもって罰する事になっている。憲法を破壊する行為には過失はあり得ず明確な犯意しかあり得ないから情状酌量は一切ないし、時効など全くない。ただちに現行犯逮捕起訴有罪100%である。日本人である限り特例など無い。覚悟しろ。


>94そんなに戦争したいならお前らだけで勝手にやってくれ。

いや、やる前に日本国籍を捨ててから戦争に行け。また、非日本人の私利私欲のための戦争に平和憲法国家主権者日本国民の財産である自衛隊装備を使うことは絶対に許さんから、戦争したければ日本国外で武器を調達しろ。公僕公務員の立場で憲法を破る者は国内に居る限り必ず未来永劫憲法99条違反内乱罪外患誘致罪現行犯として追及訴追断罪し続けるからそう思え。


>>99.http://www.asyura2.com/13/senkyo150/msg/859.html#c99
>主権者たる国民に忠誠を示さない
>政治家が増えているからね

過去に憲法を守って主権者国民に忠誠を尽くした摂政は田中角栄ただひとりである。
彼の他には誰も憲法と主権者国民に対して忠誠を示して行動した摂政はいまだかつて一人もいないね。

国会議員では前原創価テロ組織に殺された石井鉱基議員とガセメール事件で小泉前原に嵌められたあげく統一か創価のテロ要員に殺された永田議員と野田ブタの仲間に殺された西岡参院議長しか、主権者国民に忠誠を示した国政政治家はいないね。

これが真実だよ。憲法を守らずご主人様主権者国民に忠誠をかけらも示さない下僕召使いなど全員馘首だね。ましてやご主人様の財産を盗む泥棒召使いはいちばん重い刑罰を科してやらねば万国共通の公序良俗公衆道徳に反することになる。

中曽根以後のすべての歴代総理大臣は全員泥棒召使い頭である。ご主人様主権者国民が憲法で屹度仕置き申しつける。

投稿: 通りがけ | 2013年7月18日 (木) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/52312943

この記事へのトラックバック一覧です: 第23回参院選挙に対するたすけあい党声明:

« 「平仮名いろは歌土器」考その3 | トップページ | れんだいこの生活党支援の論拠考 »