« 日共問題考その2 | トップページ | 疑わしきは被告人の利益に法理考 »

2014年3月30日 (日)

日共問題考その3

 久しぶりに日共問題に言及しているが、ここで「日共問題考その3」として「議事録抹消先鞭役としての日共批判」をしておく。これもいつか言いたかったことである。これを正確に云えば、議事録抹消の先鞭役が日共かどうかは分からない。但し、分からないのは、れんだいこだけではなく他の者も同じようなので仮に先鞭役としておく。先行事例があれば、これが確認でき次第に表記換えするつもりである。ここで云う「議事録」とは「国会質疑議事録」のことを云う。

 れんだいこが何を論拠としているのか、以下これを明らかにしておく。直接的には「1988.2.7日、衆院予算委員会での共産党の正森成二議員と浜田幸一委員長の遣り取りで勃発した宮顕犯罪の一つとしての小畑中央委員リンチ致死事件(通称「宮顕リンチ事件」)を廻る質疑議事録の抹消事件」のことを云う。事件の概要は「補足・浜田幸一元自民党代議士の貴重な事件分析」に記す。ここで確認すべきは、「国会質疑議事録の抹消」がこの時から始まり、これがその後に定向進化し、今では至るところで瀰漫しており、その元一日的意味があるということである。

 日共が国会を足がかりとする政治運動に着手して以来、数々の眉唾な動きが認められる。その最たる例が近現代政治家の中での傑出した逸材であった田中角栄を失脚せしめる為に相当な役割を果たしたことであろう。他にも戦後政治の善政機軸であった公共事業を敵視し遂に今日ある如くな惨状に追いやったことが挙げられる。箱物行政批判もその流れのものである。歴史観的には、戦前の第二次世界大戦に至るまでの歴史の流れをフリーメーソン史観で捉え、民主主義陣営対全体主義陣営の戦いであったなどと歪曲し、「国際ユダ屋の覇権との戦い」であったと云う面をおくびにも出さず、勝者側の「民主主義陣営」の戦勝国論理&論法を振り回し今日まで説教し続けている例も挙げられよう。

 大衆団体運動、例えば学生運動、原水禁運動、新日本文学運動、部落解放運動、日中友好協会その他その他に関わっては分裂させ、結果的に運動体的利益を毀損せしめ今日の惨状に追いやった主因をなしていることも挙げられよう。滑稽なことに、これらの党史、運動史を極力残さないよう指導し、それが証拠にホームページを見よ共通して出て来ない。仮に記せば噴飯もののご都合主義記述に偏っている。「国会質疑議事録の抹消」は、そういう変態運動の一コマを語るものでしかないが、その影響力が無視できないと云う意味で取り上げるに値する。

 「国会質疑議事録の抹消」が何故に弾劾されるべきか、それは自明である。常識的に見て、実際に審議された遣り取りは議事録に記録されるべきであり、抹消などが許されて良いわけがない。仮に問題発言がなされ悶着したとして、その結末までの一部始終をも議事録にすれば良いだけのことで、「抹消」と云うような「あったことをなかったことにする措置」は許されない。国政の最高権限を詠う国会の場での質疑なら厳重にそうあるべきである。

 それをかの時、いとも簡単に「議事録抹消」させ、その悪弊がその後の政治に影響し、先の民主党政権下では閣僚会議をはじめとする重要会議の議事録不存在にまで発展し、福島原発事故後の東電対応では「議事録黒塗り&抹消」のオンパレードへと繋がっている。こういう事態の始発をなしたのが「1988.2.7日の議事録抹消事件」である。この悪弊が常態化しているという意味で、日共責任が免れ難い。

 かの時、ハマコーは、審議を混乱に導いた責任に対しては陳謝するが、議事録抹消は政治信条に関わるからできないと突っぱねている。後日、「私の発言の議事録からの削除だけは絶対に認めるわけにはいかなかった」と述べている。そこへハマコーの親分格の金丸が登場し、1・質疑発言を取り消し議事録から抹消するか、2・予算委員長の辞任かのどちらかを選べと迫られることになった。ハマコーはその両方を拒否し、結果は、議事録抹消及び予算委員長辞任となった。以降、実質的にハマコーの政治生命が断たれ要職に就くことはなかった。その後、ラスベガス賭博散財事件、借金事件等で顰蹙を買うことになるが、これも何がしか仕掛けられた裏事情があった気がしないでもない。

 それはともかく、日共が国会を足がかりとする政治運動に着手したこと自体は良いとして、何か有益なことをしているのかと問うと見えてこない。逆の事象ばかりが目に付くことが奇妙過ぎる気がしてならない。党名が共産党だからして平素は弱者の側からの発言をするが、それは当たり前で特段に評価する必要はない。いざ鎌倉の時の日共対応が問題だ。どこから入手したのか分からない情報を元に国際ユダ屋が狙い撃ちする政敵を葬る為に暴れ馬的活躍をするところが奇妙である。れんだいこの今日的立論は、「国際ユダ屋に飼われた左からの突撃隊」的役割をしていると見なしている。この見当はあながち的外れでないと思っている。ここに闇がある。以上、本稿を「日共問題考その3」とする。

|

« 日共問題考その2 | トップページ | 疑わしきは被告人の利益に法理考 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

*After study a few of the blog posts on your website now, and I truly like your way of blogging. I bookmarked it to my bookmark website list and will be checking back soon. Pls check out my web site as well and let me know what you think.

投稿: Angelita Chau | 2014年4月19日 (土) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/55580901

この記事へのトラックバック一覧です: 日共問題考その3:

« 日共問題考その2 | トップページ | 疑わしきは被告人の利益に法理考 »