« 書評/井上和彦著「撃墜王は生きている」考その3 | トップページ | 中1少年少女殺人事件考その2 »

2015年9月20日 (日)

書評/井上和彦著「撃墜王は生きている」考その4

 2015.9月中旬、運命の導きによって知覧特攻会館を詣でることになった。そこで散華した兵士一人ずつの顔写真と遺書の手紙に目を通して来た。兵士一人一人に目礼するつもりだったが、最初のところから余りにも真摯几帳面な文字に接して滂沱の涙となり、適わなかった。三角兵舎では兵士が寝起きしていたであろう姿が伝わり、ここで別れの杯を交わしたのかと思うと又涙した。富屋旅館も確認し、鳥浜トメさんの写真も見、当時とその後の姿を確認した。

 台湾の鄭春河(皇民名/上杉重雄)氏の著「嗚呼大東亜戦争」を入手したことが予想外の収穫だった。読了してみて、れんだいこ史観と通じない面も多々あるが、戦前日本総括として異色貴重な論考となっている。れんだいこ史観に照らし戴けるところを整理し発表しておこうと思った。誰か一人でも目からウロコしてくれますように。

 編集責任者の飛永源之助さんの「台湾の鄭春河先生について」(1998年5月27日)の項末尾で次のように記している。「今次大東亜戦争において何百万の方々の尊い犠牲による今日の繁栄であります」。この観点を共有できない者はこの後を読んでもカエルのツラにションベンになろうから読む必要なきことをあらかじめ申し上げておく。

 鄭氏は、大東亜戦争論について次のように主張している。但し、米英国としているところを国際ユダ屋と書き換えることにする。

 概要「日清、日露から大東亜戦争に至るまでの戦争は日本の国防の安定を図る為の自衛戦争であり、十把ひとからげに侵略戦争として片付けられるものではない。当時においては海外発展であり雄飛であり日本の壮挙であった。満州事変、これに続く支那事変が泥沼化したのは、黒幕の国際ユダ屋が画策したからであった。連中が蒋介石軍に物資を送り込み続けた。日本が戦っている相手は蒋介石軍であったが実質的には日米戦争になっていた。国際ユダ屋シナリオの下で日本と蒋介石軍が踊らされていた。

 第二次世界大戦前夜、ヒットラー率いるドイツが電撃的に勝利し続け、『バスに乗り遅れるな』とばかりに日独が接近した。国際ユダ屋はABCD包囲網で日本の息の根を止める戦略に出た。日本に対する石油の全面禁輸は戦争誘発政策以外の何ものでもなかった。日本は勝ち目はないと承知していたが無為に屈服もできないジレンマに陥った。そこへ日本に過酷なハルノートが突きつけられ、『座して死を待つよりは死中に活を求める』最後の方策として戦争に打って出ることになった。この当時、誰が首相でも既に戦争を回避することはできなかった。東条大将が十字架を背負う悲劇の首相となった。結果的に敗戦で終戦したが、その評価は『歴史は百年経なければ正鵠を期し難い』」。

 鄭氏は、戦前日本が果たしたアジアの目覚めの役割について次のように主張している。「英帝国が終焉したのは英軍がアジア人の目の前で日本軍に惨敗したからである。これにより白人優位神話が崩れ植民地の独立戦争が始まった」。

 鄭氏は、東京裁判について次のように主張している。「国際ユダ屋は敗戦国日本に対し侵略謝罪を求めるが連中こそが本当の侵略者である。歪められた罪悪感を背負わされ、卑屈、頽廃に流れて行くことこそ国際ユダ屋の思う壺である。間違った歴史観を払拭し歴史を書き改めねばならない。東京裁判は、日本の戦争指導者を戦犯に仕立て上げ極刑に処したが、実定国際法上違法な裁判であり不当なものである。本来は再審が必要である。そもそも『戦犯』なる用語自体が臭い。日本の戦争指導者は『敗戦犯』ではあっても『戦犯』ではない。処刑されたA級戦犯は法務死であり靖国神社に英霊として祀られるべきである」。

 鄭氏は、戦後日本について次のように主張している。「戦後日本は、GHQの対日支配政策に基づき大改造された。あらゆる分野で日本の弱体化が企図されている。戦後憲法の相続の項での長子相続から均等相続への転換は日本式家族制度の解体であり、日本的共同体としての紐帯の基盤の破壊である。世論を工作し、祖国日本嫌悪、戦前日本の全てを悪視、日本古来の伝統文化や歴史排撃、国民道徳退廃、日本人の日本人たる所以の『大和心』喪失方向にリードした。『戦前日本の侵略行為に対する謝罪』を踏み絵とさせ、その象徴としての国旗、国歌を憎ませている。これにより日の丸を掲揚せず君が代を歌わないことになった」云々。

|

« 書評/井上和彦著「撃墜王は生きている」考その3 | トップページ | 中1少年少女殺人事件考その2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

I love reading a post that can make people think. Also, many thanks for permitting me to comment!

投稿: nike air max 40 euro lei | 2015年10月 7日 (水) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/61696256

この記事へのトラックバック一覧です: 書評/井上和彦著「撃墜王は生きている」考その4:

« 書評/井上和彦著「撃墜王は生きている」考その3 | トップページ | 中1少年少女殺人事件考その2 »