« 2016たすけあい党新年声明 | トップページ | 吉備太郎の西大寺会陽考 »

2016年1月27日 (水)

2016宜野湾市長選挙不正疑惑考

 2015.2.3日付け沖縄の選挙とムサシの関連まとめ」、2016.1.25日付け山本直人ブログ宜野湾市長選挙で報じられない単純な数字」その他を参照する。いずれも資料的情報を貰うのに役立った。判断はこちらで焼き直した。紳士的、上品、遠慮がちに云うのは性に合わないのでズケズケもの申すことにする。

 2016.1.24日、米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選結果は次の通り。自公派の佐喜真淳(現職、51歳)が27,668票。翁長知事派の志村恵一郎(元県幹部、61歳)が21,811票。前回は千票未満の僅差だったが今回は6千票の大差で佐喜現市長が再選された。当日有権者数は7万2526人。投票率は68・72%(前回63・90%)。

 この結果と数値をどう評すべきか。選管の厳正なチェックの下で算出されたもので不正はないと思うものは幸いである。この者は気分を悪くするだろうから以下読む必要はない。あらかじめ申し上げておく。この結果と数値に対して選管ムサシの稼動を見て取り、いつものイカガワシイ臭いを嗅ぐ者は不幸せである。同志よ共に確認せんか。

 ちなみに、 沖縄県の選挙でムサシを使用していない市は、那覇市、石垣市、豊見城市。使っている市は、最も早く宮古島市。2009年、南城市。2010年、浦添市。2011年、沖縄市。2012年、名護市、糸満市。2013年、宜野湾市。2014年、うるま市。ムサシマシーンの魔の手が次第に全域を覆いつつあることが分かる。

 興味深いことに、ムサシを使っていない前回の那覇市長選(2014.11.16日)では、反基地派の城間幹子が当選している。翁長雄志県知事は前那覇市長であり、那覇市長選と同日で沖縄県知事選を争い、3選を目指した仲井真らを破り当選している。ムサシを使わなければこうなり、使われるとほぼ絶対的に勝てなくなると心得るべきだろう。

 その昔は、新聞、テレビ両者とも、選挙毎に票の分析を熱心にしていた。面白いもので丁度ムサシマシーンが登場した頃より票分析がネグレクトされ始め、代わりに「政局分析」一色になっている。これにつき次のように指摘されている。「どうして票の分析をしないんだろうか。別にむずかしい解析の必要はない。足し算と引き算だけで見えてくるものはいろいろあるのだから、もう少し分析的な記事を見せてもらえれば報道の付加価値もあると思う」。この言は正論だろう。と云う訳で、私めがこたびの宜野湾市長選の票分析をしてみる。

 与党系の獲得票は2012年/22612、2016年/27668。5056票増である。野党系のそれは、2012年/21712、2016年/21811。99票増。有権者数は2012年/69926、2016年/72526。2600増。投票率は2012年/63,9%、2016年/68,7%。4,8%増。有権者数で2600票、投票率増で3400票が増加した。この票の行き先が野党系99票増、与党系5056票増だと。これではほぼ全部が与党系になだれ込んでいることになる。確率論的に云うと、こんな数字はあり得ないのではないのか。誰か、高名な数学者よ、あり得ることを説明してくれ。でないと、こちらの脳がヒートして寝れない。

 どの選挙区でも、人の投票行動はほぼ固まっており、与党票、野党票の移動は案外と小さいのが経験的に確認できる。ところが、宜野湾市の市長選では有権者増、投票率増のほぼ全員が与党系候補に投票したような結果になっている。これをどう説明すべきか。「これは、普天間基地の移転がさらに遅れて、現状が固定化されることへの危機感が高まったということだろう。票を見るだけで、そうした宜野湾の状況は十分に推察できる」と分析すべきだろうか。こういう類の推理は御用性が過ぎるのではないのか。選管ムサシのフル稼働を推理する方が素直なのではなかろうか。

|

« 2016たすけあい党新年声明 | トップページ | 吉備太郎の西大寺会陽考 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

義訓 ではなかったかと?
ツイッターの方ですが

投稿: | 2016年2月 6日 (土) 12時52分

「桜島噴火」

>18:56に噴火、18:59に危機管理対策センターが立ち上がるって、やたら早すぎませんか?
・・・
>まるで、判っていたかの様な素晴らしいアングルと見事な映像。
>しかも、2方向から。
>偶然にはなかなか出来ない業…。
・・・
>19:00のNHKニュースが始まった瞬間にニュース速報テロップ…タイミングいいですね。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201602/article_36.html#comment
________

これを見てもまだユダヤキリスト教フリーメーソン政教一致カルト悪魔王イスラエルの本拠地がイスラエルじゃなくて日本のNHKであることに気づかない人がいるのだろうかね(笑)

先祖代々親孝行で他人に親切な日本人一般庶民はもうとっくに気づいているよーん。特に若い人たちは、ね。親より進化しているから(笑)
nueq.exblog.jp/25236098/

投稿: 通りがけ | 2016年2月 7日 (日) 00時07分

大変に説得力のある指摘です。日本の未来のためにも世に周知すべき内容かと思います。

投稿: 柊 | 2016年2月 7日 (日) 02時36分

なるほど義訓ですか。今解説を少し読みましたが確かにそうですね。その義訓でばかり書かれた小説、文章を読みたいのです。確か昔に出くわしたはずなんですが。お願いばかりですみません。

投稿: れんだいこ | 2016年2月 8日 (月) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453913/63670577

この記事へのトラックバック一覧です: 2016宜野湾市長選挙不正疑惑考:

« 2016たすけあい党新年声明 | トップページ | 吉備太郎の西大寺会陽考 »