« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月 3日 (日)

護憲論としての縄文社会主義論その8

 そろそろ「護憲論としての縄文社会主義論」を煮詰めておく。本稿では、これまで縷々縄文社会主義論に言及してきたことを受け、「何で今、縄文社会主義論なのか」と設題し解答しておく。縄文社会主義社会の政体、生態についてより詳しくは「別章【出雲王朝神話考】」に只今進行中で書き付けつつあるので参照されたい。付言しておけば、世界から好評価されつつある日本のあれこれは、この頃に作られた日本のあれこれである。

 もとへ。「何で今、縄文社会主義論なのか」の解はこうなる。日本史上の記紀神話が意図的故意に及び腰な言及で済ませている大和朝廷以前の邪馬台国御代、更にそれに先立つ出雲王朝御代の政体を高く評価せよ。

 それは何も懐旧趣味によるのではなく、どうやら実際に善政を敷き、その善政を支える思想、精神、文化、習俗、伝統等を確立していたと知るべきで、それがエコロジー的に高度で今後の人類の未来社会を先取りしている風がある。故に、それを追慕し且つ現代版バージョンに焼き直せよと指針せしめることになる。

 こう聞いて嘲笑する者も居るだろうが笑う者が笑われる。日本上古代史の出雲王朝御代は世界に冠たる否人類史に冠たるお手本的な御代であり、この文明を探索することは大いに有益である。こう確認するところから縄文社会主義論が始まる。れんだいこらしい一言を添えておけばこうなる。訳の分からん日ユ同祖論で煙巻きする暇があるなら、縄文社会主義論に集約される日本文明源流論を学ぶべきである。同じ荒唐無稽譚に興じるなら日本文明源流論の方がはるかに傑作で有益であろう。

 この縄文社会主義論の現代的意味、意義は、この論こそが現代世界の閉塞をこじ開ける能力を持つからである。現代世界を席巻する国際ユダ屋の創造する社会が余りにもいびつなものであり、地球環境の絶対的危機にまで辿り着いてしまっているにも拘らず解決する能力がない。

 と云うか、危機であればあるほどその閉塞にますますのめり込む式の知恵しか持ち合わせていない。分かり易く云えば、原発事故が起れば起るほどますます原発にのめり込もうとする愚かさに似ている。彼らの頭脳は原基的に中毒性気質を帯びている。そういう類のものでしかない。

 それと余りにも対比的なのが日本式縄文社会主義論である。国際ユダ屋文明が錯乱しつつある今日のような折柄に於いては、いやましに脚光を浴びざるを得ない。縄文社会主義論こそが狂気性を深めつつある国際ユダ屋的支配に棹差し、反転させ、本来のあるべき社会を創造し得る。現代社会の危機を救う処方箋を提示できる。

 出雲王朝御代、邪馬台国御代へと辿り着く社会総体を仮に日本文明と命名すれば、日本文明の素晴らしさは人間と自然との共生叡智を確立しているところにある。自然の中に神を観ているので神人和楽となり自ずと共生志向する。人間と自然の関係が共生であれば人間と人間の関係もそうなる。社会、国家もこの共生原理を通底させることになる。ホツマ伝えを見よ、そのように指針させている。

 この点で、国際ユダ屋のそれは真っ向から対立している。彼らにあっては自然は人間に支配される物質に過ぎない。彼らは自然を支配する故に人間と人間の関係もそうなる。社会、国家もこの支配原理を通底させることになる。彼らの闘争論にはやるかやられるかしかなく、やるなら徹底的にやれ、中途半端が一番悪いと教える。故に日本式手打ち論を憎む。故に人と人との万年闘争論、階級闘争論、積極的平和主義と云う名での永久戦争論を振り回すことになる。タルムードを見よ、そう書いてある。

 最近のTPP騒動も、絵に描いたように国際ユダ屋の悪知恵商法である。日本文明は長期安定的平和的なシルクロード交易を好むが、国際ユダ屋は一攫千金的な収奪的なハゲタカ交易を求め続ける。科学と化学の関係もそうである。日本文明は科学>化学で科学を基調としているが、国際ユダ屋は化学>科学で殊のほか化学を好む。この化け学志向が彼らの原理であるように思われる。今やその化け学が原爆、原発に辿り着いており、同様な意味において経済的にも金融的にも詐欺的なことばかりしており、司法的にも政治的にも警察的にも軍事的にもその他何でもかんでもご都合主義的なインチキばかりしている。

 今や人類の救済はこうシグナルさせている。国際ユダ屋を支配の座から引き摺り下ろし再び歴史的に蟄居させねばならない。この連中に世上権力を与えてはならない。彼らをのさばらせれば碌なことにならない。こういうことが歴史的にはっきりしたのが現代である。

 ならば誰がそれを引き受けるのか。心配しなくて良い。既に新しい時代に相応しい動きが西欧圏、イスラム圏で始まっている。アジアでの中国、インド、南米その他の台頭もこれにリンクし始めるであろう。問題は我が日本である。一番遅れている。自公民政治とは、お笑い劇場内でトラックを手を振りながら逆走して拍手されている芸者型ピエロに過ぎない。世界は、あんなものは本当の日本ではないとみなして冷ややかに嘲笑している。それはさておき、日本が新時代の世界にリンクするには縄文社会主義論で伍すのが良い。縄文社会主義はこういう位置づけから生まれつつある。誰か共認せんか。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »