« れんだいこのイエズス会考その2 | トップページ | れんだいこの信長論その1、織田信長研究論 »

2013年10月29日 (火)

れんだいこのイエズス会考3

 「れんだいこのイエズス会考その1、2」を踏まえて、当時のネオシオニズム(以下、「バテレン」と記す)の日本政治への容喙ぶりを確認しておく。学説にはネオシオニズム論そのものがないので、ましてや「その容喙ぶりの検証」なぞあるべくもない。当時の信者数、宣教師数の推移等を比較論的に検証してみたいが、そういう資料がない又は公開されていないのでできない。そういう訳で、表に出ているキリシタン大名、武将のバテレンとの相関関係、それが綾なした王権闘争を炙り出してみる。

 一般にキリシタン大名としては大友宗麟、大村純忠、有馬晴信、結城忠正、高山右近、小西行長、黒田孝高(官兵衛)、蒲生氏郷、支倉常長、織田有楽斎、織田秀信、細川忠興、前田利家などが知られている。しかしそういう列記では何も見えてこない。王権闘争を見る観点がないからである。

 れんだいこが見るところ、松永久秀(1510年)、明智光秀(1528年)、織田信長(1534年)、荒木村重(1535年)、豊臣秀吉(1536年)、高山右近(1552年)もキリシタン大名として確認されるべきではないのか。ここでは紙数を増すので論拠については述べない。この六者がバテレン来襲以降の戦国期末王権闘争に直接的に関与している。

 このうち、織田信長と豊臣秀吉は「半」キリシタン大名であり、バテレンに操られながらも自前権力を創出し丁々発止したのは衆知の通りである。この六者が王権を得ようとして戦国期末の政権争奪戦を演じている故に重要な役割を果たしている。この動きを見ない戦国史論なぞあり得て良い訳がない。これを確認しておく。

 1565(永禄8)年、松永久秀が、三好三人衆と共に13代足利将軍・義輝を攻め滅ぼしている(永禄の変)。いわゆる「王殺し」である。日本史上、王家同士の「王殺し」は多々あるが、いわば平民側からの「王殺し」は恐らくこの時が初めてである。故にもっと注視されねばならない出来事であろう。こういう「王殺し」は、極論すればバテレン来襲と共に始まっていると見なせよう。

 1567(永禄10)年、久秀が東大寺大仏殿を焼いている。相手方の三好三人衆が東大寺に陣を敷いたとはいえ日本有数の仏閣財産が焼失せしめられている。この「在地宗教殺し」もバテレン来襲と共に「故意に」始まっていると見なせよう。「神社仏閣焼き」の例はそれまでにもなくはないが、日本系内部の抗争では極めて珍しい例であり、バテレン来襲と共にあちこちで始まったと窺う必要があろう。この時期までは、久秀がバテレンの後押しを得た王権候補筆頭だったと思われる。

 1569(永禄12)年、織田信長が足利義昭(義輝の弟)を擁立して上洛してくると久秀父子はいち早く降伏し信長の家臣となる。これには大和国取り物語で在地権力側の筒井順慶の奮闘が関係していた。この時点で、久秀が王権候補筆頭の座から抜け落ち、信長がその地位に就いたと思われる。

 1571(元亀2)年、織田信長が比叡山延暦寺を焼き討ちしている。この時も、日本有数の仏閣財産が焼失せしめられている。当然、これも久秀の東大寺大仏殿消却と同じ線の「在地宗教殺し」の類であると思えばよい。この頃までは、信長はバテレンと蜜月時代であった。これに堺の町方衆、茶の湯を通じての仲立ちが確認できる。千利休なぞも相当に臭い隠れキリシタンであることが間違いない。本稿ではこれ以上述べない。

 1576(天正4)年、織田信長が近江守護六角氏の居城観音寺城の支城のあった安土山に築城を開始する。この頃より信長は次第にバテレン勢力を警戒し始めバテレン離れの傾向を見せている。

 1577(天正5)年、久秀が、上杉謙信、毛利輝元、石山本願寺などの反信長勢力と呼応して大和信貴山城に立て籠もり反旗を翻す。10月、織田軍が信貴山城を包囲し、織田軍の総攻撃が始まると爆死した。享年68歳。久秀は、バテレンの教唆により、バテレン離れし始めた信長征討戦に挑み敗れた。捨て駒にされたと思えばよい。

 1578(天正6)年、織田家でも有数の重臣となっていた荒木村重が突如、信長に反旗を翻し有岡城(伊丹城)に立てこもる。これも、バテレンの教唆により始められた信長征討戦第二弾と思えばよい。村重旗下の高山右近が苦悩の末、織田方に寝返る。徹底抗戦一年後、村重がほぼ単身逃亡し一族が皆殺しにされている。村重の家臣を捨てての単騎逃亡なぞは日本系のものではない。殉死的美学を拒否しているバテレン系精神の為せるワザと窺う必要がある。

 1579(天正7)年、信長が完成した安土城の天守閣に移り住む。信長の絶頂期となる。この間、信長は、1569(永禄12)年、フロイスとの最初の二条城の建築現場での会見以来、記録に残るだけでも18回、他の宣教師を含めて14年間に31回以上会見している。信長はバテレン教の教義や科学知識に興味を持ち議論を好んだが帰依することはなかった。

 この頃、「切支丹来朝実記」によると、仏僧の前田徳善院玄以に、「自分は彼らの布教組織を破壊し、教会を打ち壊し宣教師を本国に返そうと思うがどうか」と諮問している。今まで宣教師との蜜月時代を振り返り、「我、一生の不覚なり」と漏らしている。この時点から、バテレンが信長に代わる王権候補を探し始めたと思えばよい。

 1582(天正10)年、信長が、明智光秀軍により本能寺の変で横死する。この事変をバテレンの差し金と読まない推理は何とも味気ない。これの論証は別稿に譲る。光秀の叛旗は信長征討戦第三弾であり、信長は三度目に打ち取られたことになる。この瞬間、光秀がバテレンの後押しを得た王権候補筆頭となった。

 但し、備中高松城の攻城戦を展開していた羽柴秀吉軍がすぐさま引き返し、山崎の合戦で光秀軍を打ち破った。これを光秀の三日天下と云う。この時、高山右近は光秀軍下にあったが呼びかけに応ぜず秀吉の幕下に駆けつけ、先陣を切り光秀軍一万五千に対して二千の兵で打ち破り武勲を上げている。こうして、秀吉が天下を取った。山崎の合戦での秀吉の勝利は、バテレンが光秀から秀吉に乗り換えざるを得なかったことを意味する。

 1587(天正15)年、秀吉もバテレンの後押しを得て王権に辿り着いていたが突如、「バテレン追放令」を発布する。1591(天正19)年、千利休が切腹を命ぜられ余儀なくされている。これをバテレン内通との絡みで捉えない千利休論は意味がない。以降の流れを記すこともできるが略す。バテレンは最後の望みとして高山右近に期待していたが、史実は徳川家康が王権を取るのは衆知の通りである。

 戦国史の一連の流れの中に、かく「ネオシオニズムの日本攻略」を見るのがれんだいこ史観である。その一部始終をフロイス「日本史」が事細かに記録している。興味深いことに、松永久秀、明智光秀、織田信長、荒木村重、豊臣秀吉、高山右近を特記している。この理由を素直に読み解けば、「王殺し」以降の「ネオシオニズム系政権誕生」までにかくも容喙していた故の記述と云うことになろう。単に戦史物語としではなく「バテレンの日本攻略史」の顛末を文書にしイエズス会にレポートしたものと窺うべきではなかろうか。

 この見立てを披歴したのは、既成の史書が戦国史に立ち現われている「ネオシオニズムの日本攻略」ぶりをほぼ完璧に封じ込め、差し障りのない記述に終始しているからである。しかしこうなると、一番肝要な観点を抜きにしての歴史考証、歴史記述となり、そういうものが面白くないのは当たり前だろう。気の抜けたビールを飲まされていると思えばよい。その点、れんだいこの歴史考は喉越しが良かろうふふふ。

 2006.1.28日、2013.10.29日再編集 れんだいこ拝

|

« れんだいこのイエズス会考その2 | トップページ | れんだいこの信長論その1、織田信長研究論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「日本政府憲法最高法規違反大逆不敬の罪」

>天皇陛下が『秘密保全法』を反対されている噂がでています。

日本国憲法第10章 最高法規第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

やすみししわが大君今上陛下は日本国の象徴としておわせられ、主権在民の日本国憲法を最高法規に遵って皇祖皇霊天御中主命に御奉誓給わり厳正に擁護なされ給わる。

この最高法規99条を遵守しているのは現在世界で今上陛下と阿久根市役所職員大河原宗平氏のただ二人きりである。

国民国体主権在民日本国憲法の守護神今上陛下におかせられては当然違憲立法である『秘密保全法』に御反対であられる。

すなわち67年前米本土米軍基地下士官室において不正な手段で調印締結した日米地位協定に隷従盲従する現日本政府は、国体国民と大菩薩天子今上陛下に対して二重の大逆不敬の罪を犯す憲法最高法規99条違反違憲内乱罪政府である。

投稿: 通りがけ | 2013年10月30日 (水) 05時42分

「日本政府憲法最高法規違反大逆不敬の罪」推敲しました

>天皇陛下が『秘密保全法』を反対されている噂がでています。

日本国憲法第10章 最高法規第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

やすみししわが大君今上陛下は日本国の象徴としておわせられ、主権在民の日本国憲法を最高法規に遵って皇祖皇霊天御中主命に御奉誓給わり厳正に擁護なされ給わる。

この最高法規99条を遵守しているのは現在世界で今上陛下と阿久根市役所職員大河原宗平氏のただ二人きりである。

国民国体主権在民日本国憲法の守護神今上陛下におかせられては当然違憲立法である『秘密保全法』に御反対であられる。

すなわち67年前米本土米軍基地下士官室において不正な手段で調印締結した日米地位協定に隷従盲従する現日本政府は、国体国民と大菩薩天子今上陛下に対して二重の大逆不敬の罪を犯す憲法最高法規99条違反内乱罪外患誘致罪違憲犯罪政府である。

投稿: 通りがけ | 2013年10月30日 (水) 05時47分

「NHKを憲法違反内乱罪で直ちに解体無期以上懲役」

選挙の不正は公選法違反という刑法犯罪です。選管公務員とNHK準公務員が不正という犯罪を行ったのなら必ず憲法99条違反内乱罪で断罪されます。情状酌量は一切無しの無期以上実刑の一本道です。

生活の党の落選国会議員も候補も憲法を知らないのなら国会議員資格を剥奪されます。憲法は義務教育修了社会人国民の常識です。

そして最高法規第99条により「天皇及び摂政、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」にとっては憲法を一言一句に至るまですべて記憶して決して憲法を破らぬよう行動しなければただちに内乱罪という罪名で裁かれ無期以上の懲役刑罰を受けます。これを免責されるのは日本国の象徴であらせられる天皇陛下だけであります。

摂政(総理大臣)、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は誰一人として秋霜烈日の刑法内乱罪で断罪されることを逃れることは出来ない。日本国刑法の追及を逃れるためには亡命するか現世の追及が届かないあの世へ逃げ込むしかない。これが公務員のノブレスオブリージェです。

準公務員も全く同じ憲法擁護義務を負い憲法99条の規定に縛られているのです。よってNHKの放送法は憲法違反の無効立法であり放送法の規定に従って権力執行すれば直ちに憲法違反内乱罪で断罪されます。NHKは憲法の命じるところに遵って直ちに解体決定です。

幸せの和FAXをご参照ください。
http://image53.bannch.com/bbs/787532/img/0262596974.pdf

投稿: 通りがけ | 2013年11月 1日 (金) 00時15分

「国会議員山本太郎よ甘ったれるな」

田中正造は一死を懸けて時の国体明治天皇に直訴をした。今日本の国体は主権者国民であって天皇ではなく、今上陛下は日本国の象徴であらせられる。直訴を受けて国民のために働かなければならないのはわがおおきみ今上陛下ではなく主権者国民の代表公僕特別行政公務員国会議員である山本太郎おまえ自身なのだ。

お前がみずから国会で田中正造のように大演説をして>>http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-6958.html
福島の作業員とこどもたちを放射能から守るよう国の行政を動かしてゆかねばならん。

今の政府内閣は憲法違反内閣である。国会で放射能から作業員とこどもを守る演説をして、いま憲法違反の棄民政策を乱発している安倍内閣を憲法70条総辞職させて衆参同時選挙と最高裁国民審査のやり直しをすることこそが主権者国民から国政を糺すよう命令付託された国会議員の最重要責務ノブレスオブリージェである。

すべての大権と基本的人権を奪われアメリカスパイ宮内庁に厳重監視軟禁されていながら日本国憲法を唯独りお守りくださっておられる至高の聖賢仁徳わがおおきみ今上陛下に、国会議員の権力を与えられながら甘ったれるんじゃない。

主権者国民の下僕公僕特別行政公務員国会議員山本太郎よ士道不覚悟である、わかったか!
最高法規憲法99条憲法遵守義務に従い、すべての摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は日本国憲法を前文を含めて全文暗誦せよ。

暗誦できぬ者はその職から直ちに解任される。日本国憲法を全文暗誦できぬままその職にとどまれば直ちに日本国のお上主権者国民が憲法99条違反内乱罪で逮捕投獄するからすべての国会議員と国務大臣と摂政総理大臣はしかとそう心得よ。

投稿: 通りがけ | 2013年11月 1日 (金) 17時02分

「山本太郎よ改心して直ちに安倍内閣総辞職国会動議せよ!」

田中正造は死を懸けて時の国体明治天皇に直訴をした。

今日本の国体は主権者国民であって天皇ではなく、今上陛下は日本国の象徴であらせられる。直訴を受けて国民のために働かなければならないのはわがおおきみ今上陛下ではなく主権者国民の代表公僕特別行政公務員国会議員である山本太郎自身なのだ。

お前がみずから国会で田中正造のように大演説をして>>http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-6958.html
福島の作業員とこどもたちを放射能から守るよう国の行政を動かしてゆかねばならん。

今の政府内閣は憲法違反内閣である。国会で放射能から作業員とこどもを守る演説をして、いま憲法違反の棄民政策を乱発している安倍内閣を憲法70条総辞職させて衆参同時選挙と最高裁国民審査のやり直しをすることこそが、主権者国民から国政を糺すよう命令付託された国会議員の最重要責務ノブレスオブリージェである。

すべての大権と基本的人権を奪われアメリカスパイ宮内庁に厳重監視軟禁されていながら日本国憲法を唯独りお守りくださっておられる至高の聖賢仁徳わがおおきみ今上陛下に、国会議員の権力を与えられながら甘ったれるんじゃない。

主権者国民の下僕公僕特別行政公務員国会議員山本太郎は、直ちに改心して安倍内閣憲法違反を国会動議せよ!

最高法規憲法99条憲法遵守義務に従い、すべての摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は日本国憲法を前文を含めて全文暗誦せよ。

暗誦できぬ者はその職から直ちに解任される。日本国憲法を全文暗誦できぬままその職にとどまれば、直ちに日本国のお上主権者国民が憲法99条違反内乱罪で逮捕投獄するから、すべての国会議員と国務大臣と摂政総理大臣はそう心得よ。

投稿: 通りがけ | 2013年11月 1日 (金) 19時30分

「憲法70条総理罷免内閣総辞職」

山本太郎は国会議員であり、参議院だから特別行政公務員として日本国憲法から強大な権力を与えられている。

日本国憲法において天皇は象徴であり、今上陛下は大日本帝国憲法で付与されていた大権のすべてを削除され 基本的人権まで制限されてアメリカGHQスパイ宮内省に軟禁状態にされて行住坐臥監視されている。
今上陛下が政治的行動をとろうとなられても日本国憲法99条に従う限りとれないのだ。

ゆえに被曝に苦しむ国民の直訴を受けて政治的行動しなければならないのは強大な国会議員政治権力を持つ 山本太郎のほうでなくてはならない。

憲法最高法規99条には「天皇および摂政、国務大臣、国会議員、 裁判官その他の公務員はこの憲法を擁護し遵守する義務がある」と定めている。今の日本国の中でこの憲法99条 最高法規を守って日本国国体主権者国民に対する義務を果たしているのは今上陛下と阿久根市市役所公務員 大河原宗平氏だけである。

その他の公務員も国会議員も霞ヶ関官僚公務員も裁判官も国務大臣も摂政総理大臣も 、誰一人として日本国憲法最高法規99条を守っていない違憲犯罪者たちである。彼らには刑法の内乱罪が適用される。 これは無期懲役以上の刑が科される。

日本国の国体主権者国民の下僕公僕特別行政公務員参議院議員山本太郎は、直ちに改悛して日本国憲法最高法規99条 の憲法擁護遵守義務を果たし、安倍憲法違反内閣憲法70条総理罷免内閣総辞職を即日国会動議せよ!

投稿: 通りがけ | 2013年11月 1日 (金) 22時19分

「親父の小言:テレビを捨てて書物を多く読め」

薩摩の自称黒豹而してその実体は白豚から天日焼きで黒焦げ豚(豚、すまん)になっちまったEヤマG3が青空文庫から明治天皇に命懸けで直訴した田中正造の国会演説を引用しているが、http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-6958.html
直訴は当時大逆不敬罪で死刑相当の大罪だった。そしてEヤマG3は山本太郎の「直訴」を褒め称えているが、山本太郎のお手紙は一夜漬けの思いつきで書いた文章に過ぎない。今上陛下に園遊会でじかに手渡ししても死刑などにならないし、3千年の天皇史上もっともお情け深いわがおおきみ菩薩天子今上陛下がほほえんでお優しくお受け取り給わることは猿でもわかりきっていたことだ。対して田中正造の直訴文は何十年も鉱毒を垂れ流し続ける明治政府を相手にずっと孤軍奮闘対決してきた満身創痍の歴史が刻み込まれたものであり、その上奏文の原稿を書いた人物は田中正造ではなく後に大逆事件で死刑執行された幸徳秋水である。幸徳秋水の下書きに直訴決行当日に田中正造が手を入れて書き直した直訴状を明治大帝の御馬車前で死に装束で捧げ奉ったのである。

EヤマGさん、読書が足りんぞ。テロビを捨ててもっと書物を多く読め、とご先祖様がゆうておられる。祖霊の声を聞きなさい。

投稿: 通りがけ | 2013年11月 3日 (日) 12時46分

「山本太郎参院議員は田中正造のように命懸けで国会議員の本分に尽くせ」

先に述べたとおり参院議員山本太郎のお手紙渡しはただの「直訴ごっこ」であり田中正造の決死の直訴とは月とすっぽんほどかけ離れたものであるゆえ、書物を読まぬものがやたらに引き合いに出すべきものではない。

山本太郎はおのれの「直訴ごっこ」を明治の偉大な大先達衆院議員田中正造に慙愧し真摯に改悛して、田中正造にならって国会議員の本分に命懸けで尽くして、直ちに国会で安倍違憲内閣を憲法70条で厳しく糾弾し、総理罷免解任および即日内閣総辞職を動議して可決せよ。

一千万といえどもわれ征かん。これこそが太古から未来にわたって世界に冠たる日本武士道大和魂である。

投稿: 通りがけ | 2013年11月 3日 (日) 12時47分

いかりや爆氏のところに「ワタン(ワタミじゃないけどそっくりw)」なる東大話法工作員が出現して山本太郎問題をますます煽っていますんで日本国憲法でぶちのめしておきましたw
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/96efcb70e71324c8248edf38082bc6ac
ちょっと推敲を加えて掲載w

「自衛隊法改正案が衆院を通過―山本太郎氏騒動の裏で」
http://kizuki99.com/yamamotoura.html
だからこそ国会議員山本太郎は憲法70条で安倍を国会でただちに罷免し偽内閣即日総辞職させよ。

「テレビを捨てて地位協定破棄しよう」

上記ページから引用
>有名人の騒動でマスコミが大騒ぎする時、秘密裏で物事が進む

だからこそユダ金電波洗脳装置テレビを捨ててNHKを滅ぼせばよい、そうすれば前記で総選挙やり直し後の国会でただちに地位協定破棄してロシアと安保条約を結び福一石棺桶化を迅速に達成できる。

安倍ニセ政権と奇形司法を倒すには憲法70条と幸せの和FAX大作戦とを併用すれば倒閣総選挙やり直し実現効果はさらに絶大。


「ワタン」の正体はアホ偽総理の手下w ということがよくわかるねw

二人とも日本人離れした頭の悪さが金太郎アメほどそっくりw

投稿: 通りがけ | 2013年11月 5日 (火) 14時20分

推敲して再投稿します

「山本太郎報道はユダ金自衛隊法違憲改悪の隠れ蓑有名人ショックドクトリンである」

-自衛隊法改正案が衆院を通過―山本太郎氏騒動の裏で」-
>>http://kizuki99.com/yamamotoura.html

安倍違憲ニセ政権倒閣して総選挙を公正にやり直し、が必要である。
だからこそ国会議員山本太郎は憲法70条で安倍を国会でただちに罷免し偽内閣即日総辞職させよ。

「テレビを捨てて地位協定破棄しよう」
上記ページから引用
>有名人の騒動でマスコミが大騒ぎする時、秘密裏で物事が進む

だからこそユダ金マスゴミ電波洗脳装置テレビを捨ててNHKを滅ぼせばよい、そうすれば前記で総選挙やり直し後の国会でただちに地位協定破棄してロシアと安保条約を結び福一石棺桶化を迅速に達成できる。
安倍違憲ニセ政権と奇形司法を倒すには憲法70条と日本国憲法最高法規付き「幸せの和」FAX大作戦とを併用すれば効果はさらに絶大で容易に倒閣総選挙やり直し実現する。

>いかりや爆氏のところに「ワタン(ワタミじゃないそっくりさんw)」なる東大話法ユダ金奇形司法工作員が出現して山本太郎問題をますます煽っていましたんで日本国憲法でぶちのめしておきましたw
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/96efcb70e71324c8248edf38082bc6ac

「ワタン」の正体はあべアホ低脳偽総理の手下兼親玉w ということがよくわかるねw
二人とも日本人離れした頭の悪さが金太郎アメほどそっくりで、これこそがすべてのユダ金工作員に共通した典型的特徴的資質である。

投稿: 通りがけ | 2013年11月 5日 (火) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/53764080

この記事へのトラックバック一覧です: れんだいこのイエズス会考3:

« れんだいこのイエズス会考その2 | トップページ | れんだいこの信長論その1、織田信長研究論 »