« 夜に昼に継ぐ戦後憲法制定作業考その1 | トップページ | 護憲論としての縄文社会主義論その3 »

2015年3月14日 (土)

護憲論としての縄文社会主義論その2

 「護憲論としての縄文社会主義論その1」で言及したように、日本史上の歴史的伝統的な正統革命家である角栄に対して、西欧思想被れ結社として自己形成しているに過ぎない当時の社会党、共産党が角栄討伐の先陣争いに向かった。それを誰が号令指揮したのか。こう問う者は少ないだろうが、れんだいこは疑惑し続けている。

 一例として次の事件を挙げておく。1983(昭和58).8.26日、ロッキード裁判で検察が角栄に対して懲役5年・5億円追徴、秘書の榎本に対して懲役1年の論告求刑した。その当夜のこと、マスコミは一斉に検察求刑を正義的に評した記事を載せ、総評、社会党、共産党も呼吸を合わせて「検察応援・論告支持・田中有罪」の御用ちょうちんを持って目白の田中邸を包囲した。

 ちょっと待て。平素取り締まられることはあっても取り締まる側に回ることなぞなかったであろうに、この時の総評、社会党、共産党はお上権力丸出しの「御用」と記したちょうちんを持って角栄糾弾闘争に向かっている。オカシくないだろうか。れんだいこにはその神経が分からない。これが分かる為には、この立ち位置が案外といざ鎌倉時の社共の裏の顔ではなかろうかと察すれば良い。

 ロッキード事件で戦後保守ハト派の総帥角栄を潰し、田中大平同盟に楔を打ちこんだことによって、中曽根に始まる戦後保守タカ派主流派時代を呼び水したの周知の通りである。それは丁度、60年安保闘争で、これを牽引したブントがタカ派の岸政権を打倒することによりハト派の池田政権を呼び水したのと対照的であった。当人たちの意識とは別に歴史に果たした役割を俯瞰する時、ブントが好評価されるべきで社共が悪評価されるべき理由がここにある。ここでは、そういう彼らの戦後憲法論を確認しておく。

 社会党、共産党は穏和的な左派運動を担っているところに役割がある。彼らの革命論は民主主義革命であり、社会主義革命派に対して厳しく対峙する役目を持っている。これが、党員レベルではいざ知らず党中央レベルが担っている裏の顔である。左派系党派の党中央がそういう風に飼われていると判ずる必要がある。素人がそういう党中央に身も心も預けるとろくなことにならないのでご注進しておく。

 その彼らの護憲運動論が興味深い。彼らはブルジョア憲法を何故に護るのかと問い、日本革命の当面が民主主義革命を要求している故にと説明する。この範疇で戦後民主主義論を唱え、これに護憲論を接合させると云う論理式の護憲論を唱えている。

 この理論は、戦後憲法の中にある社会主義性を認め、それを擁護称揚すべきであるところ、敢えてそう説かず民主主義革命の範疇で語り続けると云う意味で反動性がある。但し、回りくどかろうとも結果的に護憲論にシフトしており、このことが歴史的な正当性を獲得し、人民大衆的に支持されてきた要因であると思われる。

 こういう社共運動のエセ運動性に反発して登場して来た急進的社会主義革命呼号派の新左翼の運動はどうだったのだろうか。モーリス・メーテルリンク作の童話劇「幸せの青い鳥」になぞらえれば「幸せの赤い鳥」を求めて彷徨した挙句、結論から云えば度し難い運動に陥ってしまった。

 その間違いは、新左翼各派も又戦後憲法をブルジョア憲法と位置づけ、要するに戦後憲法の中にプレ社会主義性を見つけ損なったところにある。その上で社共との違いを際だたせようとしてか社共式護憲論に反発した戦後民主主義体制解体論を対置し悦に入った。こうなると、曲がりなりにも護憲に成功した社会党、共産党に比して、直接的な社会主義革命を唱えながら、プレ社会主義的要素を先取りしている戦後憲法を否定すると云う、とんだお笑いの空理空論の倒錯理論に陥ってしまったことになる。

 今でこそ戦後憲法に依拠する運動を創出しているが、それは救援活動等の経験から本能的に生み出しているのであって未だに理論的な裏づけを持っているように思えない。能天気に護憲論と解体論を持ち出す要領を得ない代物となっているのではなかろうか。彼らはブルジョア憲法であるとする戦後憲法を何故に擁護するのかと云う理論課題を未だに解明していない。一時はポツダムヤルタ体制打倒論を唱えて右翼の改憲論とハーモニーする時期さえあったほどである。

 れんだいこ史観から評すれば、社民やマルクス主義派の護憲理論がこのようなものであるので新旧左翼とも頼りにならない。こうなると気づくことがある。一番望まれている社会主義革命論を唱え且つ護憲と云う党派がなぜ出てこないのだろうか。肝要な党派がスポッと抜け落ちた形で左派運動が展開されていることになるが、これは偶然だろうか。

 彼らは過渡期論で間に合わせれば足りるのに徒に小難しく革命論を論(あげつら)う癖がある。我々はさほど意味のない革命論に耽らず、人民大衆の生活第一を掲げ且つ護憲派政党を期待している。こういう政党がなぜ登場しないのだろうか。仮に登場しようとすると、よってたかって袋叩きにされるのはなぜなのか。こういう時に決まって共産党がしゃかりきにいきり立つのはどういうことか。こういう疑問が生まれることになる。

|

« 夜に昼に継ぐ戦後憲法制定作業考その1 | トップページ | 護憲論としての縄文社会主義論その3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/59265466

この記事へのトラックバック一覧です: 護憲論としての縄文社会主義論その2:

« 夜に昼に継ぐ戦後憲法制定作業考その1 | トップページ | 護憲論としての縄文社会主義論その3 »